デジカメ一眼レフ開眼への道

degiichi.exblog.jp

デジタルカメラ一眼レフの初心者と言いつつもう九年目に突入しました。多少の日々の成長と物欲ぶりに乞うご期待!

ブログトップ

CONTAX T*レンズ、デビュー!

昨夜、マウントアダプターを全て(G、CY、N)揃えたので、本日から本稼働です。
まずは、LUMIX GX1に付けた”勇姿”。(LUMIX G2+DISTAGON 35mmで薄暗いマシンルームで撮影)
「私、Vario-Sonnar 28-80mmと申します。生まれは日本です。」
c0187503_20482723.jpg


c0187503_2048950.jpg

中途半端な標準ズーム(マクロ付き)と低評価なレンズですが、それでも”T*”ですから・・・
まずは、我が家ベランダのポーチュラカを。
c0187503_2050112.jpg

このレンズで「美しいボケ」は期待できないが、色は自然でなんかいい感じッス。
雨の合間を縫って畑周りの花たちを撮ってみた。
道端に咲くゆり(?)それなりに立体感あり。
c0187503_20521212.jpg

今もひまわり満開です。
c0187503_20531213.jpg

農園庭の花。虫に刺されながらも必死にピントを合わせる。。
c0187503_20535596.jpg

バッタにピント合わせたつもり。
c0187503_20552059.jpg

この時期に咲く花としては私的にNo.1なりの「ニラ」
この花を見ながら朝、出勤するのが好きです。
c0187503_20571939.jpg

「後ピン癖」だの「ボケない」だの巷で言われるレンズのようですが、私は気に入りましたよ。
20歳代の頃、CONTAX RTSを購入しましたが、レンズはヤシカでした。長年の「いつかはT*欲しい」という望みがかなった瞬間と言う事です。
ただ、ピンボケ写真が半分ぐらい発生します。。。それはレンズのせいではなく私の目のレンズのせいですが、、、

映画批評
<ヒューゴの不思議な発明>
久しぶりに映画らしい映画を観た感じ。ただマーチン・スコセッシとしては先輩をリスペクトする意味があったのでしょうが、観客はそれをどこまで汲み取る事ができるのか、ちょっと不安。
それにしても、最初のシーンから「おぉ!」と言わせる。しっかりと伏線も効いている。申し分が無いです。中盤、ヒューゴとクロエちゃん(役名忘れました。)の掛け合いはちょっともっさりしてたかな。
「人間、誰でも生まれてくるには意味がある。」「夢を忘れたら生きる意味が無い。」
しっかり、覚えておきましょう。
最後に一言。素晴らしい映画です。
追伸
邦題はちょっとなんとかして欲しかった。ヒューゴの発明って何?
評点:85点
[PR]
Commented by James at 2012-09-09 07:28 x
なかなかいい感じじゃないですか。ピンボケが多いのはMFだから仕方ないのでしょう。いくらでも撮れるってのがデジカメの良さですよ。フィルムだとお金かかってしょうがない。でも自分の合わせたいポイントにピントを合わせるって、カメラ本来の姿なんですよね。
Commented by TAAさんのスマートフォン at 2012-09-09 16:30 x
EVF付けないんですか? MFアシストって拡大モードになればかなりピントの山が押さえられますよ(^_^)☆
Commented by naruto-hinata at 2012-09-09 19:59
>Jamesさん
そうそう、デジタルだからピンボケ量産もOKとしましょう。
それにしてもマニュアル撮影はおもろいですね。
Commented by naruto-hinata at 2012-09-09 20:02
>TAAさん
EVFは買わないでしょうね、たぶん。
なんかモッタイナイ気がします。(変なところでケチる私・・・)
LUMIX系の本体は、右上のジョグダイヤルを押すと拡大モードになります。いまいち使い辛いですが・・・
by naruto-hinata | 2012-09-08 21:06 | 映画批評 | Comments(4)