ブログトップ

デジカメ一眼レフ開眼への道

degiichi.exblog.jp

デジタルカメラ一眼レフの初心者と言いつつもう九年目に突入しました。多少の日々の成長と物欲ぶりに乞うご期待!

和光と言えば、湧水でしょう・・・

今日は娘の地理の宿題のため、和光市内の”湧水”を巡ってみた。
(ちょっとだけウンチク・・)
そもそも和光市は武蔵野台地2/3、荒川沿いの低地1/3に分類される。
そして、市内北部には荒川(新河岸川)の支流である越戸川と白子川によって台地が削られてところから湧水が出る。それらは標高約20mの位置する。つまり、標高20mにある粘土層と礫層の隙間に地下水が流れているのだが、それが川の氾濫等で削られたところから湧水が出てくると言う事。
だから、和光市各所の標高20mから湧水が出ているわけ。
人々は湧水を農作物の栽培、酒造り、そして生活用水などに使ったりする。
では、和光市の湧水をご覧あれ。。
<強清水>(こわしみず)越戸川に直接流れ込む湧水で「ここの湧水がそのまま清酒になった」という伝説がある。
c0187503_2054456.jpg

<水久保公園>実は住所的には朝霞市なのだ・・なかなかダイナミックですな・・
c0187503_20561288.jpg

<新倉ふれあいの森>我が家の近所。カワモズクが生息しているそうな。
c0187503_20581180.jpg

<坂下湧水公園>湧水なのか、水たまりなのか判らんょ・・・
c0187503_20591491.jpg

<漆台>ここはいいね!いまでも生活用水として利用されている。当然、水は流れっぱなしで、手を洗うと「超、気持ちいい!」(誰?)
c0187503_212048.jpg

<熊野神社>この湧水を利用した「日本最初の魚の養殖場」のあった!すごい。。
c0187503_2152144.jpg

<地福寺>地蔵池といい、ポンプで汲み上げた(?)水が勢いよく吹き出している。
c0187503_2174325.jpg

<富澤湧水>富澤さん家の湧水。ここもポリタンク持参で水汲みする人が多く居る。富澤さん、太っ腹よのぉ〜。
c0187503_2191752.jpg

そんな訳で、今日一日が終わる。。これから、娘とレポート作成だ!
[PR]
by naruto-hinata | 2012-08-11 21:11 | osampo写真 | Comments(0)