デジカメ一眼レフ開眼への道

degiichi.exblog.jp

デジタルカメラ一眼レフの初心者と言いつつもう九年目に突入しました。多少の日々の成長と物欲ぶりに乞うご期待!

ブログトップ

カテゴリ:未分類( 48 )

猫と自転車散歩と・・

今日は久しぶりに池袋に行き、お買い物。(スマホのケーブルとDVDだけだけど)
休日の都会は珍しいわけです。(写真は無し)ビックカメラのピカチューは撮ったけど。

我が家のクロコロは暖かい日だまりで、トロ~ンとしてます。
LUMIX G6
c0187503_21334584.jpg


c0187503_21341088.jpg

家族が皆、出かけて、寂しいのかな。。

午後(ほぼ夕方)は毎度のように自転車で近場散歩なんだけど、老人ホーム近くにはなぜか野良猫がいっぱい。
ざっと数えたら、11匹。
c0187503_21365126.jpg

近所のおばちゃんが餌やりしてた。これっていいのかな・・・

帰りに荒川の土手から富士山をおがむ。
c0187503_21391048.jpg

これから段々と寒くなってくるけど、自転車散歩はいつまで続くことやら。。

<映画批評>
ルーム
そこそこ評判のよさそうな映画なので、観てみた。
う~ん。。
イタタタタ・・・的な映画かな。
7年前に誘拐され犯人の家の納屋に閉じ込められていた女の子は犯人との間に子供もでき、その子供が5歳になったある日、脱出に成功する。(厳密には子供が脱出し、女の子は保護されるのだが)
映画の前半はその脱出までのお話。
後半は事件解決後、実家に戻ってからのお話。
ルーム(監禁された納屋)に居た頃は、親子の硬い結束があったが、脱出後は・・・
そして関係修復できることと出来ないことが発生する。
映画の構成としてはそこそこよくできたものだと思うし、監禁時の悲惨さや犯人との間にできた子供のことをあまり露骨に描いていないことに好感は持てた。
ただ、出来のいい子役が主役の映画はちょっと苦手かも。
たぶん、2度と観ないでしょう。
それは悲しいからではなく、、、
評点:66点
[PR]
by naruto-hinata | 2016-11-06 16:21 | Comments(0)
巷では三連休初日(私もそうだけど)。
でも我が家族はそれぞれの予定で忙しそうだ。(父ちゃん除く)
ということで、畑仕事に勤しむ訳ですょ。
午前中はナスを全部撤去して、古くなった空気清浄機と共にゴミ焼却場に持ち込む。(フフッ。無料)
昼寝の後は、在庫となっていた大根、ほうれん草、エンドウの種まきをする。
これが”秋まき野菜”の最後となるかも。

先週に引き続き、畑のコスモス。
今年はなんか花が少ないぞ。
Lumix G6 + G Vario 20mm f1.7
c0187503_1745412.jpg


ちょっとエフェクトかけて、ススキなんかも撮ってみる。
秋じゃのぉ。
c0187503_17465498.jpg

カメラの出番は相変わらず少なく悲しい限りだが、残り二日間でどこに行こうか・・・

<映画批評>
バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇跡)
今年のアカデミー賞の作品賞、監督賞作品ですな。
だからという訳ではないが、期待して観た。
”約2時間のワンカット映画”・・・実はCG編集だそうだが、、
斬新、そしてちょっと笑える。そして演技力も見応えはある映画だ。
昔、”バードマン”(ガードマンでもバットマンでもない)というヒーローで一躍人気者になった俳優さんが、心機一転、起死回生の一発を打つために、ブロードウェイの舞台に脚本、主演で進出。
その練習、プレビュー公演、本番1日目までの映画なんだけど、とにかくこの独特の雰囲気について行けない!
幻聴のように聞こえるバードマンの声と付き合う主役のおっさんは、実際に映画でバットマンを演じた俳優さん、その娘はスパイダーマンのガールフレンドの女優さん。そうそうハルク役のおっさんも居たな・・・
たぶんそれら配役もパロディだし、セリフの中で実際の俳優名がバンバン出てくるので、映画通(?)は面白いのかも知れないが、あいにく映画芸術に疎いおじさんには、遠くの世界の出来事のよう。
とにかく、趣味には合わない映画。
評点:68点

