デジカメ一眼レフ開眼への道

degiichi.exblog.jp

デジタルカメラ一眼レフの初心者と言いつつもう九年目に突入しました。多少の日々の成長と物欲ぶりに乞うご期待!

ブログトップ

<   2015年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

先週25日から来月6日まで怒涛の連休をとったけど、前半はアッという間でした。
連休初日から今日まで神戸の実家でバタバタしてました。
と言っても病院、スーパーの往復という毎度おなじみのパターンなのです。大したイベントは無し!

近くのダイエーまでは徒歩20分というちょうどいい感じの散歩コースなので、カメラ持ってブラブラ・・・
家を一歩出るとどこからともなくウグイスがあちこちで鳴いている。
SONY α6000 + E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS
かなりトリミングしてみた。。けど小さいぞ!被写体。
c0187503_205715.jpg


さすがにこの暖かさで八重桜も散りつつあった。
c0187503_206448.jpg


昨日は昼飯後、これまた近くにある有馬温泉を散策。
母親はてっきり温泉に入るために有馬に行ったと思ったらしいが、、、カメラ持って散策のみです。
それにしても大型連休直前なのに空いていた。大丈夫?有馬温泉・・・
c0187503_2091038.jpg

ココに来ると必ず訪れる「鼓ヶ滝」にも誰も居なかった。
c0187503_20103497.jpg

虫が沢山飛んでいてちょっと閉口するがこの景色は大好きだ。そして夏場は涼しくて最高!
c0187503_20112498.jpg

心霊スポット(なんてことないか・・)池之坊満月城。こことホテルニュージャパンは火災事故で有名ですな。
c0187503_20151856.jpg

ココでは火災で30名が亡くなった。。南無・・

ということで、ホントあっと言う間の連休前半でした。
明日からはいつもの農園ライフが待っているぞ。

<映画批評>
ゴーン・ガール
連休前に観た映画。
今年に入って観た映画では最高だった。
ソーシャルネットワークでは映画技法的には最高なのかもしれないが、私としては全く乗れない映画を作ってくれたデヴィッド・フィンチャー監督。
今回はイイ!!
楽しく見ることが出来る映画ではないが、成人の男女が観てなにも感じない人は居ないであろう”問題作”だ。
ジャンル的には”ブラック・コメディ”なのかなぁ。
ゴーンしてしまった奥さんが終盤でダメダメな旦那に罵られてひとこと吐くセリフに思わず笑わずれは居られない。。。けど、ドン引き・・・
これから結婚しょうとするカップル以外には強くおすすめする怖すぎる作品。
評点:80点

RUSH
”F1モノ”ですね。
ジェームズ・ハントとニキ・ラウダのライバルむき出しスポーツドラマであり、男同士の友情ドラマ。
設定は嫌いじゃないけど、なんか奥行きを感じない映画だ。
そもそもホントに友達なの?この二人。。それにしても二人とも”お金持ちのボンボン”なんだよね~。どでもいいけど。
ニキ・ラウダがレース事故で顔や肺が焼けてしまってもレーサーを辞めず根性で勝つ。。スポコン実話だね。
前述のとおり、嫌いなドラマ設定じゃないけど、映画としては???かな
評点:65点

