ブログトップ

デジカメ一眼レフ開眼への道

degiichi.exblog.jp

デジタルカメラ一眼レフの初心者と言いつつもう九年目に突入しました。多少の日々の成長と物欲ぶりに乞うご期待!

<   2014年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今日は午後から天気が下り坂ということで、午前中に”紅葉刈り”に出かけた。(もちろん、一人・・・)
平林寺みたいに紅葉だらけじゃないけど、まぁ、良しとしましょう。
真っ赤でございますよ。
Olympus OM-D E-M10 + Carl Zeiss Sonnar 90mm f2.8
c0187503_19491658.jpg


こちらは真っ黄ですよね。
Olympus OM-D E-M10 + Carl Zeiss Planar 45mm f2.0
c0187503_19531191.jpg


ずんずん歩いてゆくと、おじいさんが写生してましたね。後からごめんね。。
c0187503_19534568.jpg


目が痛くなるぐらい赤い葉でありました。(もみじではない、木の名前忘れた。)
c0187503_19563010.jpg


いい構図がつかめない。。
モタモタしてると、後ろのおっちゃんに「ちょっとどいて」と言われた。とほほ。。
c0187503_1957877.jpg


最後は大仏さんを拝んでさようなら。
c0187503_19574386.jpg


そう言えば、先週はピアノ発表会の”写真班”で出動して連写の嵐だったが、ピンボケの嵐でもあった。。
これから出演者のあげる写真を厳選せねば・・・
[PR]
by naruto-hinata | 2014-11-30 20:02 | osampo写真 | Comments(0)
先々週、収穫したサツマイモはパープルスイート系三種と安納芋そして”紅はるか”。
紅はるかは安納芋を”はるか”に超える甘さ、美味さが売りな芋なんです。(たぶん)
ということで、今日もスイーツを作ってみた。
Olympus E620 + zuiko digital 25mm f2.8
c0187503_22364176.jpg

作り方は”我流”ですが、、、
いきなり、皮剥いて切ってブスブスになるまで水茹。
そこからは、砂糖と低脂肪ミルク(コーヒーフレッシュみたいなヤツ)、卵をちょっと混ぜてしゃもじでひたすら潰す。
仕上げは卵黄とミルクを混ぜた液体を塗り、オーブンで約20分焼いてみたのがコレ。
なかなか美味いょ!家族の評価も上々。

しかしこのブログ、すっかりおっさんのお料理ブログになってしまった。。。

ちなみにサツマイモの蔓はすべて刈り取り45Lのゴミ袋8個に納まってめでたくゴミ回収場に直行したが、芋は半分掘らずに置いている。今年は出来が悪く、安納芋はほぼ全滅状態。ご近所さんへのお裾わけも難しいかも・・

明日は年賀状用の写真撮影の予定。

<映画批評>
オール・ユー・ニード・イズ・キル
良くも悪くもアメリカの映画であり、ヒーローものなんだなぁ・・・
何度死んでもよみがえる、そして経験を積んで強くなる。井上陽水じゃないけれど「人生が2度あれば」より凄いぞ。
原作は日本の漫画だそうだけど、ギタイ(?)という人類の敵に立ち向かうアメリカ兵。そして彼の行動に献身的に援助する仲間もいるぞ!!
ラストも観てるこっちが恥ずかしくなるぐらいハッピーなのだ。戦争に悲壮感なんかないぞ!
映画の観たかとしては正に娯楽作品。間違っても戦争ものなんて思わないことでしょう。
好きじゃないけど、そこそこ面白いのがなんか悔しい作品。
評点:70点
[PR]
by naruto-hinata | 2014-11-22 23:04 | 農園写真 | Comments(0)
朝から畑でサイマイモを掘ってみたが、やはり今年はツブが小さいようだ。
残り半分の芋たちの収穫は一週間後としょう。
今回、芋の種類はややデザート指向になっているので、ご期待に応えて(誰も期待してないかも)芋のデザートをつくってみた。
一番簡単そうな「マッシュスイートポテト」
Olympus E-620 + ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8
c0187503_237281.jpg

芋は”パープル・スイート”なので、水茹でしている時も驚くほどの”紫”だった。
作り方は1センチ角に切って、柔らかくなるまで茹で、その後は牛乳、砂糖、バター(実はバター風味のマーガリン)を練り込むだけ。簡単じゃないか・・・
家族の評判は悪くないので、明日は朝からパンに乗せて焼いて食べよう。。
紅芋タルトじゃないけど、紅芋トーストも悪くないと思う。

