デジカメ一眼レフ開眼への道

degiichi.exblog.jp

デジタルカメラ一眼レフの初心者と言いつつもう九年目に突入しました。多少の日々の成長と物欲ぶりに乞うご期待!

ブログトップ

ちなみに今日は一人で散歩です。

長女はピアノレッスン。
父ちゃんはカメラレッスン・・てな訳ではなく、ただの散歩です。
今日は赤塚の梅まつりだったので車で行ってみると、人でいっぱい。駐車場待!
これはイカン。ということで畑に行って、買い物して・・・久しぶりに古民家園に寄ってみた。
Lumix G6 + G Vario 20mm f1.7
c0187503_17242592.jpg

親子連れとオッサン一人という寂しい状況だが、まったりとした時間は過ごせましたぞ。
ソフトに撮ってみた。
c0187503_1726918.jpg

ウロウロしてると係のおじさんが寄ってきて、丁寧に説明していれた。
「地域や天候によって異なるが、かやぶき屋根は7,80年耐つ」との事だったが、裏に回ると屋根はこんな感じだった。
Lumix G6 + SIGMA 60mm f2.8 DN
c0187503_17294224.jpg

やはり日が当たらないと苔が生えてかやの間に敷いた杉の皮も痛むのだそうだ。補修必要でしょう・・・
家の中の囲炉裏にある自在鉤(じざいかぎ)は以前この近所に住んでいた人が鹿児島に引っ越してから孟宗竹で作ったものを送ってくれたそうな。立派だのぉ・・・
c0187503_17325621.jpg


しかし、梅の季節にこんな写真しか撮れないか・・・

<映画批評>
プロミス・ランド
マット・デーモン主演、プロジュースの作品。
正に”小品”ですな。
田舎町に天然ガスが出るということで土地買収に奔走するガス会社社員のマット君だが、地元や自然保護団体との衝突をあまり盛り上がりもないまま描いた作品。
最後は”自然”に目覚めてしまうマット君だが、恋人(将来的に・・)との関係が微妙な感じがひっかかる。
マット・デーモンはアクションものも多く出演しているけど、ホントはこんな作品が好きなんだろうな。。と思ってしまう。
しかし、せっかく二時間近い時間を費やして観る映画なのだから、もう少しは演出が欲しかったかも。
評点67点
[PR]
by naruto-hinata | 2015-03-14 17:47 | osampo写真 | Comments(0)