デジカメ一眼レフ開眼への道

degiichi.exblog.jp

デジタルカメラ一眼レフの初心者と言いつつもう九年目に突入しました。多少の日々の成長と物欲ぶりに乞うご期待!

ブログトップ

あっという間に連休前半終了。

先週末からの帰省も終えて、和光に舞い戻ってきた。
結局、買い物をして食事を作って、一緒に食べてテレビを観る毎日だった。
カメラの出番も非常に少なく、これという作品もゼロなんだよね・・・
昨日、大きなクマバチの歓迎を受けながら散歩した公園にある”カリヨン時計台”でも撮っておこう。
左上にハチが飛んでるでしょ。
c0187503_2355353.jpg

両親の元を離れて随分時間が経つが、家を出て行くときにいつも妙な気分になる。この気分もあと何年味わえるのか?

<映画批評>
最強のふたり
この映画、実話を基に作られており、以前テレビで本人が出ていたのを観た。
彼らの話が結構話題になったようで、このとおり映画までできた次第。
お話は超大金持ちだけど、事故で首から上しか動かないおっさんと、チョイ悪のお兄ちゃんの友情物語だ。ストーリー展開にやや雑な所もあるし、伏線らしき箇所もややギコチナイ感じがする。
要するにそんなに上手い演出じゃないような・・・
でも、人種やお金や地位や色々なものを超越した友情は普遍と言うものでしょう。
悪くいえば、鉄板要素持ったズルい映画でしょう。
スゴーくないし、ダメダメでもない。ただそんな映画。
評点:70点
[PR]
Commented by TAAさん at 2013-05-01 20:11 x
>家を出て行くときにいつも妙な気分になる
実家へ行くときはめったに載らないクルマ。これが最近つらい。でも、帰るときバックミラーに映る親を見るとなんだかモヤモヤとした気分になるのであります。
Commented by naruto-hinata at 2013-05-01 20:31
>TAAさん
そうそう。。でも極力、子供の世話になりたくないという親の気持ちも解りますよ。困った困った。。。
by naruto-hinata | 2013-05-01 00:07 | 神戸帰省旅行 | Comments(2)