デジカメ一眼レフ開眼への道

degiichi.exblog.jp

デジタルカメラ一眼レフの初心者と言いつつもう九年目に突入しました。多少の日々の成長と物欲ぶりに乞うご期待!

ブログトップ

結局、和光市から出ず。。

朝から、掃除、洗濯(干すだけ)、畑仕事と精力的に動いたところまでは良かったが、10時半ぐらいから猛烈に眠たくなって、、、13時まで寝た。
その後は、樹林公園を散歩したのみかな。今のところ。
公園風景はイマイチだったので、タンポポのみということで。。
SONY α6000 + E 50mm F1.8 OSS
c0187503_1794123.jpg

散歩は気持ちいいが、カメラの出番が、、

まぁ、家で熟睡中のコロでも撮っておきましょう。
OLYMPUS OM-D E-M10 + VARIO G 20mm f1.7
c0187503_1711515.jpg


<映画批評>
リンダ・リンダ・リンダ
毎度お世話になっているインターネット無料配信で観た。2005年の作品だそうな。。
よかった!意外と
高校の学園祭3日前から、最終日までの数日間を描いている映画。
軽音のガールズバンドの話なんだけど、日本映画にありがちなオーバーな演出や無駄なセリフがほぼ無いのが特徴の映画。
主役級の二人(ペ・ドゥナ、香椎 由宇)がいい。
ペ・ドゥナは韓国の”グエムル-漢江の怪物-”でここ一番で弱いアーチェリー選手役だった人。今はハリウッドにも進出しているらしい。香椎 由宇は仮面ライダーの奥さんですな。
仲間同士のケンカと怪我でバラバラになったバンドに韓国から留学中の女の子が突然ボーカルにスカウトされる。急ごしらえのメンバー構成で数日間徹夜で練習。最終日の本番の日、トラブルで時間通りに学校にたどり着かないメンバーたちの穴埋めで色々な仲間が時間稼ぎをする。それも一切セリフはなしで、余計な説明もない。ただ、みんながこのバンドを”待っている”ということを演技で示しているところに好感が持てる。
山下 敦弘という監督は全然知らなかったが、今度その他の作品を観てみよう。(無料配信で・・)
評点:75点
[PR]
by naruto-hinata | 2015-05-02 17:32 | osampo写真 | Comments(0)