デジカメ一眼レフ開眼への道

degiichi.exblog.jp

デジタルカメラ一眼レフの初心者と言いつつもう九年目に突入しました。多少の日々の成長と物欲ぶりに乞うご期待!

ブログトップ

陶器市なんかに行ってきました。

和光市で開催中の”全国大陶器市”に行ってきました。
成果?買ってませんよ。何も・・・
でも見るだけでも楽しいものです。
Lumix G6 + G Vario 20mm f1.7
c0187503_1615881.jpg

ここ樹林公園は、名前の通り、樹林ばかりで花があまりないけど、散歩とジョギングにはモッテコイな公園。
(ジョギングはしない主義)
これも名前通り”陶器”が主の市だけど、鞄なんかもあってブラブラとウィンドウショッピングを楽しむわけです。
c0187503_1617374.jpg

"全国"という通り、沖縄まであった。
Olympus OM-D E-M10 + SIGMA 60mm f2.8 DN
c0187503_16195639.jpg

まぁ、我が家の主力な食器は割れないコレールと100円ショップのものだからねぇ~。
お店の皆さん、ごめんなさい!

ところで気候としては秋は深まっているのか・・今日は暑くて、地肌にシャツ1枚を羽織って散歩したけど、それでも暑かったな。
でも、こんな葉っぱを見ると・・・
c0187503_1624544.jpg


明日は、町内のフリマでポップコーン屋になる予定なので、我が家代表としてがんばろう!!

<映画批評>
はじまりのうた
TSUTAYAさんの一押し作品は先日観た”セッション”のようだが、この映画もよくPRをしている。
内容としては、売れっ子になった恋人と別れたお姉さんが昔、敏腕だったレコードプロモーターに見いだされて頑張るお話。
ぜんぜん悪くないですよ。確かに評判通り爽やかに作品といっていいでしょう。
それだけに”毒”の無さが持つ足りなかった。
それと主演のお姉さん(キーラ・ナイトレイ)の笑顔がちょっと怖かった。
最後はCDデビューよりインターネット配信ビジネス(?)を選ぶところなんかは時代なんですなぁ・・・
評点:70点

女神は二度微笑む
いや~。まさに”インド映画に外れくじ無し!”ですよ。
インド映画としては珍しいサスペンスもので、すでにハリウッドでのリメイクも決まっているそうな。
こんな映画を観ていると、日本映画・・・恥ずかしい!って感じです。
導入部分からの緊迫感、たるみの無いストーリーの展開、俳優陣の演技力、、、そして最後のどんでん返し!
確かに、最初は出てくる人が皆、濃~い顔なので、多少の違和感はあるが、そんなのはすぐに忘れるでしょう。
インド映画=歌って、踊ります・・はもう古い!
唯一、犯人(グループ)の動機が最後までハッキリしなかったが、これってインドの人たちには理解できる部分なのか??
インド人じゃない私には解らないょ。
でも絶対観るべき映画でしょう。
評点:80点
[PR]
Commented by fxtmk675 at 2015-10-28 03:36
陶器市、和光市はやりますね~近かったら散歩がてら覗きたくなります。
買わないと思いますが、楽しそう!
20代の頃に愛知県瀬戸市で毎年開かれた陶器市に、一度だけ夫と出かけたことがあって以来 全く・・・(^<^)
Commented by naruto-hinata at 2015-10-28 18:33
> fxtmk675さん
前述の通り、我が家は100円ショップの食器で満足なので・・・
でもこの次の日に、近所でフリーマーケットを開催しましたが、そこには一個20円の食器も並び、かなり心を動かされましたよ。
by naruto-hinata | 2015-10-24 16:42 | osampo写真 | Comments(2)