デジカメ一眼レフ開眼への道

degiichi.exblog.jp

デジタルカメラ一眼レフの初心者と言いつつもう九年目に突入しました。多少の日々の成長と物欲ぶりに乞うご期待!

ブログトップ

<   2012年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

魅惑のナイトクルーズ!

”太っ腹”なお得意先のご招待で、「東京湾ナイトクルーズ」でございます。
ざっとコースはこんなものです。(薄暗くてすみませんね。。。)
c0187503_22242499.jpg

天王洲アイルに到着!
c0187503_22314325.jpg

まずは、役員さんの有り難いお話を1時間ほど寝ながら聞く。(ガマンガマン・・・)
今日乗るのは、こんな素晴らしい船でクルーズです。豪華だ。。。
c0187503_22261212.jpg

私はいただけるものは何でもいただく主義なんで、いっぱい食べますよ。
c0187503_222786.jpg

「乾杯」をして、料理を何皿か平らげて、、、、あとはデッキに出てひたすら景色を楽しむ。
なんて素晴らしい仕事なんだ。。。
これ、東京ゲートブリッジと言うそうな。
c0187503_22284072.jpg

こっちはレインボーブリッジだそうな。。
c0187503_22294587.jpg

こういう時の2時間なんてあっという間ですね。名残惜しい。。。
c0187503_22305063.jpg

明日から「地に足付けて」仕事をしよう。
[PR]
by naruto-hinata | 2012-08-28 22:34 | 風景写真 | Comments(4)
自分が子供のときは、夏休みのギリギリまで田舎のおじいちゃん家に世話になってまして、宿題なんか最後の一週間が勝負でしたね。。。
ウチの娘たちは私よりは真面目なようでコツコツ宿題をこなしているようです。ただ、畑仕事は手伝ってくれません。。。
かぼちゃは残り3個、トマトも昨日抜きました。
今はわけぎ、大根、ブロッコリー、キュウリ、タマネギ・・・なんだけど、どうも大根が虫に食われてピンチです。慌ててオルトランを蒔いたけど、手遅れかも・・・大根の種を追加で蒔いて様子を見よう。わけぎはショボく芽が出ていますよ。タマネギは・・わからん。
c0187503_21461140.jpg

キュウリは今のところ二本収穫。コイツは明日あたりが収穫か・・穫りたて(?)の浅漬けが美味い!
c0187503_21503329.jpg

 
追伸
今日の夕食はカボチャのあんかけとだいぶ前に収穫したジャガイモの炒め物がメイン。
しみじみ日本カボチャの美味しさを味わっています。

農園の夕方はこんな感じ。夕日が目にしみるのぉ・・・
c0187503_21531761.jpg

c0187503_21533672.jpg

[PR]
by naruto-hinata | 2012-08-26 21:56 | 農園写真 | Comments(0)

暑いのなんの・・・

長い夏休みが明けて長〜い”お仕事”の一週間続いた。
その間に「小さい秋」を見つけられず、ただひたすら暑かった。
我が家もそのため今月の電気代が先月と比べて約1.7倍に跳ね上がったそうな・・・恐ろしい。。
クロはエアコンの効いた部屋で娘のジーンズの中に入ってくつろいでました。
眼光鋭いクロです。
c0187503_20273294.jpg

<追伸>
先週収穫した日向カボチャの第一号を食べてみました。
日本カボチャを初めて食べた娘たちは「美味しい!」と喜んだ。余は満足じゃ。。。
明日もカボチャですよ。

映画批評
その1.
<TIME>
ツタヤさんで結構PRしていたので観てみた。
まぁ、いわゆる娯楽映画の佳作(駄作かも)ですねぇ。
人間は25歳から「寿命のカウントダウン」が始まります。庶民は一生懸命働いてポイントを稼いで腕に刻まれた数字を増やして自力で寿命を維持させる。でも見た目が25歳のままなのがいいねぇ。
大金持ちはビジネスや遺産により1,000年以上の寿命を持っているものの退廃的な生活を送っている。
目の前で母親が「時間切れ」で死んでしまった主人公と大金持ちの娘だけど生きてる達成感ゼロの娘がタッグを組んで銀行(寿命バンク)強盗して人々に分け与える義賊となる。
ストーリーがなんか薄っぺらいし、迫力も無い。。。
すご〜くヒマなときに観てみたら・・・
評点:60点

その2.
<CUT>
これも巷の評判が良かったり、悪かったりして気になったので観てみた。
結果、私は”低評価”の方に振れましたね。。。
映画をひたすら愛する青年は、ヤクザの兄から1,000万借りて映画を三本作ったけど”不発”だったようだ。そしてその兄が急死し、数週間でその1,000万以上の借金を返さないといけなくなった。。。
えらいこっちゃ・・・
でも、打たれ強い主人公は「なぐられ屋」になり、最後の日に借金を完済する。
つまり、この映画、ひたすら主人公が殴られてお金を稼ぐだけの映画なのです。
感動は無いし、娯楽性も無いし、なにより「映画は芸術です!」と主人公は叫ぶんだけど、この映画に芸術性を感じない。トホホでした。
評点:55点
[PR]
by naruto-hinata | 2012-08-25 20:59 | 映画批評 | Comments(0)

