デジカメ一眼レフ開眼への道

degiichi.exblog.jp

デジタルカメラ一眼レフの初心者と言いつつもう九年目に突入しました。多少の日々の成長と物欲ぶりに乞うご期待!

ブログトップ

<   2015年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

朝は農園、夜は月見

5連休のすぐ後の土日なので、ずっと休んでいるような気がする。。
ところで我家の畑はいよいよ”秋モード”に突入ということで、サイマイモ、ヤーコン、ナスを除いて、リニューアル。
大根、小松菜、さやえんどう、サニーレタス・・・といってもこんなものかなぁ~
適度に雨が降るので、今年は収穫が期待できるかも。
ネットで調べるとヤーコンの葉と茎は健康茶になるということで、昨日葉の一部を収穫して、蒸した後は天日干ししてます。(干し作業は室内が主なので、臭~い!)
カラカラに乾燥したら、お茶してみよう。
SONY α6000
c0187503_2012890.jpg

元気なヤーコン。もうすぐ黄色い花が咲くんじゃないかな。(キク科だから)

先週種まきした、さやエンドウが芽を出した。このころはかわいい。
c0187503_20154748.jpg


よその畑ではニンジンが綺麗だった。
c0187503_2017752.jpg


ぼちぼち娘たちも起きるころだ。
河畔散歩はほどほどに帰宅としよう。
c0187503_2018551.jpg


そして、夜は”中秋の名月”
Lumix G6
c0187503_2020819.jpg

実家のじいさんに電話したら、神戸も綺麗な月だそうだ。よかった。

<映画批評>
セッション
若きJazzドラマーと鬼先生のお話なんだけど、、、
前評判がすごくいいんだけど。。。
私はダメでした。
有名音楽大学で先生のスパルタ教育を受けながら、うまくなるお兄ちゃんが主役で、スパルタ先生(この人、これでアカデミー賞獲った。)が助演。
もっと純粋に音楽が楽しめるのかと期待したが、この映画、どうみても戦争(軍隊)映画と同じ構図だ。
ちょっと見込みがある生徒を見つけては、ビシビシとしごいてゆく先生。最後は生徒が壊れてしまい、自分をその責任をとわれて退学。お互い憎しみのみが残る。
でも最後のシーンでは。。。
「巨人の星」と「軍曹のしごき」を足して2で割ったような映画。
なにより。出てくる奴らが”ジコチュー”なのが、観てて辛いょ。
できれば音楽を題材にした構成にしてほしくなかったなぁ。
評点:63点
[PR]
by naruto-hinata | 2015-09-27 20:36 | 農園写真 | Comments(2)

クロコロまんまる。

今度は11年後に巡ってくるという”秋の連休”も今日が最終日。
結局、遠出はしなかった。。。
まぁいいでしょう。平穏無事だったから。
連休中の畑作業・・
・かぼちゃの蔓を撤去(45Lのゴミ袋に11袋!)
・大根、小松菜、さやえんどうの種まき
・いただき物のサニーレタスの苗(約100個)を畑と自宅ベランダのプランターに定植
こんなところかな。
晩秋には、サツマイモ、ヤーコンの収穫がまっているのだ。

畑から自宅に戻れば、クロコロがこんな感じでお出迎え(?)
単に昼寝なんだけど。(右下の足は私・・・)
SONY α6000
c0187503_20302567.jpg

平和が何よりだよ。

<映画批評>
麦子さんと
監督さんはそれなりに”腕を持った”方のようだ。
でもキャスティングとして、堀北真希は良かったのか・・・
優柔不断なヒロインと堀北さんはちょっとマッチしないけど。。。
お話は、久しぶりに兄妹の前に母親が現れて、あっという間に同居を始める。
そして、ポックリ(?)死んだあと、故郷に納骨に行く娘の麦子さんが亡きお母さんと関係のあった色々な人たちと係わるというもの。
最後の麦子さんと葬式の日の兄。本当の気持ちはこうなんだ。。いろいろあったけど。
あまり押しつけがましくない演出に好感が持てた。

今年の本命(?)である、”セッション”を観る前に、ちょっと寄り道して観た映画。
評点:66点
[PR]
by naruto-hinata | 2015-09-23 20:41 | ダラダラ写真 | Comments(0)
ヨーカドーで”一人ボッチめし”食べて、樹林公園に出かけた。
この時期、撮るモノはこれしかない。”彼岸花”三昧!
SONY α6000 + Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8
c0187503_180339.jpg

せっかくの連休だけど、どこにも行かないの?と近所のおじさんに言われてしまった。。。
「受験生居ますから・・・」といったものの、関係ないね。
要は出不精なだけですよ。
c0187503_1822314.jpg

