デジカメ一眼レフ開眼への道

degiichi.exblog.jp

デジタルカメラ一眼レフの初心者と言いつつもう九年目に突入しました。多少の日々の成長と物欲ぶりに乞うご期待!

ブログトップ

<   2013年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

池袋行きの予定が来週になり、結局は和光の農園を徘徊ですよ。。
せっかくだから「Planar 50mm f1.4」と「Sonnar 90mm f2.8」で撮ってみようじゃないか。
<午前の部>
Lumix GX1 + Carl Zeiss T* Sonnar 90mm f2.8
Gレンズでは最初にゲットしたレンズなんだけど、とにかくピント合わせがシンドイ・・・
もともとGレンズにはピントリングは無く、マウントアダプターをグリグリ回してピントを合わせるんだけど、カメラ本体近くにくっ付いたアダプターを回すのは不器用なおじさんが操作するのは大変だ。おまけにファインダーの無いGX1では一層シンドイ。
でもGレンズ達の見た目の美しさと金属の感触が何とも素敵だ。これぞ一生モノだよ。
c0187503_19491739.jpg


c0187503_19494049.jpg

今日のベストショットか・・・何といっても羨ましい限りでしょう・・・
畑仕事の後、老夫婦でお茶ならぬ缶コーヒーでイップク、といったところかな。
c0187503_1950342.jpg

そうそう、楽しみにしていたブロッコリーがこんなアリサマだよ!
ブロの花咲か爺さん・・・トホホ。
c0187503_19501934.jpg

<午後の部>
Olympus E-620 + Carl Zeiss T* Planar 50mm f1.4
Planar 50mm f1.4は前述の通り、深度が超浅くてこれまたシンドイ。
当たり前だけどピントリングがあるだけ扱い易いというものの相変わらずピンぼけ量産だ。
開放または一つ絞り込むぐらいが背景が溶けていい感じになるようだ。
c0187503_2025230.jpg


c0187503_2032292.jpg


c0187503_204882.jpg


来週は池袋・・・
[PR]
by naruto-hinata | 2013-05-26 19:57 | 農園写真 | Comments(4)

久しぶりの彩湖散歩

Y電機の帰りに寄ってみた彩湖。
ここはこんな位置にある。
Lumix GX1 + Carl Zeiss VARIO-SONNAR T* 28-80mm F3.5-5.6
c0187503_23314012.jpg

曇天だったのでかえって良かったかも。これからの晴天は初老のおっさんには恐ろしい。
c0187503_23331090.jpg

それにしても、子供の中間試験中は家にいると静かに寝るだけ・・・やることない。
お勉強の迷惑にならないようにしないとね。
c0187503_23344158.jpg

子供たちとココによく来たのに・・・なつかしい。
c0187503_23345624.jpg

明日は池袋でも散歩するか・・・
ちなみに、長女は一昨日試験が終わりディズニー行き、父ちゃんにだけお土産なんだよ・・
c0187503_0122115.jpg


追伸
<ミッキー、ミニー、プルートのサイン色紙>
昨日、長女がもらってきた。
娘曰く「家宝にする」とのこと。
c0187503_19285852.jpg

食卓に色紙を置いて、椅子の上に乗って撮影。(足の指がチャームポイントです。)
[PR]
by naruto-hinata | 2013-05-25 23:35 | osampo写真 | Comments(4)
今日は朝から晴れてて、暑くて、、、
それはどうでもいいんだけど、Carl Zeissの最強標準レンズ「Planar 50mm f1.4」を味わうため、これ一本勝負(そんな大そうなものではないか・・)で散歩。
結果は以下の通りです。。。
Olympus E-620 + Carl Zeiss Planar 50mm f1.4
東圓寺の弘法さん
構図なんか無視して、クッキリ撮ってみた。。
c0187503_19303515.jpg

