デジカメ一眼レフ開眼への道

degiichi.exblog.jp

デジタルカメラ一眼レフの初心者と言いつつもう九年目に突入しました。多少の日々の成長と物欲ぶりに乞うご期待!

ブログトップ

晴天なれど、、、富士は見えず

まさに”暖冬”の煽りなのか、靄がかかって道満公園からは富士は見えず。
仕方ないので、サーフィンおじさんを撮る。
Lumix G6 + G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6
c0187503_2136683.jpg

明日は三連休の最終日。もうちょっとマシな写真が撮りたいょ。

休日の夕飯は父ちゃんの仕事。
その前に、デザートも仕込んでおいた。
畑で獲れた紫芋とリンゴを使ったパイ。完成。
Lumix G6 + G VARIO 20mm f1.7
c0187503_2138443.jpg

ちょっとリンゴが焦げて、パイシートもこびりついてしまったが、味はまずまず。
c0187503_21395444.jpg


今日もこんなものですよ。。

<映画批評>
海街Diary
2015年の是枝監督作品。
”是枝作品にハズレ無し”神話は今後も続きそうだ。
ただ、本作、ちょっと地味過ぎませんかね?
綾瀬はるか、長澤まさみ、広瀬すずなど若手の女優陣をフンダンに使っての作品としては、、
またも樹木希林、大竹しのぶという”重鎮”も参加してるのに。
たぶんこれだけ豪華な俳優陣を使ってもこんな地味な映画出来まっせ。というアピール(?)なのか??
三姉妹で生活する家族に腹違いの妹が同居するお話。
姉妹それぞれのキャラクターの描き方は、「さすが、是枝監督」と言おう。
それにしても地味な映画だ。。
最後、広瀬すずのサッカー少女ぶりはいい感じだった。
評点:71点(地味な点数)

KANO
1931年、全国高校野球大会で、当時日本が統治していた台湾代表で甲子園大会準優勝校となった、嘉義農林学校(通称、嘉農(KANO))のお話。
お話は大体知っていたし、映画もそれなりの作品に仕上がっているという評も見たので、やや安心しながら観た。
結果、この3時間の作品中、2時間は苦行だった。。。
だいたい、なぜこんなに作品が長いのか?
せっかくの題材を台無しにする演出と”臭~い”セリフはなんだ!!
台湾映画はあまり観ないが、こんなんだったら日本の監督に任せた方が良かったんじゃないか。(監督次第だけど・・)
決勝戦、指から血を流しながらも熱投した投手は後に早稲田に行き、大学のホームラン記録も作った名選手。
ほんと、いろんな意味で残念な作品だった。
最後、大沢たかおは何のために出演したの?(本作、最大の疑問)
評点:55点
[PR]
Commented by fxtmk675 at 2016-02-02 16:59
紫いもとアップルのパイ美味しそうですね。
アップルジャムは作ったもののパイを作る前に
ヨーグルトにのせて美味しく食べてしまいました。( ..)φメモメモ
Commented by naruto-hinata at 2016-02-06 21:11
> fxtmk675さん
コメントありがとうございます。
我が家のサイマイモも紫芋が少し残っているだけです。
後、数回はパイ作りま~す。
by naruto-hinata | 2016-01-10 22:05 | osampo写真 | Comments(2)