言の葉の庭
以前から気になっていたアニメだが、レンタルしてまで観る気になれずにいた作品だったが、有り難いことに無料配信が開始されたので、観させていただいた。
一時間足らずの作品で、舞台はほぼ新宿御苑界隈。
時々、私も新宿御苑とその周辺は徘徊するので、おぉっ!てな感じで観た。
新宿の風景、千駄ヶ谷の風景・・・実にリアルだ。
そして、淡々と話が流れる中でも主人公の二人が置かれた環境、事情そして感情、実に無駄なくストーリーに溶け込ませている。
この監督さんは知らなかったが、『秒速5センチメートル』という作品でファンを掴んだようだ。
最後はふんわりとそしてお互いが力強く生きて行く風景で終わる、気持ちいい設定だった。
改めて日本のアニメ制作陣の層の厚さを感じた。
評点:73点

歩いても歩いても
是枝監督作品。これも”タダ観”です。
さすが、是枝監督作品でガッカリしたことはないけど、本作はちょっと家族を深層(深堀り)し過ぎて辛かった。
「歩いても歩いても・・・」本当に歩いてるシーンもあるけど、いしだあゆみさんの有名な曲の一節ですよね。
親子の感情のすれ違いをテクニシャンの監督が表現するとこうなる。ということ。
評点:70点

それにしても無料放送はホントに有り難いです。。
[PR]
by naruto-hinata | 2015-10-10 18:15 | Comments(0)
戦国時代に造られた平山城跡。だから城山公園。
子どもたちが小さい頃はよく来たけれど、最近は全くのご無沙汰だった。
今も小さな子どもたちの憩いの場として活用されているようだ。
そして猫もいる。
Olympus OM-D E-M10 + SIGMA 60mm f2.8 dn
c0187503_196171.jpg

以前はいっぱい居たけどなぁ。公園の砂場は猫が入らないように柵も設けてあり、なかなか気が利いた場所だ。
滝もあり(人工だけど)、なんとなく涼しい感じがする。
スローシャッターなら・・
c0187503_199661.jpg

”虹”がアクセントですな。

高速シャッターなら・・
c0187503_1992920.jpg


どちらが好みですか?
(どちらもダメは、なしにしましょう。)

最後、切り株を撮った。
個人的にはこれが好きかな。
c0187503_19105357.jpg


来週は週末から神戸に行く。
忙しくなるかな。
畑が心配だ。。。

<映画批評>
パッチギ!
久しぶりに観た。
やっぱり、時々観たい良い映画。
実は我が家のライブラリーに眠る”ヒーローショー”を観る前にどうしても観ておきたかった映画、パッチギ!
”怒り”をぶつける演出は日本映画としては圧巻だ。
韓国映画の「息もできない」とは全くちがったアプローチだが、パッチギの方が救いがあるだけに有難い感じがする。
この映画も一年に一回は観たい映画。
評点は無し!
[PR]
by naruto-hinata | 2015-06-28 21:56 | Comments(0)
昨日の夜、すでにweb上で合格が発表されましたが、今日は入学の手続きをするため、娘と私で出かけ、リアル合格発表掲示板前で記念撮影しましたよ。
最初、娘だけ写していたら、学校の職員の方が「お父さんも一緒に・・」と申し出てくれたので二人でカメラにおさまりました。
家に帰ってその写真を見ると、やはり娘は嬉しそう。父ちゃんはちょっとはにかんだ(?)表情。。。why?
是非、娘には「写真部」に入って欲しいけど、、、イヤ!なんだと・・

そうそう通学路で面白いものを見つけたので、撮っておきました。
c0187503_2210291.jpg

これはたばこの自動販売機なんだけど、運転免許書と買いに来た人物を写真で撮って照合するのかな?どうみてもインターホンに見えるけど。
私はタバコを吸わないのでこんなの当たり前な風景かもしれないけど、、、一応撮っておこう。