早朝の農園

長かった「夏休み」も今日でおしまいです。
只々"暑かった”訳ですが、早朝の畑仕事は爽快ですよ。
c0187503_8192841.jpg

<大根の芽も出ています>
大根も三種類の種を植えています。乞うご期待!
c0187503_8145944.jpg

カボチャだって、マトモ(?)な黒皮です。
c0187503_8185789.jpg

クロも大歓迎!
(上は昨日穫ったもの)
c0187503_8173919.jpg

明日から楽しい仕事が始まりま〜す。
しかし、この10日間で、キレイに忘れたよ・・・仕事・・・どうしよう。トホホ
[PR]
by naruto-hinata | 2012-08-19 08:22 | 農園写真 | Comments(4)

カボチャ1号!

本来、第1号のハズだったカボチャの実は随分前に枯れました。
もう、カボチャはやめた!と短気を起こしかけたときに、隣の畑のおっちゃんに「まだまだ、実はできるから・・」と言われて我慢した甲斐があったというものだ・・・
c0187503_22242938.jpg

帰省していたため、ちょっと収穫の時期がずれたようで、黒皮カボチャが緑カボチャなんだけど・・・
まだ、数個出来そうなので、今度はタイミングを外さないようにしよう。
数日、置いてから美味しくいただきましよう。

<映画批評>
1,ドラゴンタトゥーの女
こりゃ、なかなか面白いぞ。何と言ってもスタートから”移民の歌”がかっこいい!
中学生のときにラジオで初めて聞いたレッド・ツェッペリンのこの歌が相当インパクトがあったので、今だにアァア〜ア・・が聞こえてくるとついつい聞き入ってしまう。。。
主役の二人(ダニエル・クレイグとルーニー・マーラ)もいい。
ただ、主役は完全にルーニー・マーラ・・・ダニエル・クレイグは「007」だけど、今回はイマイチ運動神経の良くないジャーナリストだから、モタモタしたところが格好悪い。
原作は読んでないけど、スウェーデンのベストセラー小説だそうだ。
ストーリー的には二人が主役の関係で、交互に展開するシーンがややシリキレトンボのような気がするのは私だけなのか・・
また、R15指定だけあって、新幹線で鑑賞するにはちょっと気が引ける場面がチラホラ・・お尻痛そう・・・
それにしても、あんなお姉さんに身辺を調べれたら大変だ。。てなことを思いながら、ラストシーンはかなりお気の毒な感じで、男の身勝手さがちょっと残念ですね。。あの革ジャン頂戴!と言いたい。
しばらくしてもう一度見たい映画。
評点:80点

2.ミュージック・オブ・ハーツ
これ、「実話」だそうです。
そうですよね。。「実話を映画化しました。」のコメントが無いと、出来過ぎストーリーが災いして、誰も観ないでしょうよ。
イメージとしては、40年前の映画、TVドラマでもいいんじゃないの的ストーリー。
貧しい子供たちが多く通うニューヨークの小学校で臨時教師としてバイオリンを教えるオバさん。口は悪いし、男運も無い。。。でも友達には恵まれたようで、最後はカーネギーホールでコンサートやっちゃいます。これもアメリカンドリームなのか??
悪い映画じゃないけど、この映画を観てインスパイアされるものは無かった。
評点:60点
[PR]
by naruto-hinata | 2012-08-17 23:01 | 農園写真 | Comments(0)

雨にも負けず・・・

昨日からの雷雨で、ジメジメ、ムシムシの一日でした。
せっかく子供たちと帰省したので、雨にも負けず、ハーバーランド界隈を散歩。
蒸し暑いからペンギンとのショットで、、涼は得られるかな?ムリか・・・
c0187503_1783052.jpg

モザイク内の子供像。へんな動物を羽交い締めしてる?
c0187503_17115226.jpg

この後、中華街を散歩して帰ったけど、ちょっとぐらいは、夏の思い出になったかなぁ。
c0187503_1713359.jpg
c0187503_17132045.jpg

[PR]
by naruto-hinata | 2012-08-14 17:15 | 神戸帰省旅行 | Comments(2)
今日は娘の地理の宿題のため、和光市内の”湧水”を巡ってみた。
(ちょっとだけウンチク・・)
そもそも和光市は武蔵野台地2/3、荒川沿いの低地1/3に分類される。
そして、市内北部には荒川(新河岸川)の支流である越戸川と白子川によって台地が削られてところから湧水が出る。それらは標高約20mの位置する。つまり、標高20mにある粘土層と礫層の隙間に地下水が流れているのだが、それが川の氾濫等で削られたところから湧水が出てくると言う事。
だから、和光市各所の標高20mから湧水が出ているわけ。
人々は湧水を農作物の栽培、酒造り、そして生活用水などに使ったりする。
では、和光市の湧水をご覧あれ。。
<強清水>(こわしみず)越戸川に直接流れ込む湧水で「ここの湧水がそのまま清酒になった」という伝説がある。
c0187503_2054456.jpg