公園内は意外と人が少なかった。気がする。。
みんな遠出かな?
SONY α6000 + E 50mm F1.8 OSS
c0187503_1844360.jpg

この時期、公園で彼岸花を探すのは容易いものだ。
ただ、蚊に刺されない努力は必要だった。
c0187503_1861247.jpg


明日は連休最終日だ。けど長女との昼食が唯一のイベントだ。

<映画批評>
フォックスキャッチャー
有名(?)なデュポン家御曹司の殺人事件を題材にした映画。
驚くことに、登場人物は皆、実名のままで映画化。(まだ、生きている人も沢山いるのに、よくこんな映画ができたものだ。。)
ロス五輪のレスリングで金メダルを獲得したシュルツ兄弟とデュポン氏との関係を暗~く描いている。
実話だから、サスペンスでもないし、スリラーでもない。アメリカ三大金持ちの一人であるデュポン氏は広大な自宅にレスリング場を作り、”コーチ”と称して有名選手を金で集める。
”チーム・フォックスキャッチャー”だ。
武器だって、いっぱい買い集めている。
要はレスリングおたくで戦争おたくで愛国者。
そんな彼がシュルツ弟にソウル五輪でも金メダルを獲らそうとする、自分がコーチで。
話は不穏な音楽とともに段々と暗~くなる。そして、、、
俳優陣の演技は正にアカデミー賞級かも知れないが、暗~くて嫌~なアメリカをここまで描いて見せて、アメリカの観客はどうすればよいのでしょう。。
評点:65点

チャッピー
出た!やった!!おもろい映画!!!
第9地区が大当たり。(傑作です)
エリジウム・・・う~ん。イマイチ
だった、ニール・ブロムカンプ監督。
今度は、めちゃいい!
悪の巣窟と化した南アフリカはロボット警官を多数採用。
そんな中で、ポンコツとなったロボット警官にAIをプログラミングするお話。
AIで生まれ変わったチャッピー君は頭の中が子供から大人へと成長するが、なにせ育ての親がヤクザ(なぜか名前がニンジャなんだけど)だから、ガラが悪くなるのだ。でも強盗や殺人は良くない!ことは知っている。
面白いのは、段々そのヤクザ(ギャング)達がいい人に見えてくること。
テンポもよく、音楽なんかターミネーターみたいだし、シガニー・ウィーバーとヒュー・ジャックマンが脇役だし、、
ちなみに、この監督さん、エイリアン5の脚本を担当するそうだ。楽しみ。
こういう映画は、家族でも観たいぞ!!オススメじゃよ。
評点:80点
[PR]
by naruto-hinata | 2015-09-22 18:52 | osampo写真 | Comments(0)
連休の中日、畑の土はまだ水を吸い込んでいるので、そのまま乾くまで放置。
ホームセンターに残り物のジャガイモの種イモを探しに行くも”不発”!
今年は、秋植えのジャガイモは諦めよう!!
午前中のプレミアムなお買い物を終え、ふっと思い立って板橋の美術館を訪ねた。
今日のイベントは「まぁ!オモシロ江戸屏風」
館蔵品の展示なので、写真撮影OKなのだ。しかも無料!!
狩野探幽作「風神雷神図屏風」
SONY α6000 + Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8
c0187503_195055100.jpg

14時過ぎに行くと、ちょうど学芸員さんが作品の解説をするギャラリートークが始まっており、私もそっと参加することにした。
一言に屏風と言っても、いろいろあるものだ。。
これなんかは「なんでこの絵が屏風になるの??」てな感じだ。
c0187503_19533943.jpg

司馬江漢の作品で、どうも当時の洋書の挿絵を模写したものだそうだ。不思議。

これは、宮尾登美子さんの「天璋院篤姫」という本の表紙に使われた絵なんだとさ。
酒井道一作「桐菊流水図屏風」
実物は群を抜いて艶やかで綺麗!
c0187503_19573372.jpg


