デジカメ一眼レフ開眼への道

degiichi.exblog.jp

デジタルカメラ一眼レフの初心者と言いつつもう九年目に突入しました。多少の日々の成長と物欲ぶりに乞うご期待!

ブログトップ

<   2016年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

一応、会社は7連休。
されど、子供たちは学校に行っているので、家族総出のイベントは一切なしだ。
そんな訳でいつもの美術館と植物園巡りということ。
まずは美術館。(今日は無料公開日)
SONY α6000 + Carl Zeiss T* 28mm f2.8
c0187503_21561519.jpg

なんかすでに観た作品も多く、滞在時間は20分ぐらいだったような・・・

お次は植物園。(ココはいつも無料)
SONY α6000 + E 50mm F1.8 OSS SEL50F18
<<藤>>
c0187503_2203562.jpg

園内では写真展も開催されており、コジンマリとしていながらもそこそこの”値打ちあり”でしょう。
なんかバランスの悪い写真だが、、、これぐらいしか掲載するモノがなかった。
<<シャガ>>
c0187503_2243332.jpg

写真自体はまさに不作な日ともいえるな。。

<映画批評>
ヴィジット
いまだに”あのシックスセンス”のM・ナイト・シャマラン監督という枕詞が付く、、
いつまで過去の栄光を引きずっているのか、単に配給会社の戦略なのか。。
とにかく観た。DVDで。
しかも超珍しいことに娘と二人で。
お話は・・・
シングルマザーの二人の子供たちが初めておじいちゃん、おばあちゃんの家を訪ねる。
でも母は別行動。なぜか、それは若いころ家出して勘当されてるからなのだ。
ちょっとロシア人みたいな顔立ちの15歳のお姉ちゃんはカメラ持参でドキュメンタリー作品を撮ると意気込んでいる。潔癖症の弟は自称”ラッパー”だ。このふたりがおじいちゃん、おばあちゃんの奇行を目の当たりにして恐れおののく映画です。でも老人ならではの行動も多く、なんか、私には笑えないじゃないの、、
お話自体は最後の”どんでん返し”以外はなんかホッコリしていて時々笑える。その点は好印象なのだ。
特におばあちゃんからある言葉を引き出そうとするお姉ちゃんの努力は涙ぐましくもあり、家族愛を感じてしまう。ただ、この監督さんのパターンなんだけど、あんまり”伏線”が効いていないだよね。
だから観終わってからの印象の劣化がすこぶる激しい。でもなぜか断片的なイメージはずっと頭に残ってしまうという不思議な監督さんだ。。
でも点数は辛いッスよ。
評点:66点
[PR]
by naruto-hinata | 2016-04-30 22:26 | osampo写真 | Comments(0)

浮世絵三昧の日です

今日は以前から行きたかった「国芳」「国貞」展に参上。
Olympus OM-D E-M10 + Vario G 20mm f1.7
c0187503_20543049.jpg

なかなか人気の会でしかもこんなに浮世気ばかり見るのははじめてで疲れたョ。
c0187503_20575556.jpg

なかなかいいよね。なぜが一部の作品のみ撮影OK。
ただどう見ても手抜きでしょと思える作品と力作があり、これも浮世絵という芸術の特徴かなと思う。
江戸の人たちはこんな絵をどこに飾っていたのだろうか。。
座敷のふすまの穴隠し?
西洋人も興味を持った日本の美術に堪能。
c0187503_212729.jpg