<水久保公園>実は住所的には朝霞市なのだ・・なかなかダイナミックですな・・
c0187503_20561288.jpg

<新倉ふれあいの森>我が家の近所。カワモズクが生息しているそうな。
c0187503_20581180.jpg

<坂下湧水公園>湧水なのか、水たまりなのか判らんょ・・・
c0187503_20591491.jpg

<漆台>ここはいいね!いまでも生活用水として利用されている。当然、水は流れっぱなしで、手を洗うと「超、気持ちいい!」(誰?)
c0187503_212048.jpg

<熊野神社>この湧水を利用した「日本最初の魚の養殖場」のあった!すごい。。
c0187503_2152144.jpg

<地福寺>地蔵池といい、ポンプで汲み上げた(?)水が勢いよく吹き出している。
c0187503_2174325.jpg

<富澤湧水>富澤さん家の湧水。ここもポリタンク持参で水汲みする人が多く居る。富澤さん、太っ腹よのぉ〜。
c0187503_2191752.jpg

そんな訳で、今日一日が終わる。。これから、娘とレポート作成だ!
[PR]
by naruto-hinata | 2012-08-11 21:11 | osampo写真 | Comments(0)
またも娘にお付き合いして「オープンキャンパス」。
今日は市ヶ谷です。それにしても、今どきの大学は”タワー”です。
c0187503_20124698.jpg

何十年ぶりかで大教室に入って先生のお話を聞いた。まぁ、感慨深いものです。。。
当然、半分は寝てました。それも昔と同じ・・・
昼食は今日も食堂。500円也。(みそ汁が辛かった!)
昔はコープ定食が220円だったのに・・・
c0187503_20162014.jpg

*ドリンクはタダでいただきました。

そうそう、我が家にもサギソウが咲きました。一番好きな花です。
この可憐な姿が私みたい・・・?
c0187503_20184167.jpg

これから時々、部屋の中に入れてやって眺めましょう。
[PR]
by naruto-hinata | 2012-08-05 23:59 | 風景写真 | Comments(2)

今日の選択肢

今日は、、、
昼間は「よさこいソ−ラン」と「オープンキャンパス」
夜は「朝霞」と「荒川(戸田+板橋)」の花火大会
それぞれの選択肢。

昼間は有無を言わさず池袋の「オープンキャンパス」(娘のおつきあい)に軍配が上がった。
学食不味かった・・・
c0187503_2341024.jpg

そもそも、炎天下でのソーラン写真撮影はまさに自殺行為でしょう。体力が付けば来年チャレンジしょう。

夜は悩ましい・・・一昨年までは荒川の花火と朝霞の花火には時差があり、ハシゴも可能だったけど、何故か今年はどちらも19時スタートだった。
結局、荒川を選択。
<たまや〜、どっちも・・>
”ほぼ満月"と花火のコラボは最高!荒川バンザイ!!?
c0187503_2310517.jpg
c0187503_23102790.jpg

首筋をへんな虫がはっていたが、そんなの気にせず19時半ごろから大方21時まで撮影してた。
LUMIX GX1での作品のデキは兎も角、充実した一日だったと言えよう。
c0187503_23152286.jpg
c0187503_2315118.jpg


映画批評
<ヒミズ>
昨年、結構話題になった映画を新幹線で観た。
内容は原作のマンガとは異なる部分も多い、特に3.11の震災後撮影された事もあり、震災で富を失った心優しいホームレス達がキーポイントとなる。
ただ、ここでどうしても震災、津波、原発・・とヒミズが繋がり辛い。
園監督の思いは解らない訳ではないが、正直「いやらしさ」が漂う。
「住田、頑張れ!」が「ニッポン頑張れ!被災者頑張れ!」に代わって行く・・いや〜な感じだ。
震災色が無ければもっといい映画になった気がしてならない。。残念。
主役の二人は海外の映画祭でも絶賛されたようだが、確かに若い男優(住田君)はイイ!大注目株でしょう。
住田君の為に600万を稼ぐ仕事を引き受ける元社長のホームレス、痛々しくてセツナイ。それよりもっと切ないのは、親に「お前は要らない」と言われる住田を最後までサポートする茶沢さん。彼女の住田君と同じ境遇。その二人が美しいと思えるなら、この映画は成功なのかも。
評点:70点
[PR]
by naruto-hinata | 2012-08-04 23:32 | 映画批評 | Comments(0)