デジカメ一眼レフ開眼への道

degiichi.exblog.jp

デジタルカメラ一眼レフの初心者と言いつつもう九年目に突入しました。多少の日々の成長と物欲ぶりに乞うご期待!

ブログトップ

<   2011年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

水陸の競演

道満公園のウィンドサーフィンに対抗して陸ではおじさんが自転車アクロバット。
正直、前輪の回転はうまくなかったかな・・・写真もうまくないって・・納得。
c0187503_224772.jpg


今日の映画批評
<カラフル>
ここのところ、血がドバァ!みたいな映画が多かったので、癒し系を求めて「カラフル」を観た。
良かった!ほんとに良かった。
例えるならば宮崎某氏作品の100倍は良かった。こんなに良いなら早く観ておけば良かった。
そのことを子供達に話すと「ジ◯リと比較する方がおかしい」と突っ込まれてしまった。これも納得。
いわば”独りよがり作品”と”魅せて楽しませる作品"の違いか。。。
写真をデジタル加工したシーンと手書きセルのシーンを織りまぜた手法には賛否両論かも知れないが、その評価はこの監督さんの今後の作品で評価を下したい。
押し付けがましくなく、テーマがはっきりと見えて、スムーズな展開のアニメということ。
エンドロールで助演の女の子の声優が「宮崎あおい」だと知り、正直驚いた。スゴく良かった。
今まで彼女の演技をマトモに観たことが無かったが、今後は観てみようと言う気にさせる立派な声優さんだった。
学校のイジメや家族崩壊などを背景にしているが、結局は「人間は色とりどり」がテーマ。
私も色々なカラーに染まりましょう。
評点:85点
[PR]
by naruto-hinata | 2011-09-27 22:03 | 映画批評 | Comments(4)
昨日は道満公園でたくさんの野良猫にあった。
餌を与える人は多いようなので、ガリガリの猫はいない。でも病気だろう?と思われる猫もいる。
<道満の猫たち>
c0187503_2220590.jpg
c0187503_22195430.jpg
c0187503_2219448.jpg
c0187503_22192473.jpg
c0187503_22191213.jpg

これから冬に向かって彼らには厳しい季節が待っているのだろうが、それでも生きてゆく。
せっかく生まれてきたのだから。

今日はウチのクロコロを譲っていただいた譲渡会があったので和光樹林公園に行く。
先月ウチのお母さんと子供達が拾ってきたQちゃんもここで預かっていただいている。
Qちゃんも来月から譲渡会にデビュー予定とか。里親さんが決まればいいが。。。
<譲渡会の猫たち>
c0187503_22265630.jpg
c0187503_22264646.jpg
c0187503_22263697.jpg

まさに「猫まみれ」状態。
我が家も段々そんな感じになってきた。
以前は”子供中心”、今は”猫中心。”
"お父さん中心”の時代は来るのか??たぶん来ない。。
[PR]
by naruto-hinata | 2011-09-25 22:28 | 家族写真 | Comments(4)

久々の道満公園

午前中は娘の入試候補高校の説明会に行ってきた。
在校生徒さんが説明したり、英語劇をやったりと公立高校としてはなかなか面白かったけど、女の子の元気良さに比べて男子がねぇ〜。現在、会社でも優秀なのは女性だけど、これから益々その傾向は強くなるのでしょう。男子も頑張りましょう。

午後はこんなに晴れてたらここでしょう。「道満公園」
以前は毎年ご近所さんとバーベキューやってたな。。。
<ウインドサーフィン>
ここ道満公園では、地上では野球、サッカー、サイクリングが盛んだけど、水上ではこれですね。
かなりのお年をめした方も多いスポーツ。
c0187503_19173633.jpg

<野球>
野球とトンボはいいコンビ
c0187503_19182820.jpg

<ボチボチ花粉の時期です>
私の花粉症は秋が本番。ヤバい時期です。
c0187503_1920241.jpg


この公園を徒歩で一周しようとしたら2時間以上は必要なので途中で引き返した。
秋から冬にかけて時々お邪魔して富士の冠雪も激写しましょう。(可能なら・・)
[PR]
by naruto-hinata | 2011-09-24 19:23 | 風景写真 | Comments(7)
ここんところ、休みの日は朝は早起きけど、そのあと「朝寝」して「昼寝」する毎日だ。
それから近所に買い物へ行って、、、、う〜ん。おしまい。
「眠り姫」ならぬ「眠りおやじ」となってしまった。
こんな夕日しか撮れない・・・越戸川を散歩
c0187503_23332059.jpg