同行したお友達はそのままスポーツジムに消え、私はコーヒー飲んでいっぷくの後、畑のジャガイモの芽かき。

今日も充実の日々。

<映画批評>
バクマン。
いゃ~。おもろいわ!!
大好きな映画になりそう。
大根監督の作品は初めて観るが、こんなことならもっと早く観ておくんだった。。
ストーリーのテンポ、音楽の使い方、そして映像美(?)etc.
漫画家を目指す高校生二人が主人公。
そしてライバルの天才漫画家(これも高校生)。
同じ漫画家を目指す仲間たちもいる。思いを寄せる女の子も。
なんだか、青っぽいストーリーだが、そこがいい。
この映画を観て久しぶりに思い出したことがある。
そういえば、私も小学生のころ漫画を描いていた。ノートに何冊も。。
それは同じクラスに居た”天才漫画家”の影響だった。
学校の休憩時間にはいつも数人が彼を囲んでいた。
彼は、口で擬音を発しながらそして次々新しいキャラクター(ほとんどがクラスの生徒だったような気がする)を登場させながら、、、
ものすごい速度で絵を描いていた。
彼の自宅は漫画本で埋まっていた。
バクマンの天才漫画家を見て、磯野君を思い出した。
それだけでも私には最高に映画だ。
最後、同じく原作マンガの「ちはやふる」を今、猛烈に観たいです。。
評点:80点
[PR]
by naruto-hinata | 2016-04-16 21:03 | osampo写真 | Comments(2)

週末、ブラブラ写真

先週末は大阪で飲み会(私は飲みませんが、、)があり、時間があったので大阪城近くを散策。
西日がまぶしいぞ。
Sony α6000 + E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS
c0187503_20252178.jpg

お連れは、いつもよく懐いてくれるK君。色気”0”です。
こちらは外人さんのカップルかと思ったが、近づいてみるとバリバリ日本人だった。。
c0187503_20272348.jpg

この後、なんか不思議な中華料理やで宴会となり、楽しいひと時をすごし、その後は三田(さんだ)経由で、いざ、実家へ。

翌日は実家の神戸で最後の桜を楽しむ。
花はかなり散っていたので、彩度を思いっきりあげてピンクに色付け。(水彩画モード)
c0187503_20291095.jpg

最後は、土筆。
昔は近所の土手で土筆を採って、家に持って帰って食べたな。。袴とりが面倒だったけど。
c0187503_20302853.jpg


こんな週末を過ごしたわけですが、実家の両親はちょっぴりピンチ。
さて、どのように介護すべきなのか・・・かなりの難問だ。

<映画批評>
四月物語
岩井俊二監督作品。またも無料動画で拝見した。
岩井さんの監督作品の有名どころはDVDで持っているが、正直フルで観たことが無い。すみません。。
ただこの映画は上映時間が一時間とちょっとなので、タルミなく観れるだろうと踏んでみた。
実際その通り、飽きることなく観ることができたし、凄く好印象が残った。
好印象その1:とにかく主演の松たか子は”女優としては”やはりいい!とても美人とは思えないが、見ていて飽きないというか、演技者としての魅力は感じることができる。草むらでたたずむ顔が最高だった。
好印象その2:田舎から上京し武蔵野という中途半端な田舎で暮らす東京の生活、、いいなぁ
好印象その3:有名人をちょい役で使いまくる贅沢な配役。冒頭の親子共演は笑える。
こんな映画なら、何度でも観ます。岩井さん
いつか「スワロウテイル」「リリイ・シュシュのすべて 」「花とアリス 」観ます
評点:75点
[PR]
by naruto-hinata | 2016-04-11 20:36 | 神戸帰省旅行 | Comments(2)
今日、4月3日は妻の誕生日。
そこで本人と子供たちのリクエストで川越のパンケーキ屋さん”マチルダ”でお食事会。
Olympus OM-D E-M10 + G Vario 20mm f1.7
c0187503_2161934.jpg

パンケーキも甘いバージョンと肉や野菜を乗せるショッぱいバージョンがあり、なかなか楽しめた。
左下はキーマカレー、右下と左上は鶏肉、そして右上はサツマイモ入りのスイーツパンケーキ。
お客さんは若い女の子が主で、あとはカップル、子供連れ。
この店にはおっさんはほぼ来ないらしい。が、私は2度目。
ちなみに1度目は、一人で来たぞ!

