デジカメ一眼レフ開眼への道

degiichi.exblog.jp

デジタルカメラ一眼レフの初心者と言いつつもう九年目に突入しました。多少の日々の成長と物欲ぶりに乞うご期待!

ブログトップ

約15分の散歩でした。。

今日で畑のジャガイモをすべて収穫したので、午後は久しぶりのご近所散歩に出かけました。
が、着いたところで家から電話。
「娘が忘れ物。駅に届けて・・!」
ということで、散歩は15分で切り上げた訳です。
であるから、いきなり暗い写真ですよ。
Sony α6000 + E 50mm F1.8 OSS SEL50F18
c0187503_2011013.jpg

それにしても今日は暑かった!
畑仕事で塩分はほぼ出尽くしたので、昼食は畑で獲れたナスをメインにした野菜の塩コショウ炒めでした。
c0187503_20133816.jpg

ここのところ、2週間に一度は神戸に行っており、やや疲れが溜まったかも。。
ただ、爺さんも手術が成功し、ばあちゃんも落ち着いているので、あまりあれこれ考えず、
病院と施設の皆様に頼ってみようということにしてます。
c0187503_2015204.jpg

よろしくお願いします。
( `・∀・´)ノヨロシク

<映画批評>
ブリッジ・オブ・スパイ
実話に基づいた映画ですな。
ドイツとロシアに捕虜となったアメリカ人とロシアのスパイを2:1で交換することにアメリカの弁護士さんが大活躍するという映画。
なかなか評判も良く、ちょっと期待して観てみた。
う~ん。ちょっと苦手な映画かな・・・
何となくアメリカ人たちの”どや顔”を思い浮かべていしまう映画なのです、私には。
俳優さん達も素晴らしいとは思うけど、、やっぱりダメだ。。。
こういう映画がオスカー獲るのかな。。どでもいいけど。
評点:70点

残穢(ざんえ)
日本のホラー映画なんだけど、正直、あまり怖くない。
なぜ??
だって、主役の二人(竹内結子と橋本愛)がぜんぜん怖がってないし、、、
炭坑で死んだ沢山の怨念が時代を越えて、ず~とずっと祟るのです。
でも橋本愛は怖くない。。ただ、それだけ。
評点:66点

あん
ハンセン病患者の苦悩(?)をチョッピリみせながら、あんこ作りの天才おばあさん(樹木希林)とイマイチやる気のない店長さん(永瀬正敏)と近所の母子家庭の娘さん(内田伽羅)のほぼ3人芝居です。
だから、なぜか水野美紀が母子家庭の母親役で出てきても、なんか中途半端に消えてるし、、、
なぜこの映画を観たかというと内田伽羅の成長が観たかったのです。ただ、それだけ。
そしてその期待は裏切られませんでした。
英国留学中にこの映画を撮ったそうだが、彼女が今後女優を続けるのかは知らないが、もし、本格的に活動をすれば、ナンバー1の若手女優になると思う。間違いなく。
さすが、樹木希林のお孫さんです。
2011年の作品、「奇跡」でそれこそ奇跡の演技をみせてくれた彼女から目が離せない私です。
映画自体はまあまあ良いかな。。。
海外でも上映されてるみたいだけど「ハンセン病を扱ったお涙ちょうだいの映画」的に扱われてるし、映画も後半はそれをかなり意識している様子。
むしろ、前半のコミカルな内容の方が数段良かったのに、、、残念です。
評点:75点
[PR]
by naruto-hinata | 2016-07-02 20:41 | osampo写真 | Comments(0)