今度は、明るいバックにシルエットの弘法さん。。
c0187503_19313055.jpg

相変わらずピンボケ写真量産でございます。トホホ
しょうがないから、こんなゴツゴツしたおっさんも撮ってみた。
c0187503_19331544.jpg

正直、現在我が家の防湿庫にいらっしゃるレンズの中で一番扱いづらいのはコイツ。
今日も克服できなかった・・・
がっくりと肩を落として、今日二度目の農園めぐり
花でも撮って帰ろう。
c0187503_19351238.jpg


c0187503_19352695.jpg

実質「超明るい100mmレンズ」で何を撮ればいいのか・・・
やっぱりカメラは面白い。
おしまい

<映画批評>
ライク・サムワン・イン・ラブ
観はじめの感想→なんじゃこれは??ダルそうだぞ・・・
観終わった感想→なんじゃこれは??終わってしまった・・・
そんな映画ですよ。
でも不思議なことに、心のどこかに何かが残るのです。
「恋してる誰かさんみたいに・・」って、これ恋しているの?
この映画、日本とフランスの共同作品で、舞台、俳優はすべて日本。
監督はイランの大御所(黒澤明みたいなもの?)。
主役のおっさん(完全な爺さんですが)84歳にして初主演。
ヒロインは当初予定の宮崎あおいに代わり、元アイドルの女優さん。
ふたりとも演技は悪くないでしょう。その二人に絡む加瀬亮さんはもっと良かったでしょう。
借金抱えて(たぶんですが)デートクラブでバイトする女子大生とどこか妻と子供に似ている女子大生を指名した大学の先生が恋?違うね・・・
その女子大生の恋人(加瀬亮)が映画ではモンスター化しているように見えるけど、もっともまともに感じるね。爺さんはなんか小さな自動車整備の工場を経営する恋人をバカにしてるし、女子大生は優柔不断で観ててイライラするし、、、
こんな映画の何に引っかかるのか?
よく解らないけど、場面場面で琴線に触れるのか??
だいぶ経ってからもう一度観てみよう。
評点:70点+?
[PR]
by naruto-hinata | 2013-05-18 20:06 | osampo写真 | Comments(2)
昨日は朝から晩までずっと雨だったけど今日は晴天。
カメラ持って近所をブラブラしていると、おばあさんが寄ってきて「どの花も嬉しそう・・」とつぶやいた。
それをカメラにおさめる私も嬉しそうかな?いずれにしても”贅沢な朝”です。
それにしてもなぜ、いつもおばあさんに声をかけられるのか??

朝からカモ、鯉、その他動物たちも全開。
この季節、紫外線は気になるが表に出ないわけにはいかないでしょう。
Oplympus E-620 + CarlZeiss T* vario-Sonnar 80-200mm f4.0
*このレンズは散歩の必需品となってしまった。
c0187503_19245954.jpg


c0187503_19251274.jpg

草花たちは明け方まで降っていた雨を大事そうに抱え込んでいる。
c0187503_19273693.jpg


c0187503_1927596.jpg


c0187503_19282385.jpg

そんなこんなで朝の散歩第一弾は片道500mの道程でおしまい。
家に帰ってみると、我が家の女性軍はまだ就寝中だった。。。
しかたなく、朝の散歩第二弾へ。
これまた、毎度お馴染みに農園だ。
こっちは虫たちが忙しそうに働いている。
c0187503_19314724.jpg


c0187503_19324750.jpg

昨日、雨が降る前に5日間放置していたスナップエンドウを大量に収穫したが、今日も20個ほど新規に収穫。そうそう、昨日も畑仕事しているとおばちゃんが話しかけてきて、大根、チンゲンサイ、水菜etc.色々いただいた。有難いことだ。。。

そして、本日散歩第3弾は、ホームセンターでお買いものした帰りにこれまたお馴染みの「宝憧寺」に行ってみた。
Lumix GX1 + CarlZeiss T* Distagon 35mm f2.8
*このレンズを使うのは何か月ぶり??ゴメンネ。
c0187503_1942343.jpg


ちなみに、ホームセンターでは、先日ベトナムで買い損ねた農作業用の帽子を買った。(ノンラーという円錐形のすずしい帽子)来週から農作業はこれで行くぞ!

