デジカメ一眼レフ開眼への道

degiichi.exblog.jp

デジタルカメラ一眼レフの初心者と言いつつもう九年目に突入しました。多少の日々の成長と物欲ぶりに乞うご期待!

ブログトップ

今年最後の帰省と2015年映画批評の振り返り

昨日まで神戸の実家に長女と帰ってました。
もう行くこともないかも知れない『フルーツフラワーパーク』に、じいさん、ばあさんを連れて行ってきた。
なぜもう行かないかというと・・・
  ↓
http://www.city.kobe.lg.jp/business/promotion/industry/ffp_jigyo.html
つまり赤字の垂れ流しで、神戸市としては決断するしかないということです。
今や入場料は無料、500円/1日の駐車場も中で買い物すると無料。やけくそか・・
ただ、夜になるとイルミネーションが派手でそこそこ人も来るようだ。

クリスマス過ぎてます。。悲しいかも
Sony α6000 + E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS
c0187503_1518519.jpg

遊園地だってあるのに・・・
c0187503_15201575.jpg

我々が居る間に入園していた人は、100人未満でしょう。
ばあさんのリクエストで、写真をいっぱい撮ったので、娘がフォトブックにするそうだ。楽しみ。
c0187503_15221690.jpg

来年も埼玉-神戸の往復は続くのです。。

そして
映画批評、2015年の振り返りです。
2015年は全部で64本観ました。
今年は”大外れ!”が少なかった分、”大当たり!!”も少なかった気がする。
ということで、恒例のベスト5です。
(DVD派(?)のため、毎度のとおり公開年とタイミングは同期してませんので、あしからず、、)

ベスト1.ゴーンガール・・・感動ものではないし、サスペンス&コメディという不思議な映画だったが、
       なにより映画作りの緻密さに軍配。
       自由奔放(?)な妻に振り回されてオロオロする旦那さんはどこでもいるが、奥さんが最後に宣う
       セリフにノックアウト状態なのです。

    2.女神は二度微笑む・・・インド初のサスペンス映画。
       いままで何本か観たインド映画で”ハズレ”は無し!本当に質の高い映画作りに感心します。
       「ドラゴン・タトゥーの女」の監督さんによるリメイクも決定。悲しい物語だが、女性の強さも十分に
       アピールしている作品。

    3.チャッピー・・・当たりはずれの大きな監督さんだが、今回は大当たり!かな。
       ヤクザ夫婦に育ちられるロボット君が可愛くもあり、哀れでもある。次回作も期待しますよ、
       ブロムカンプさん。

    4.6才のボクが大人になるまで・・・同じ俳優陣で12年間撮り続けた作品。
       それだけで感嘆するのだが、その間の女優さんの”劣化度”も半端ない。恐ろしいことです。
       6才のボクも最後は18才となり、髭が生えてますから。。
       この映画も最後に将来の恋人となりそうな女性との会話がすごくいい!是非見ていただきたい。

    5.マッドマックス 怒りのデスロード・・・主役はマックスではなく、共演のシャーリーズ・セロン。
       とにかく、スピード感が半端じゃない。ここまで全くタルミが無い映画も珍しい。
       これも当然、映画館で観るべき映画なんだけど、、DVDですみません。

次点:怪しい彼女、インターステラー、ガーディアン・オブ・ギャラクシー、ショート・ターム、トンマッコルへようこそ ぐらいですかね。

ワーストは・・・何と言っても
”るろうに剣心 京都大火編”、”るろうに剣心 伝説の最期編”で決まりですね。
こんな映画が大ヒットする日本映画界と観客に”喝!”でしょう。

では、来年もよろしく。
[PR]
by naruto-hinata | 2015-12-31 15:54 | 映画批評 | Comments(0)