デジカメ一眼レフ開眼への道

degiichi.exblog.jp

デジタルカメラ一眼レフの初心者と言いつつもう九年目に突入しました。多少の日々の成長と物欲ぶりに乞うご期待!

ブログトップ

wifi環境を変えてみた

2年使った〇フト〇ンクのwifiから〇QなんとかのSPEED wifiに変えてみた。
価格ほぼ同じだし、ギガ放題!に惹かれて契約。
ギガ放題は”カンバンに偽りあり”と怒っている人もいるようで、どこまでもつなぎ放題は無理なようだ。
あまり気にしてないが。。。
色は新色の「赤」で有線LANのクチもついたクレードル付き
c0187503_18222737.jpg

*小さく”5G”と表示されている。(自分で設定したのだが、、)いかにも早そうな気がする。
さて、実測はこんなもの・・・
c0187503_1825051.jpg

ある程度早いといえば早いが5Gモードでこれじゃね・・・
実際何度かスピードテストをやっての最速が20数Mだった。
これって使っている環境の田舎の証明か??
これから地道に使ってゆこう。

<映画批評>
インサイド・ヘッド
先週土曜日公開のピクサーの新作だ。
つまり、珍しく映画館に行ったということ。
つまり、それだけ期待している作品ということ。
まず、キャッチ広告の「なぜ、カナシミは必要なの…?」の惹かれてしまった。
最近は「脳内ポイズンベリー」をパクったのでは・・・という疑惑でも話題。
でも私にはどうでもいいこと。
まずは映画を楽しみましょう。

映画館は大人同士で観に来ている人たちもそこそこ多かったが、やはりディズニーということで子供連れ、しかもかなり小さな子供を連れた親子も多かった。
ただ、この映画、小さな子供にはどう見えたのだろう・・・たぶん”難解””退屈”"面白くない"・・
はっきり言ってこの映画は大人映画(少なくとも中学生以上)でしょう。それを事前に伝えるべきでは。
テーマは正に「カナシミが人生には必要」ということ。
ただただ、元気いいヨロコビちゃんだけでは、人生渡ってゆけないよね。
その証拠にお父さんやお母さんの脳内の感情たちのそれぞれの立ち位置が違っていた。
お話の内容は面白かったが、映画としての構成が気になった。
主人公と脳内の5つの感情たちが絡み合う部分をもっと巧妙にすればものすごい映画になっていたような気がする。(言うは易し・・)
もう一度DVDで観てみよう。そうすれば自分なりの答えが解るかも。
評点:72点(暫定)
[PR]
by naruto-hinata | 2015-07-20 19:13 | ダラダラ写真 | Comments(0)