<映画批評>
”渋谷”
やってしまった。。。数か月前”River”という私にとってはとんでもなく「観て後悔する映画」を掴んでしまったが、こいつはその第2弾のようなものだ。
有名な写真家の本を原作とする”渋谷”の若者たちが主役の映画なんだけど、、、ストーリーに盛り上がりないし、ダラッとしてるし、、、、この映画、誰に向けてメッセージを送っているのだろう?
主演の佐津川愛美さんは嫌いじゃないけど、作品に恵まれていない感じがする。そして大島優子がまたまたチョイ役で出演。これじゃ話題性も無いような気がする。もうちょっと選んで映画を観ようかな・・・
評点:50点
[PR]
by naruto-hinata | 2013-05-12 19:58 | osampo写真 | Comments(2)
素直に端午の節句を”実感”するために、古民家園を訪れた。
確かに、ここでちょっとだけ雰囲気を感じた。
Olympus E-620 + Zuiko Digital 25mm f2.8
c0187503_2227888.jpg

そんな派手なイベントはないが、だれでもここで遊んで、家の中では折り紙の兜を折ったり、風車を作ったりしていた。
c0187503_2229619.jpg

家の中にも鯉が泳いでいるのだ。
c0187503_22295594.jpg

最近は長女も父ちゃんの散歩に付き合ってくれることも無くなった。長かった連休最後の明日、、、
どうしようかな・・・。

<映画批評>
”希望の国”
園 子温監督の作品。
この監督の映画は毎度毎度楽しみなのだが、観ていて戸惑う映画も多い。
この”希望の国”という題名、なんとも皮肉な題名だ。
地震と津波で破壊された「長島県」の原発。その周りの人たちは、あくまでも大人しい。そして鈍感だ。
福島の原発事故の後に起こった長島県の事故という設定だが、実際の舞台はどう見ても福島だ。
原発事故でバラバラになる親子夫婦の絆を中心にお話は展開し、そしてヤルセナイ結末が、、どこに希望があるのか??
懲りずに原発を使用し、おまけにその技術を外国に輸出までする「国」には希望が無いのか?
主演の夏八木勲をはじめて役者として認めた(偉そうなものいい・・)作品かも。
主演が高倉健ではなくて本当に良かったと感じる映画。
評点:70点
[PR]
by naruto-hinata | 2013-05-05 22:41 | osampo写真 | Comments(2)
この連休、前半は神戸でマッタリして、中盤から後半は和光で、これまたマッタリ。
メリハリは全く無しだけど、これでいいんじゃないの?
やれ、海外旅行だ!ディズニーだ!と焦らず騒がず、平常心(平常生活)。というか、何処かへ行こう!と言っても、だれもついて来ないのが実情・・・
まぁいい!今日も畑に遊びに行こう!
Lumix GX1 + Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 28-80mm F3.5-5.6
c0187503_20544778.jpg

ジャガイモは順調だ!
今回は、キタアカリとメイクインというオーソドックスな品種を選んでいるので、何にでも使える食材だ。
6月後半が楽しみ!スナップエンドウも2,3日前にだいぶ収穫したのに、またまたかなり実がなっていた。
明日あたりはエンドウと肉の卵炒めだな・・・

いったん家に帰ったけど、暇なので樹林公園を散歩する。
いきなり、”ローキー”でやや重い感じを出してみる。
c0187503_21287.jpg

この木、何の木?気にならないけど・・・
c0187503_2142639.jpg

ここは公園だから、家族連れが多い。
当然、一人でカメラもってウロウロしているおっさんは少ない。
決して怪しい者ではございませんぞ。
c0187503_2162613.jpg

遠目によその家族を撮るのもマズいので、タンポポでも撮っておこう。
c0187503_2181932.jpg

この「ベニバナトチノキ」の花がなかなかうまく撮れない・・・
せめて陽が差していたらなぁ・・・またの機会にするか。
c0187503_21957100.jpg


こうして、またまたどうってことない一日が過ぎようとしている。
明日あたりは、チョットだけでもいつもと違う風景が撮れるかな?
あっ、そうそう、、、写真部のテーマが「祭りのあと」だった。。
[PR]
by naruto-hinata | 2013-05-04 21:11 | osampo写真 | Comments(2)

ほとんど病気?