それでも夜は明ける
すごい映画です。
南北戦争前の時代にワシントン州に住んでいた”自由黒人”が誘拐されて南部に売り飛ばされ、12年間奴隷生活を強いられたという壮絶な実話がベースだそうな。。
ただ、興味深いのはこんな暗くて重たい題材の映画化にブラッド・ピットがこだわったこと。
アメリカはもちろんのこと世界中で今も人種差別や人身売買が横行している。こんな時代だからあえて今この映画を作ったのか。
もう一つ興味深いのは、イギリス人の黒人監督がメガホンを取り、アカデミー賞までとったこと。
そしてブラピを始めすごい(ギャラが高い)役者がたくさん出ていること。
最後に、こんなテーマの映画なのにほとんど”盛り上がり演出”を排除していること。(そこがこの映画の最大の特徴)
色々な”???”が付く映画だが、こんな映画を今作れるアメリカという国はスゴイかも。。色々嫌な部分もあるけど。
スゴイ映画だけど、好きじゃない。
評点:72点
[PR]
by naruto-hinata | 2015-04-29 20:55 | 神戸帰省旅行 | Comments(0)
今年は早めに種芋を植えたのでジャガイモは順調のようだ。
あとは連作障害を起こさないことを祈りましょう。。
まだカボチャの芽が出ない。あと二三週間待つことにしよう。
まさか降り続いた雨で種が流れていたりして・・
Olympus OM-D E-M10 + SIGMA 30mm f2.8 EX DN
c0187503_17473553.jpg


乗蓮寺の桜
Lumix G6 + LUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6
c0187503_17504379.jpg


植物園のシャクナゲ
Olympus OM-D E-M10 + SIGMA 30mm f2.8 EX DN
c0187503_17521291.jpg


ぜんぜんアキマセンな・・
ちょっと写真集でも見て勉強せねば。

それにしても散歩に行くところがマンネリだ。
もともとは上野の二科展に行くつもりだったが、、
なんか面倒くさいょ。

<映画批評>
インターステラー
監督がクリストファー・ノーランだから、いやでも期待して観た。
でもゼロ・グラビティに軍配かな。
もちろん、単なる”宇宙モノ”(こんなジャンル映画あるか?)というより、なんか「お勉強の時間」みたいだった。それも2時間40分の大作で。
一般相対性理論・・・加速運動するモノは止まっていたり等速運動物より時間は遅く進む
しかし、時間を戻すことは絶対にできない!

主人公が誰かさんが作った時空のねじれを通りぬけ、ワームホールやブラックホールをくぐり抜けて壊れゆく地球に住む人間を救うべく大活躍!
その間、家で主人公の帰りを待つ人々は、ドンドン年をとって、主人公の娘なんかもう100歳ぐらいなのだ。なんか悲しい。
それにしても時々存在をチラつかせる”彼ら”は一体、何者?
長すぎてダルいという人も居るようだが、夜10時過ぎから夜中の1時近くまで鑑賞した感想としては
全く心地よく観れた。さすがクリストファー・ノーラン監督!
5次元やブラックホール等を映像で表現する技はすごいけど、なにがすごいのかも解らない私なのだ。トホホ・・
評点:79点
[PR]
by naruto-hinata | 2015-04-18 18:18 | 農園写真 | Comments(2)

カボチャの種まき完了

昨日までグズグスした天気でなかなか我がリトル・ファームの主役であるカボチャの種まきができなかったが、ようやく本日完了!
今年は”日向かぼちゃ"と”神田小菊”の二本立てだ。
どちらもいわゆる黒皮カボチャで、夏が楽しみだ。。

農作業から帰ると我が家の紫モクレンが綺麗だったので、数ショット。アレ?電池切れ・・・
α6000の最大の弱点は電池のもちの悪さだ。
SONY α6000 + E 50mmF1.8 OSS
c0187503_2052520.jpg


その後、毎度のイオンモールで飯食って、これまた毎度の昼寝のあとに久しぶりに東圓寺に行く。
時々しか来ない寺だがいつも工事をしている。
そしてその工事のたびに綺麗になってゆく。檀家さんが大変じゃないのかな・・・
c0187503_20542788.jpg

