デジカメ一眼レフ開眼への道

degiichi.exblog.jp

デジタルカメラ一眼レフの初心者と言いつつもう九年目に突入しました。多少の日々の成長と物欲ぶりに乞うご期待!

ブログトップ

シモバシラのリベンジ・・・

先週のリベンジのつもりで再び赤塚植物園です。
まずはLumix G6で。
Lumix G6 + SIGMA 60mm f2.8 DN
c0187503_12233392.jpg

昨日雨も降ったし、今朝はかなり寒いし、、期待して来たけどやっぱり”小ぶりなシモバシラ”ばかり。
先週よりはマシですが、、、
上から見ると綿飴のよう。小さいけど、綺麗!
c0187503_1225818.jpg

別の花も”ついで”に撮っておこう。
c0187503_12272991.jpg

このレンズマクロ機能が付いてないので、あまり寄れない。ここまでが限界でしょう。
でもお気に入りのレンズ。

ことろで今日はテレビ局が生中継のため、スタンバっていた。
ココのところ年に数回テレビで取り上げられる有名スポットになっているらしい。全然知らなかったけど、、、

お次はSONY α6000で。
SONY α6000 + E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS
c0187503_1234469.jpg

大きい時はこれが30cmぐらいの大きさになる。それはそれは感動ものです。
c0187503_12354683.jpg

やはり、茎の状態が良くないのでしょう。昨年に期待しましょう。
帰りは乗蓮寺で絵馬をながめてホッコリしましょう。
c0187503_123724100.jpg


<映画批評>
かぐや姫の物語
今、米国のアカデミー賞にもノミネートされている作品。
今までのというか、最近のアニメに目が慣れた人のこの映画の印象は賛否あるようだけど、私は大正解な”絵”だと思いますよ。昔懐かしい”パラパラ漫画”みたい。
ただ、映画としてはどうだか、、判断が難しい。
ストーリーは誰でも知っているし、サプライズも無い。問題は”竹取物語”自体の解釈をこの監督さんがどうしたいのかでしょう。
結果、、、まさに「あぁぁ、無常」かな。
何の苦しみも感情そのものもない”月”から罰を受けるために地上に来たかぐや姫。
色々な悲しいことを受け止める罰はあるるもののその汚れた地上を愛するお姫様。
帝に言い寄られるまでは。。。
儚い結末だけど、人は皆、それを受け止めるだけ。
この映画は、観る人のその時に精神状態で判断が大きく変わるでしょう。
今、”のんびりムード”の私は、ホ~!・・・でしたね。
全く別の機会にもう一度観たい映画です。
評点:現時点では、71点
[PR]
by naruto-hinata | 2015-01-18 12:49 | osampo写真 | Comments(0)