夕方、一人でドライブして、CD(中古)を5枚買って、、、畑に辿りついた。
休日は一度は顔を出さないと落ち着かない状態。こりゃ、病気かも・・・
じゃがいもは順調。スナップエンドウも2日連続で美味しくいただいたし、インゲンマメも枝豆も育っている様子。
しかし、カボチャが目が出ない!まずいぞ、これは。最悪、苗を買うしかないかも。

管理センターには(たぶん)菖蒲が西日に照らされていた。いい感じだ。
Lumix GX1 + CarlZeiss G 45mm f2.0
c0187503_21155534.jpg

先日TAAさんには、このレンズの写り具合の妙な癖を指摘されたが、どうにも手触り感と見た目に惚れているレンズ。長い付き合いをしょう。
c0187503_2119685.jpg

[PR]
by naruto-hinata | 2013-05-03 21:19 | 農園写真 | Comments(6)
娘はこの連休中も学校なんだと・・・大変ですな。
父ちゃんは朝からまたまた散歩(朝サンと呼ぼう!)
久しぶりにフォーサーズ機を持ってブラブラだ。
OLYMPUS E-620 + Carl Zeiss VairioSonnar 80-200mm f4
カワセミは居ないが、ココのところ越戸川の”主”的存在の鳥は居た。
c0187503_10455173.jpg


c0187503_10453920.jpg

写真を撮っていると、お婆さんが寄って来て「あの鳥は白い鳥を守っている。」と語りだした。。
白と灰色は同じ鳥だと主張するお婆さん。私には”別物”にみえますがねぇ~。どうでもいいけど。
ここからは大正5年生まれのこのお婆さんが語る”半生”を聞くことになる。
学生結婚して、ご主人は子供ができた社会人一年目に中国に出征し、二年後に”帰らぬ人”となったそうだ。ご主人は京都で染料の研究をしていた秀才だったそうで、そのDNAを受け継いだ子孫たちは次々と一流大学に入学し、医者も沢山いるから便利なんだって。お婆さんはあくまでも明るくそんな話をしてくれたが、本当は大変だったんだろうね。なんか「永遠の0」を見ているような気分になった。

お婆さんを見送って散歩を続けていると足を思いっきり伸ばして亀が飛んでいた・・・がんばれ!
c0187503_10554936.jpg

チューリップは日に照らされて綺麗だった。
c0187503_10584182.jpg

でも今日の収穫はお婆さんの話だ。
[PR]
by naruto-hinata | 2013-05-03 10:59 | osampo写真 | Comments(2)
先週末からの帰省も終えて、和光に舞い戻ってきた。
結局、買い物をして食事を作って、一緒に食べてテレビを観る毎日だった。
カメラの出番も非常に少なく、これという作品もゼロなんだよね・・・
昨日、大きなクマバチの歓迎を受けながら散歩した公園にある”カリヨン時計台”でも撮っておこう。
左上にハチが飛んでるでしょ。
c0187503_2355353.jpg

両親の元を離れて随分時間が経つが、家を出て行くときにいつも妙な気分になる。この気分もあと何年味わえるのか?

<映画批評>
最強のふたり
この映画、実話を基に作られており、以前テレビで本人が出ていたのを観た。
彼らの話が結構話題になったようで、このとおり映画までできた次第。
お話は超大金持ちだけど、事故で首から上しか動かないおっさんと、チョイ悪のお兄ちゃんの友情物語だ。ストーリー展開にやや雑な所もあるし、伏線らしき箇所もややギコチナイ感じがする。
要するにそんなに上手い演出じゃないような・・・
でも、人種やお金や地位や色々なものを超越した友情は普遍と言うものでしょう。
悪くいえば、鉄板要素持ったズルい映画でしょう。
スゴーくないし、ダメダメでもない。ただそんな映画。
評点:70点
[PR]
by naruto-hinata | 2013-05-01 00:07 | 神戸帰省旅行 | Comments(2)