この時期、近所にこれといってパッとした花が咲かない。
オシロイバナだったか・・・これでも撮っておけ。
c0187503_23345847.jpg

和光は湧き水が多いけど、ここもその一つ。
泡に浮かんだ自分の姿が愛おしい・・・はずないか?
c0187503_23362655.jpg

こんな調子ではいかん!明日はなんとかしたいものだ。
[PR]
by naruto-hinata | 2011-09-23 23:37 | 風景写真 | Comments(6)

三連休最後の朝は早い。

この三連休、残暑厳しく何処へも行かず。
今日なんか、暑くて6時に目が覚めて、仕方ないから散歩した。
近所のおっちゃんに挨拶しながら越戸川をそぞろ歩く。
<鳥も朝のご挨拶>
c0187503_16161969.jpg

<朝の光を浴びて綺麗だよ>
c0187503_16164062.jpg

<とんぽだって・・・>
c0187503_1617916.jpg

護岸工事後は小鷺もカワセミも見ない越戸川、正直心配だ。

忘れてた、映画批評
<英国王のスピーチ>
「なかなか楽しく観れた。」と言いたいところだけど、なんかシックリこない。
たぶん英国王のスピーチが国民にドイツとの戦争の開始を告げる内容だからだろう。
そして、スピーチ後、にこやかに「おめでとうございます」だと。。
確かに吃音に苦しんだ王がやや突っかかりながらもオーストラリア移民(?)の家庭教師の助けで立派にスピーチを終えるのだから、それはそれで良かったのだろうが、これから第二次世界大戦が始まり、たくさんの人が死ぬんですけどね。
平民のように怒ったり、泣いたり、ついでにお妃が超庶民的だったりと人間性をアピールすればするほどギャップも感じる。私だけかな。。。
アカデミー賞受賞おめでとう!でも私なら一票は入れない。
評点:68点
[PR]
by naruto-hinata | 2011-09-19 16:30 | 映画批評 | Comments(4)
OLYMPUS PEN+PANA G 45-200mmでも撮ってみた「名月」。
c0187503_20591626.jpg

どっちもどっちですよね。。。

またまた「映画批評」
<ブラックスワン>
なるほど、さすがに良い(?)映画。年間通してのベストワン級というのはウソじゃなかった。
まじめで、コツコツ物事をこなす人は心が壊れやすいのでしょうかね。私も気をつけよう。。。
そういえば「エンジェルウォーズ」もそうだったけど最近の映画は現実と幻想、妄想が交錯する映画が多いような気がする。
大昔「ジェイコブズ・ラダー」という映画を見て、結構ショックを受けたことがある。また、観てみようっと。
それと、お払い箱になる大御所バレリーナ役をウィノア・ライダーが演じていたことをエンドロールで知り、ちょっとショックだった。
お話のテンポはよくて、演技者たちもそれぞれの色が出てた。
ただ、背中にでっかいタトゥーの入ったバレリーナなんて居るの??
それに言動が下品な人々ばかり。。バレエ関係者が観たら、怒るんじゃないの?
評点:85点
[PR]
by naruto-hinata | 2011-09-13 21:14 | 映画批評 | Comments(3)

中秋の名月

最初300mmf4の単焦点で挑戦。(カメラはolympus)
だめだ・・・・重くてぶれる。
次にpentax k-7+55mm-300mmズーム。<三脚無し>
まっ、これでいいわ・・妥協の産物
c0187503_228236.jpg

だれかさんの満月の傑作を期待してますよ。
[PR]
by naruto-hinata | 2011-09-12 22:09 | 風景写真 | Comments(7)
去年発見した「黄色い彼岸花」。
今年は取材のタイミングが遅かったようだ。御免。。。
c0187503_16514100.jpg

来年は綺麗に撮ってあげるよ。

東京大仏を14mm(実質28mm)で撮るのは初めて。
鎌倉大仏の予習ということで・・(判る人にしかわからんでしょう・・・)
c0187503_16533672.jpg


「長持ち」(中の衣料品を”長持ち”させるための木箱)
ウチには無かったな。長持ちさせるような服も無かったし・・・
c0187503_16581949.jpg

ということで、いつもの近所散歩だったけど暑かった。
9月に入ってのこの暑さは老体に効くね。。。

今日の<映画批評>
<ぼくのエリ 200歳の少女>
一言、、なかなかよかったよ、この映画。原作は「モールス」。
モールスは主人公の男の子と女の子の通信手段なのだ。
この映画の私が勝手に付けた”副題”としては「バンパイア版”小さな恋のメロディ”」としましょう。
スウェーデン映画ならではの配役、主人公の男の子を見ればすぐに判る。。。
なんかエドガーウィンターのよう。(これも判る人しかわからない)
・いい点
何よりお話が”切ない”こと。そしてエリが切ない。
・よくない点(?)
お互いがひかれ合う瞬間が曖昧。(つまり個人的にはインパクトが欲しかったということ)
すでにリメイク版も公開されたが、こっちの方は評判が良くない。。でも機会があれば観てみよう。
長く印象(心)に残る映画でしょう。観てね。
評点:77点
[PR]
by naruto-hinata | 2011-09-11 17:17 | 映画批評 | Comments(4)