ここには八十八体の弘法大師が居る。(数えていないが、なんとなくそんな気がする。)
c0187503_20555513.jpg

いかつい顔のオヤジ達も居る。
c0187503_2111779.jpg

最後は可憐な花を美しく撮って締めたかったが明かりが中途半端で、寄りも足りない。。。
c0187503_212465.jpg

という中途半端な日曜日だった。

<映画批評>
フューリー
この映画、前評判は上々で、アカデミー賞候補でもあった。
が、観た感想・・・う~ん。微妙・・・
ブラッドピット率いる戦車隊のチーム。その戦車の名前がフューリーだ。
本物の当時の戦車が登場するということで、「戦車オタク」達の間ではかなり話題となったようだが、いかんせんその勇姿(?)はそれほど多く拝めない。
ただ構成として、ドイツ軍のほとんどが単なる”敵”としてのみ描き、米軍と戦争に巻き込まれた市民のみにフォーカスを当てたところが面白かった。
ラストシーンにモヤモヤ感が残るのも製作者の意図なのだろう。好きにはなれないが。。

戦争映画って、最近はほぼ反戦映画なんだがやっぱり”中途半端”だ。
私が好きな戦場を舞台にした映画は「MASH」(マッシュ)だ。あえて言えば、マッシュ以外に戦争映画で面白いと思ったことがない。
今回もやはりそうだった。馬鹿げた戦争での犠牲の積み重ねを憂うより、徹底的にバカにしたマッシュ以外に評価すべき作品がない。ということ。
評点:74点
[PR]
by naruto-hinata | 2015-04-12 21:19 | osampo写真 | Comments(0)

今季最後の花見

この前、ブログのレポート機能を見てみたら、訪問者が40,000人を超えていた。
たぶん、半分ぐらい自分じゃないのと思いながらもありがたい話であります。
では、今日の日記。

朝からどんより曇って、時たまパラッと雨が降る中、今期最後(?)の花見です。
<午前>
越戸川を散歩してみた。
SONY α6000 + E 50mmF1.8 OSS
c0187503_15393121.jpg

やや散りかかっているところがいい。
川面には渦を巻きながら花びらが踊っている。
c0187503_1541168.jpg

このショットも毎年撮っている気がする「桜とスノードロップ」・・・曇り空では冴えないし、進歩もなし!
c0187503_15421538.jpg

最後はE 50mm f1.7(SEL50F17)の特徴が出ると思われる開放での花のアップ!
c0187503_16362.jpg


c0187503_15442357.jpg

コストパフォーマンス最高なこのレンズ。かなり気に入っているけど、75mmという画角はいかにも中途半端な気がするのは私だけ。。

<午後>
畑仕事(何もしてないけど)の帰りに近くの菜の花畑と桜を撮る
Olympus OM-D E-M10 + Zuiko Digital 14-45mm f2.8-3.5
c0187503_15484924.jpg

畑のジャガイモの芽が出てきた。ようやく、「畑の季節」到来だ。
来週あたりは、少し土寄せして、ついでにカボチャの種を植えてみよう。
真夏はキツイけど、今なら楽しい農作業。

<映画批評>
怪しい彼女
昨年公開の韓国映画だ。
一言で言うなら「ひみつのアッコちゃん」の逆バージョン。
女手ひとつで育てた息子は大きくなって今や国立大学の先生。その嫁さんとは仲が悪く、孫二人もイマイチな状態で自分はレストランで働いている。
そんなおばあさんが突然、神様のいたずらで二十歳の娘に逆戻りするお話。
娘になってもしゃべり方や考え方はおばあさんのままなのが笑える。
そして絶世の美女ではないが、かわいい娘さんがばあさんみたいな歩き方をしてズケズケと毒を吐く。。
歌のうまさが幸いして、ついにメジャーデビューするも大事な孫の命を救うためにばあさんに逆戻り。
最後はホロリとさせるストーリー。
ものすごく奇抜な発想も無ければ、大どんでん返しもないけれど、何故は笑えて泣ける映画なところがいい。大好きですよ。こんな映画は。
それにしても主役の人が、なんかイモトに似ている気がする。。。
ときどき繰り返して観たい映画になりそう。万人の方におすすめな映画です。
評点:79点

追伸
晴れてれば、明日は道満公園でホントに最後の花見をしよう。。
[PR]
by naruto-hinata | 2015-04-04 16:00 | osampo写真 | Comments(0)