パンケーキをたらふく食ったあとは、クレアモールを散歩し川越駅に。
女性群が買い物に勤しむ中、私は西雲寺と川越八幡神社を散策。
西雲寺
Olympus OM-D E-M10 + SIGMA 60mm f2.8 dn
c0187503_21131173.jpg

川越八幡神社
Olympus OM-D E-M10 + G Vario 20mm f1.7
c0187503_21142057.jpg

”桃”が厄除けとは知らなかった。桃太郎もそこからきているそうな・・・
桃に願いを・・・

今日は観光客のほとんどがサクラ目当てなので喜多院に集中したのだろう。
他の神社は空いており、なかなかのマッタリ感がいい感じだった。
[PR]
by naruto-hinata | 2016-04-03 21:16 | osampo写真 | Comments(0)
今日は、古~くからのお知り合いのS氏と都内を散歩。
当然、”さくら”がお目当てなんだけど、まさに花曇りで、肌寒かった。。。
一応、今日のベストショット
とろける様な桜の花びらなのだ。
Sony α6000 + E 50mm F1.8 OSS SEL50F18 + 接写リング
c0187503_20341969.jpg

もう少し、ピントを合わせるとこんな感じ。
c0187503_20351582.jpg

<今日一日の行動>
朝はいつもの畑巡り(水遣り程度だけど)
そうそう、ジャガイモの芽が出てきた!
カボチャは全然だ。去年もそうだったような気がする
そして有楽町線で有楽町まで、そこから東京駅まで地下を歩き、KITTEに到着。
S氏と落ち合い、そこそこ高い親子丼を食べて、散歩開始だ。
昨日までは浜離宮コースだったが、桜の開花状態で急きょ、皇居(へへ・・シャレか)
Sony α6000 + E 50mm F1.8 OSS SEL50F18
c0187503_20401641.jpg

最初は人波に飲まれて(揉まれて)、明日まで公開の皇居内部散歩コースを行くつもりだったが、人混みが苦手のじいさん二人は別コースを選択。
ここは皇居内の音楽堂”桃華楽堂”。名前の通り、桃の花が咲いていた。
Olympus OM-D E-M10 + SIGMA 30mm f2.8 dn
c0187503_20434212.jpg

空はどんよりだったけど、60歳近い爺さん二人はよく歩いた。
c0187503_2045449.jpg

逆光で攻めたかったけど、今日は背景色でカバー
c0187503_20485374.jpg

鳥もいた。動体視力が弱点のおっさんだけど、マニュアルフォーカスで奇跡(?)の1枚
Olympus OM-D E-M10 + Carl Zeiss T* SONNAR 90mm f2.8
c0187503_20504184.jpg

東京電機大の入学式を挙行している武道館を通り抜け、千鳥ヶ淵に。まさに定番のショット
Sony α6000 + E 50mm F1.8 OSS SEL50F18
c0187503_20535342.jpg

北の丸公園を抜け、最終地点と決めていた靖国神社へ
c0187503_20553940.jpg

実はここが一番混んでいた・・・
それでもすでにバテバテ状態になったおじさんたちは、休憩をとるために茶店でたこ焼きを食す
看板通り、オオダコ入りのたこ焼きに感心!でも缶ビールは600円!
c0187503_20582053.jpg

せっかく来たのだから、拝んで帰ろうと意を決して境内に突進したまでは良かったが、さい銭箱までたどり着かずに撃沈。(だいたいココで何を拝めばいいのか、、、一応、家内安全にしておこう)
Olympus OM-D E-M10 + SIGMA 30mm f2.8 dn
c0187503_2102935.jpg

そして、何とか館の中で”永遠の0”越しに桜をおがむのだ。
c0187503_212413.jpg

さて、これからどうして帰ろう。。ということになり、とにかく飯田橋まで歩くことに。
ドトールで一服して、せっかくだから外堀沿いの桜も見ようということになり、市ヶ谷まで散歩を延長
Sony α6000 + E 50mm F1.8 OSS SEL50F18
c0187503_214880.jpg

S氏の万歩計(スマホ)を見ると13,000歩。やった!ノルマ(?)達成!
これから数年後には売るほど暇を持て余す我々だが、体力は今より落ちていることだろう。
ちょっと鍛え直す必要がありそうだ。。
[PR]
by naruto-hinata | 2016-04-02 21:07 | osampo写真 | Comments(2)