デジカメ一眼レフ開眼への道

degiichi.exblog.jp

デジタルカメラ一眼レフの初心者と言いつつもう九年目に突入しました。多少の日々の成長と物欲ぶりに乞うご期待!

ブログトップ

新海誠ではなく、安藤忠雄でもなく、”日展”です。

今日は美術館巡り仲間のOさんと国立新美術館に行きました。
ここでは今「新海誠展」「安藤忠雄展」をやってますが、我々は”日展”です。
日本画、洋画、彫刻、書等々頑張った人たちの作品を観ることができる貴重な会。
Olympus OM-D E-M10 + G VARIO 20mm F1.7
c0187503_23422108.jpg
10時の開場を待って、そそくさと入場するつもりだったけど、Oさんとの”積もる話”で時間を要した。
中では、ほぼほぼ絵を中心に鑑賞したが、”特選”、”入選”、”無印”・・・なにが基準なのか全く判らなかった。。
それでも写実絵画が良かったかな・・・好みもの問題だけど

昼飯食って、帰りはミッドタウンでいつもの富士フィルムギャラリーへ。
c0187503_23474997.jpg
Oさんとは爺さん婆さんや子供たちの生々しい話もしましたが、
文化に触れた一日でございます。

1日の最後はコロとまったり、、
c0187503_00282166.jpg

<映画批評>
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN ツタヤの100円セールだったし、ブレードランナーだけ借りるのも何だし、、
なんて思いながら実写版の進撃の巨人二巻を借りた。
いや~。久しぶりに度肝を抜かれた映画だった。。
こんなの映画館で観たら、ホントに怒るでしょ。
原作とお話が大きく異なることは良くある話だし、なかなか原作を越えられない映画も多々あるけど、
コイツは地べたを這った点数しか出せない。
映像、脚本は言うに及ばず、俳優さんたちが可愛そうになってくるという救いがたい状況。。
100円も惜しい気がしてしまった。
評点:45点

進撃の巨人 エンドオブワールド 
前編で酷評しながらも45点なんて甘い点を付けたのもこの後篇があったから。
ホントに恐ろしい映画だった。。
なにせ褒めるところが無い。
以上
評点:35点

寄生獣 完結編
これも100円レンタル
前編を随分前に観たが、100円なんで後篇も観ておくか、、というノリです。
進撃の巨人がなければ、酷評オンリーだったかもしれないが、、
前半はそこそこ面白かったですよ。(もちろん進撃と比較して・・)
親子の愛情なんてベタな話だけどね。
浅野忠彦さんにはもっともっと暴れてほしかったなぁ
最後、ターミネーター2みたいだったのが、みてて痛々しい感じに思えたのは私だけ。。
評点:50点


[PR]
by naruto-hinata | 2017-11-19 00:26 | osampo写真 | Comments(0)