今夜は「雪」。
明日は大石内蔵助みたいにザックザックと雪を踏み分けて討ち入りではなく、出社か。嫌だな・・
c0187503_22151381.jpg

[PR]
by naruto-hinata | 2012-01-23 22:15 | Comments(4)
昨日はマンション集会、歯医者諸々で自由行動時間がほぼ無し・・・
まさに「籠の鳥」なので、PCルームでカメラをいじってた。。
今日はもうすぐ雨が降る予報なので、これまたカメラが活躍する事は無い見込み。
c0187503_7134766.jpg

来週はいつもよく行く古民家でイベントがあるみたいなので覗いてみようかな。
[PR]
by naruto-hinata | 2010-05-23 07:15 | Comments(2)

氷川神社と東円寺

初詣、元日は人出が多いので、2日以降にしている我が家。
近所の氷川神社には家族全員で、車で10分の東円寺には長女と二人で参拝。
その前に、昨日食った蟹鍋雑炊。当然、鍋は父ちゃん作・・うまかった。(娘撮影)
c0187503_20471257.jpg

<娘の撮った父ちゃん>
しめ縄の向こうに父ちゃんが見える・・・
c0187503_20404956.jpg

父ちゃんはいつもスポットライトを浴びるのだ・・・うう。。まぶしいヤツだぜ!
c0187503_2041452.jpg

親子四人でお賽銭は60円・・(15円/1人は”十分ご縁”があることを期待して・・・)
初詣は所要時間約15分。不信心モノには十分な時間だ。
お後はカメラ親子で東円寺。
<父>
無理やり10円玉を咥えされられた布袋さん・・・
c0187503_20485558.jpg

ニヤけてる鹿、こんなの見たことない・・・
c0187503_2049582.jpg

昨年末ここに来た時は一人だったが、今回は娘と二人・・・写真の出来栄えはともかく、やっぱり二人がいい・・・
c0187503_20532170.jpg

こんな風に池を50ショット以上・・・さぁ、結果はいかが・・
c0187503_2050471.jpg

<娘>
鯉を一所懸命撮った。彼女には偏光フィルターが必要かも。
c0187503_20565321.jpg

日没も近づき、あたりの薄暗い・・・結局我々以外に誰も来なかった。
c0187503_2057616.jpg

車に乗ってもカメラは手放さない・・・ここが上達の秘訣か?
c0187503_2057159.jpg

昼間は福袋買いに行って、夜は鍋。いつもの正月もあっと言う間に2日が過ぎた。
こういう正月を過ごせるのもいつまでかな?たぶん子供が大きくなると年末年始は家に居なかったりして・・
ふっと実家の爺さんと婆さんはどうしているだろう。。。と考える。今夜電話をしてみよう・・
[PR]
by naruto-hinata | 2010-01-02 21:21 | Comments(4)
三年連続で初日の出を拝みに荒川に来た。
昨夜は紅白を見終えて12時過ぎまで起きていた子供たちも何とかついてきたが次女はほぼ放心状態・・
<父>
夜明け3分前の世界・・・
ほぼ真ん丸なお月様はあと3分の命である。
c0187503_1435631.jpg

すでに荒川の土手に陣取っている人たち。口コミだろうが毎年人が増えているような気がする。
c0187503_143545100.jpg

おぉ!日の出!
しかし、頭が邪魔か?それとも頭も素材としてこなすのか・・・カメラマンの腕が試される・・・・?
c0187503_14362099.jpg
c0187503_14363429.jpg

昨年に続き、今年も富士はきれいに顔を見せてくれた。
c0187503_14383527.jpg

荒川の隣を流れる新河岸川
c0187503_14473743.jpg

<娘>
よくわからんけど、お嬢さんは斜めの写真がお好きなよう。
c0187503_14451370.jpg

邪魔な頭もうまく利用・・
c0187503_14454116.jpg

日の出が終わるとけっこういた人々も蜘蛛の子を散らすように去ってゆく・・・呆然とする父ちゃんを尻目に娘はシャッターを押し続けるのであった。
c0187503_14533389.jpg

