デジカメ一眼レフ開眼への道

degiichi.exblog.jp

デジタルカメラ一眼レフの初心者と言いつつもう九年目に突入しました。多少の日々の成長と物欲ぶりに乞うご期待!

ブログトップ

もうすぐ梅雨ですが、気持ちいい日でした。

朝からマンションの「お掃除の日」。
出席者はあまり多くなかったけど、やることはやらねば・・・

畑の方はと言えば、ジャガイモの収穫を先週から開始しているが、今年はイモが小さい!!
なぜ?今年は2月下旬には種芋を埋めたのに・・・
ただ、病気のイモは無さそうなので、よしとしましょう。

これからサイマイモ、黒皮南瓜、ナス、スイカ・・・盛りだくさんだ。(実がなればだが、、)

午後は植物園、乗蓮寺、美術館の”黄金コース”の予定だったが、駐車場が満車で美術館は断念。
植物園は団体さんが来ており、早々に退散です。
Lumix G6 + LUMIX G VARIO 100-300mm F4.0-5.6
c0187503_21193445.jpg


乗蓮寺では、誰かさんの法要があったようだ。
Olympus OM-D E-M10 + SIGMA 60mm F2.8 DN
c0187503_2122788.jpg


c0187503_21222777.jpg


c0187503_21224425.jpg


どこもかしこも”緑”なのが、いいじゃないか。
梅雨直前なれど、気分最高!

<映画批評>
バルフィ”人生に唄えば”
インド映画ですな。コレ
だから上映時間は3時間を覚悟したけど、2時間半でちょっと安心する。。
インド映画には美人がたくさん出てくるが、この映画の主役二人はものすごい美人だ。
その内の一人は世界No1なんだと・・
ハリウッドはもちろん、ヨーロッパ、当然日本映画なんか・・・コレ以上は言うのはやめておこう。
しかもただ綺麗だけじゃない。芸達者だ!!
この映画の主役は聾唖者(男)と自閉症(No1美女)という設定でちょっと辛い。
主役がしゃべることができない⇒無声映画的な演出の嵐だ。つまり、現代版のチャップリン、キートン映画ということ。
特にチャップリンへのオマージュが随所にあり、なかなか見応えはあった。
そして、韓国映画の「七番房の奇跡」のような”泣かせたるぞ!”という力みのなかったのが良かった。
ただね。。このテの映画は良くて当たり前だと思うから、高い点数あげならないと考えてしまう、私。
かなりのひねくれ者だから。。。
でもいい映画ですよ。
評点:70点
[PR]
Commented by fxtmk675 at 2015-06-09 17:57
乗蓮寺さんの石仏、じっと眺めていたいです。

京都で、秋篠寺へは、軽を運転してよく行きました。
じっと座って伎芸天、薬師如来、を眺めて癒されたものでした。
Commented by fxtmk675 at 2015-06-09 18:04
夏場は蚊にご用心!ですね~
何故か、すぐ寄ってくるのです。
わたしのところに・・・^^;
Commented by naruto-hinata at 2015-06-09 21:33
> fxtmk675さん
こんばんわ。
私も蚊には好かれますよ。
O型ですから・・・
学生時代友達と貧乏旅行した際に両足にそれぞれ100箇所以上刺されて腫れ上がってしまった経験を持っております。
by naruto-hinata | 2015-06-07 21:23 | osampo写真 | Comments(3)