これも有名らしい・・・河鍋暁斎作「龍虎図屏風」
c0187503_19593058.jpg


最後は柴田是真作「貝尽図屏風」。
題名通り、貝でいっぱいな作品。漆を使って描かれた独特の技法だそうな。
c0187503_2041938.jpg

車で10分のところにこんないい所がある我が家も悪くないでしょう。

帰りは、これまた久しぶりの赤塚植物園。
SONY α6000 + E 50mm F1.8 OSS
c0187503_206258.jpg


c0187503_2075449.jpg

まさにホッコリとした日曜日だった。

<映画批評>
カラスの親指
道尾秀介作品の初映画化作品。動画無料サイトで観た。
序盤、中盤までは適度な緊張感と少しだけ笑える部分があり、なかなか面白かった。
能年玲奈は”意外”と良かった。再発見。事務所ももっと使ってあげなさいよ!彼女を。
でも最後20分はホントに必要だったのか??
そもそも劇中で、「これはこうだったんだよ!」という説明が始まるとダメでしょう!金田一じゃあるまいし・・
観ている人に、あぁぁ、あそこが伏線だったのか。なるほど。と感じてもらえるのが映画でしょう。
この監督さん、山田洋二の弟子だったらしいが、そんなことも教えてもらってないの?
それともTVを見慣れた人たちを対象にした堤氏みたいな映画を作りたかったの?
途中までは、70点超えの勢いのあった作品が、最後でこけて、、、
評点:62点
全く、残念な作品だ。
ついでに石原さとみという女優さん、正直申し上げて役に恵まれてません。。かわいそうでした。
[PR]
by naruto-hinata | 2015-09-20 20:21 | osampo写真 | Comments(0)
我が家にもやってきた”プレミアム”。
プレミアム⇒上等、上質、割増(プレミアだよね)・・・
で、プレミアム商品券!
c0187503_2011558.jpg

貧乏な我が家は、少しだけ買いましたが、最高で50万円分ぐらい買えるんだよね・・・
でも今年の年末までにすべて”消化する”必要あり。
こんなの昔もあったよね。。
結局、無駄遣いの原資になるのがオチでしょう。
などなど散々ブーブー言っても手に入れてしまうわけ。

さぁ、セッセと市内で消費しましょう!

<映画批評>
味園ユニバース
大阪、千日前の味園ビル。子供のころはTV宣伝もやっていたように記憶する、大阪ミナミの”名所”だ。
ここの地下一階のユニバースは今や貸しホールとなっている。ビル全体は概ね、巨大なお食事処なんだけど。
そこでのコンサート風景はラストのみだが、関ジャニの渋谷氏の歌唱力(?)を前面に押し出した映画なんだな・・・
舞台は刑務所⇒路上乱闘⇒野外コンサート・・・どれも金が掛かってないが、ある意味で嫌みの無い映画だった。後で調べたら”リンダリンダリンダ”の監督さんだった。。。納得。
すごいインパクトがあるわけでもなく、メッセージもさほど感じないが、何となく最後までしっかりと観ることができた。それだけで及第点でしょう。
ラストのコンサートでの渋谷氏の笑顔と二階堂ふみの存在感(珍しく)が光った。
評点:65点

ちなみに、昔の同僚が近々このビルでコンサートするらしい。
行ってみたいけど、ちょっと遠すぎる。。残念!
[PR]
by naruto-hinata | 2015-09-14 20:36 | ダラダラ写真 | Comments(0)
今日は久しぶりに知り合いのおっさんと二人でアール・ヌーヴォーのガラスの壺を観た。
これって”芸術鑑賞”というより”綺麗なモノをみる”という感じでハードルを下げることができたような気がした。

汐留に行くために有楽町から新橋まで歩いてみるとそこは結構、見どころが満載だった。
”有楽コンコース”とはとても読めないよ!けどいい感じ。。
Lumix G6 + VARIO G 20mm f1.7
c0187503_22141310.jpg

味わいのあるガード下。(大昔、ここでジョイナー夫婦に逢ったぞ。自慢にもならないが、)
c0187503_22203717.jpg

シャンテ前にはゴジラも居る。娘ならもっと迫力ある写真が撮れるだろうに・・・
腕の無さ痛感!
c0187503_22234031.jpg

この後、”すしざんまい”と美味しいコーヒー屋で愚痴をこぼってあってましたよ。
皆、年とると大変なことが多いのね~。私なんか序の口かな。

帰りも新橋⇒有楽町間を散歩してると、ビールのフェスティバルに遭遇。結構派手にやってましたよ。
でも、ビールが苦手な私は公園内を一周して退散。ホント酒が飲める人がうらやましい。
Lumix G6 + G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6
c0187503_2227969.jpg

壁のレリーフが気になった。なぜ、豚?
Lumix G6 + Carl Zeiss T* Planar 45mm F2.0 (G)
c0187503_223116.jpg

そうそう、なんか懐かしい感じもしてしまう公衆電話にもシッカリと説明文がついていた。
c0187503_22324659.jpg

土日のこのルートは基本、ガラガラで、お店も暇そうなところが多いように思えた。景気は回復してるのか??

<映画批評>
博士と彼女のセオリー
今年のオスカー俳優が演じるホーキング博士は正に”そっくりさん大会”だ。
でも物語としては、実に人間臭いもので、奥さんにフォーカスを当てている感が強かった。
また、ホーキング博士が二度結婚して、二度離婚していることは知らなかった。(子供も三人いるらしい)
大変失礼な言い方になるのだが、「ホーキング博士=頭脳のみ」という印象しかなかったが、恋愛をする普通の人間だと映画は語っている。そして、別れた最初の奥さんとは今の旦那さんも交えて親交があるとのこと。大げさな演出は無い映画だが、生きてりゃ良いことあるよ!というセリフはこの人だから臭いならないセリフなのだろうな・・・
評点:68点
[PR]
by naruto-hinata | 2015-09-05 22:49 | osampo写真 | Comments(2)