デジカメ一眼レフ開眼への道

degiichi.exblog.jp

デジタルカメラ一眼レフの初心者と言いつつもう九年目に突入しました。多少の日々の成長と物欲ぶりに乞うご期待!

ブログトップ

久しぶりの川越

次女が大学模試で不在。(この大型連休は体育祭の準備と勉強で一日も休みはないそうだ。。)
その他、出不精の家族を残して、父ちゃんは久しぶりの川越だ。
今日のメインイベントはコレだ!
Olympus OM-D E-M10 + VARIO G 20mm f1.7
c0187503_21594655.jpg

以前から気になっていたので、川越美術館に行ってみた。
木村伊兵衛、土門拳、何故か大好きな林忠彦等など、著名な写真家たちが撮った「昭和のこども」の写真展だ。
私が生まれたコロの作品が多いのも気になった理由かもしれない。
戦争の悲惨(悲壮)な写真も無いわけではないが、概ね「どっこい。生きてるよ!」的な作品が多いところが良かった。この美術館は常設の展示と今回のような特別展示は別料金なのだが、たまの贅沢ということで、美術館の常設、特別展示、お隣の博物館、道を挟んだところにある川越城本丸御殿等などのセットチケットを買ったので、グルグルと市内を回った。
ちなみに゜大変便利だと思ったバスの一日乗車券は、お祭りで大混雑のためバスがスムーズに動かず、”宝の持ち腐れ状態”だった。
Olympus OM-D E-M10 + VARIO G 20mm f1.7
c0187503_2295938.jpg


それにしても蔵の街界隈は、えらい人出だ。喜多院はパスして正解だったかも。
Lumix G6 + G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6
c0187503_22161270.jpg

こりゃイカン。ということで、いつもの”猫屋敷”(無料の休憩所)に足が向かう。
Olympus OM-D E-M10 + VARIO G 20mm f1.7
c0187503_22172573.jpg

屋敷のご主人さんに聞くと、以前は24,5匹居た猫も、今は10数匹だとか・・・さびしいのぉ。

通りのアチコチで獅子舞いやヒョットコ、オカメ、、、がお囃子に合わせて踊っている。
Olympus OM-D E-M10 + SIGMA 60mm f2.8 dn
c0187503_22214658.jpg

Lumix G6 + G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6
c0187503_2223234.jpg

この時期限定の鯉のぼりも健在だった。
Olympus OM-D E-M10 + SIGMA 60mm f2.8 dn
c0187503_22253256.jpg

最後に行った蓮馨寺境内では、着物のファッションショーやベリーダンス等などの催し物が目白押しだったようだか、、、すでに終わっていたようだ。
花まつりだけ見学。
Olympus OM-D E-M10 + VARIO G 20mm f1.7
c0187503_22303779.jpg

それにしてもガラに合わず人混みに身をおいてしまったので、疲れた。。
来年は受験を終えた娘たちと訪れたいものだ。。

<映画批評>
西遊記 はじまりのはじまり
大好きなチャウ・シンチー監督作品。
少林サッカー、カンフーハッスル、ミラクル7号と次々快作を連発してきたが、正直、今回はちょっと外したかな・・?という感じ。(あくまでも個人的な見解ですよ。)
孫悟空の極悪非道な振る舞い(若き三蔵法師の頭の毛をむしり取って坊主にするところは圧巻)、猪八戒や沙悟浄のキモさなど受ける場面は数々あるし。”愛”について語るいつものパターンも健在。
最後、弟子となった妖怪三匹と三蔵が天竺に向かう場面で”Gメン 75”のテーマソングが使われているところは笑ってしまいますし・・・
でもなんか乗りきれなかった。少しインターバルをおいてもう一度観てみるか。。
ところで、続編あるよね?
評点:66点
[PR]
Commented by fxtmk675 at 2015-05-17 04:12
川越の写真を拝見して、また行ってみたくなりました。町並みが昔を思い出して懐かしく良いですね~

著名な写真家の常設館へも!
by naruto-hinata | 2015-05-03 22:47 | osampo写真 | Comments(1)