デジカメ一眼レフ開眼への道

degiichi.exblog.jp

デジタルカメラ一眼レフの初心者と言いつつもう九年目に突入しました。多少の日々の成長と物欲ぶりに乞うご期待!

ブログトップ

連休の美術鑑賞もいいものだ。

連休の中日、畑の土はまだ水を吸い込んでいるので、そのまま乾くまで放置。
ホームセンターに残り物のジャガイモの種イモを探しに行くも”不発”!
今年は、秋植えのジャガイモは諦めよう!!
午前中のプレミアムなお買い物を終え、ふっと思い立って板橋の美術館を訪ねた。
今日のイベントは「まぁ!オモシロ江戸屏風」
館蔵品の展示なので、写真撮影OKなのだ。しかも無料!!
狩野探幽作「風神雷神図屏風」
SONY α6000 + Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8
c0187503_195055100.jpg

14時過ぎに行くと、ちょうど学芸員さんが作品の解説をするギャラリートークが始まっており、私もそっと参加することにした。
一言に屏風と言っても、いろいろあるものだ。。
これなんかは「なんでこの絵が屏風になるの??」てな感じだ。
c0187503_19533943.jpg

司馬江漢の作品で、どうも当時の洋書の挿絵を模写したものだそうだ。不思議。

これは、宮尾登美子さんの「天璋院篤姫」という本の表紙に使われた絵なんだとさ。
酒井道一作「桐菊流水図屏風」
実物は群を抜いて艶やかで綺麗!
c0187503_19573372.jpg


これも有名らしい・・・河鍋暁斎作「龍虎図屏風」
c0187503_19593058.jpg


最後は柴田是真作「貝尽図屏風」。
題名通り、貝でいっぱいな作品。漆を使って描かれた独特の技法だそうな。
c0187503_2041938.jpg

車で10分のところにこんないい所がある我が家も悪くないでしょう。

帰りは、これまた久しぶりの赤塚植物園。
SONY α6000 + E 50mm F1.8 OSS
c0187503_206258.jpg


c0187503_2075449.jpg

まさにホッコリとした日曜日だった。

<映画批評>
カラスの親指
道尾秀介作品の初映画化作品。動画無料サイトで観た。
序盤、中盤までは適度な緊張感と少しだけ笑える部分があり、なかなか面白かった。
能年玲奈は”意外”と良かった。再発見。事務所ももっと使ってあげなさいよ!彼女を。
でも最後20分はホントに必要だったのか??
そもそも劇中で、「これはこうだったんだよ!」という説明が始まるとダメでしょう!金田一じゃあるまいし・・
観ている人に、あぁぁ、あそこが伏線だったのか。なるほど。と感じてもらえるのが映画でしょう。
この監督さん、山田洋二の弟子だったらしいが、そんなことも教えてもらってないの?
それともTVを見慣れた人たちを対象にした堤氏みたいな映画を作りたかったの?
途中までは、70点超えの勢いのあった作品が、最後でこけて、、、
評点:62点
全く、残念な作品だ。
ついでに石原さとみという女優さん、正直申し上げて役に恵まれてません。。かわいそうでした。
[PR]
by naruto-hinata | 2015-09-20 20:21 | osampo写真 | Comments(0)