日の出、富士もいいけど、凍てついた地面にも目を向けよ・・・ということかな。
c0187503_14455475.jpg

またも誰かさんの酷評が聞こえてくるようですが、今年もこんなところから始まります。
さぁ、これから恒例の「福袋あさり」に出発!これが我が家の正月初日なのだ。
[PR]
by naruto-hinata | 2010-01-01 15:03 | Comments(2)
まずは、Kenko 500mm(実質、750mm)はカワセミでデビュー!と思ったけど、居りません。
カモで我慢して・・・
c0187503_1663990.jpg

しばし、たたずんでいたけど、カワセミの気配なし。
接写(?)はちょっと苦手・・ピントが微妙すぎて・・・
ここんところ「かすみ目」でピントが合ってるかどうかぜんぜん判らん!
マニュアル専用レンズ大丈夫?
しかしバックのボケ方が独特かも。
c0187503_1623331.jpg

荒川のヤクルト二軍グラウンドを激写!でもこいつらプロじゃなさそう・・
c0187503_16193260.jpg

電光掲示板もある程度クッキリ!でしょ?
c0187503_16202888.jpg

ススキどうです・・・しかし750mmで撮る意味ある?
c0187503_16211455.jpg

ドウダンツツジもこんなものでしょうか。
c0187503_162428100.jpg

今日は曇り、やはりコイツは晴れ用でしょうね。夕暮れ時もいいかも。
これから富士山撮影はコイツと一緒だ!しかし三脚はやっぱり必須ですね。
しかしスコープよりKenkoくんのデビューの方がが早かったのは以外だった?
どうせ目を覆うようなコメントがあるんでしようね。
ちなみに、防湿庫にはなんかと入りましたよ。
[PR]
by naruto-hinata | 2009-11-29 16:37 | Comments(4)

防湿庫がいっぱい・・・

突然ですが、ケンコーの500mmミラーレンズ買いましたよ。
なかなか見た目が良いです。(白レンズ!)F値も6.3と実用(?)に耐える。
とにかく軽くて小さい、だから自由雲台にもピッタシ。
<ウラの小川で記念撮影なのだ。>
c0187503_15544938.jpg

<後姿もいい・・ちょっと見難いけど、金色のエンブレムもそそる・・>
c0187503_15563131.jpg

小川の桜も紅葉
c0187503_15565787.jpg

この後、荒川に移動
ドウダンツツジもマッカッカ
c0187503_1558389.jpg

もう少し待てば夕焼けも拝めるか・・・いやいや天気も悪くなってきた・・中途半端に退散
c0187503_15581268.jpg

<<750mmの世界は後ほど公開!>>
[PR]
by naruto-hinata | 2009-11-29 16:01 | Comments(5)

赤塚界隈の散歩

ピアノレッスンの送り迎えの後、赤塚界隈を散歩。(最近、一人が多い。。。寂しい限り)
どこに行っても人はちらりほらり・・・
<まずは乗蓮寺>
大仏もちょっと秋色・・・
c0187503_16454642.jpg

お金握って、がまんの鬼
c0187503_16465386.jpg

<お次は植物園>
色が変わっているのはプラタナスぐらい。あと森の色が一変するのは一ヵ月後ですかね。
c0187503_16495846.jpg

多重露出しましたが、なんか違和感無さすぎ・・・
A+B=限りなく「ゼロ」(?)
c0187503_165354.jpg

<赤塚公園内の郷土資料館>
これがカノン砲なのね・・・
c0187503_1655620.jpg

臼砲・・・これは原始的な構造で、大砲とは程遠いものです。
c0187503_1657460.jpg

確かにマンネリ。私にも遠出が必要なのか?それとも・・・
[PR]
by naruto-hinata | 2009-11-08 17:05 | Comments(3)