ちなみに夕方、カワセミを求めて徘徊するも不発。

<映画批評>
7番房の奇跡
またまた、韓国映画。
観客動員数は韓国で歴代三位だそうだ。
とにかく、韓国の子役は凄すぎるよ。いわゆる”天才子役”ワンサカ居るようだ。。
本作にもカル・ソウォンという凄腕子役が出ていた。
お話は知的障害の男が無実の罪で死刑宣告されて刑務所に入るが、彼の本来の姿を知った者は、誰もが無実を確信する。同じ房の受刑者、看守までも・・・
そして「擬似法廷」という場で真実を暴くところが面白い。
でも結局は、悲しい結末となる。
娘との絆をうまく描いているが、ちょっと涙を誘い過ぎかも。。
おじさんにはきつい映画です。
題名の”奇跡”を本当に意味で実現していない訳だが、後味はそれほど悪くはなかった。
でも個人的にはある種”ファンタジー”でもいいから夢を見せて欲しかったかも。「グリーンマイル」じゃないんだから、仕方ないか・・・
評点:74点
[PR]
by naruto-hinata | 2014-11-15 23:26 | 農園写真 | Comments(0)
苗を植えて、ちょうど四か月が経過したので”試し掘り”。
こんなものです。。(パプルスイートと安納芋・・たぶん・・)
Olympus OM-D E-M10 + Vario 20mm f1.7
c0187503_20282926.jpg

これ以外は細~いヤツばかりで、もう一度埋めておいた。
あと一、二週間の辛抱だ。

女性軍が居ない留守宅ではクロコロがくっ付いて寝ていた。
c0187503_20333267.jpg

これから寒い日が続くだろうから、こんな姿をよく見ることになるだろう。

風邪っぽいから、お父さんも早く寝よう。

<映画批評>
闇金ウシジマくん Part2
前作に比べてパワーダウンした気もするが、個人的には、今作の方が気にいった。
ただ、主たるキャラクターは前作とTV番組を見てないとちょっと判らん!(不親切というべきか)
ホストに貢ぐ(夢の共有?)のため、身を落とす18歳。でもそんなに暗~くない。それは似たようなことが実際よくあると思ってしまうからなのか・・・
それにしても何事にも動じないウシジマ(山田孝之)はなかなかいい。
話題作、秀作ではないが、なんとなく暇な昼下がりに観たい映画。
評点:68点
[PR]
by naruto-hinata | 2014-11-08 20:40 | 農園写真 | Comments(2)
朝、六時半ごろに起きだしてそのまま散歩。
散歩やジョギング中のご近所さんに挨拶しながらブラブラです。
サギは朝飯取りに夢中。
Olympus E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm
c0187503_20255422.jpg

カモはなぜか草を必死で食ってました。
c0187503_20264354.jpg

越戸川の奥まで行くと”謎の物体”が、、
c0187503_20273690.jpg

なんか危なそうなので退散!
自宅近くの木。
ここまでしないと捕られちゃうらしい。。
c0187503_20283323.jpg


昼間は毎度の家族そろってショッピング。その後は・・・
いつもの植物園と寺です。(我ながら、よく飽きないものだ。。)
植物園の秋を満喫(?)
Olympus OM-D E-M10 + Carl Zeiss Planar 50mm f1.4
c0187503_2041213.jpg

鈴なりのカリン
c0187503_20422863.jpg


そして寺では大仏と戯れる
c0187503_20512257.jpg

蓮池の大仏
c0187503_20514140.jpg


最後は、畑でサイマイモの試し掘りしてみると、親指大のイモ。
こりゃいかん!一、二週間は放置だ。

<映画批評>
オールド・ボーイ
Old Boy、つまりOBですな。。
原作は日本の漫画だそうな。
我が家のライブラリーに長く眠っていた作品だが、ハリウッドリメイクされたということで、オリジナルを観た次第。
いや~。いいね!
やっぱり韓国映画はいい!!
俳優がしっかりしていて、シナリオがイマイチ筋が通っていないところが。
とにかく主役の三人がいい。(カン・ヘジョン(姜惠貞))のファンになってしまった。
『トンマッコルへようこそ』も絶対観よう。
突然、15年間監禁されて、突然解放された男が15年の恨みを晴らすためにあばれ回るのだが、監禁した方にもちゃんと理由があった。このテーマって思想的に韓国の方が日本よりショッキングなんでしょうね。
暴力描写も渋いけど、それぞれの人間性をちょろっとづつ見せるところがなかなかな映画ですよ。
カンヌ映画祭グランプリは伊達じゃない映画。
評点81点
[PR]
by naruto-hinata | 2014-11-03 21:03 | osampo写真 | Comments(2)