小舟を見ながら思うこと

荒川の横を流れる新河岸川。
ココから見る初日の出はなかなかいい風景なんだけど、今日はちょっとイマイチかな。
ところでこの船、いつも停泊しているけど、違法駐船??
これが車なら一発キップ切られるでしょ。
船の値段は知らないけど”車上荒らし”ならぬ”船上荒らし”っていないのかな。
船の中には何があるのかな?う〜ん。。気になる。
c0187503_2125828.jpg


またまた突然の映画批評
<グリーンホーネット VS. バットマン ダークナイト>
iPADで映画を見始めて半月。新幹線やヒマな時は大変重宝する。
ほんとはTOEICの勉強でもしなければと思うけど、ダメダメ。。。誘惑には勝てないのだ。
そんな訳で<グリーンホーネット>
これもちょっと期待して観たんだけど、、、
三十数年前、映画ドラマでやっていたあのヒーローものだ。主人公の相棒は「カトウ」といい、テレビではブルース・リーが演じていた。当時は結構人気ドラマだった。
今回もかっこいいのはカトウ。でも主人公がここまでダメダメなのはいかん!
あまりにも「おマヌケ」な主人公。
それになぜかキャメロン・ディアスが脇役。
どう考えても彼女が全員の出演料の半分は持っていったんだろうな・・・無駄な話だ。
キャメロン・ディアスである必要なんか何も無い。
「当たったら続編を」という思惑も見え見えだし。
こんな映画を観てしまったら、「口直し」が必要だ。なんとかせねば・・・
評点:65点(昔を懐かしんで、ちょっと甘め?)

そしてお口直しは<バットマン ダークナイト>
かなり前から我が家のライブラリーにはあったけど、観る機会がなかったもの。
しかしグリーンホーネットの後に観るとスゴい映画に思えてしまう。
何より「重厚」なのだ。そしてアメリカコミックはなぜこんなに理屈っぽいのか?ウォッチメンもそうだ。
でもちょっと考えてみれば、自己中心的でノーテンキ的なんだけど、矛盾や偏見が渦巻く環境なんだから多分、屈折した人は多いに違いない。
「善」「悪」「??」・・・
バットマンは常に自虐的であり、自己中心的。ライバルのジョーカーもそう。おそらくは「表裏一体」の存在であることをこの映画でも何度も何度も表現していたのだろう。その点はうまく見せた映画だ。
ただ、ちょっと長いな・・・
それと、さほど美人でもなく、ちょっとお年を取って、ややくたびれかけたお顔をしたヒロインを奪い合う主人公たち。そんなに頑張らなくてもいいんじゃないの??
でもホントよかった。
「THIS is 映画」なシネマ。
評点:85点
[PR]
by naruto-hinata | 2011-09-08 21:25 | 映画批評 | Comments(4)

蝉の命は短い?

今期、最後の叫び。
c0187503_21482621.jpg

イマイチ嫌われ者(?)のあぶら蝉にフォーカスを当てましょう。
ツクツクボウシを脇役に。
蝉の一生って短い?
いやいや、数年から十数年の寿命があるらしい。
つまり、人間が”表舞台”と勝手に思っている地上の生活は、ほんの終わりのひと時。
地中でしっかりと樹液を吸って生活している。だってその方が外敵が少なく長生きするから。
(”よい子”の皆さんは知っているよね。そんなことは。)
そして最後に産卵のため危険と知りつつ地上へ出て一週間。
僕もボチボチ地上に出るか?いやいやまだまだ地中で長生きしましょうか。。

今日の映画批評
【ベストキッド】
原題:カラテキッド。。。でも舞台は中国で当然カンフー。
いままでジャッキー・チェンと言う人はあまり好きではなかったけど、これだけ脇役に徹するといい味が出てるじゃないですか。年取ったせいかも・・・
ストーリーは終止、隙だらけでこれといって特筆すべきものはないが、全体的には及第点かな。
ジャッキーと主役のガキ(ウィル・スミスのご子息)の取り合わせの勝利。
最後、ガールフレンドとの行く末を暗示するものが欲しかった。
点数:65点
[PR]
by naruto-hinata | 2011-09-05 22:04 | 家族写真 | Comments(4)