デジカメ一眼レフ開眼への道

degiichi.exblog.jp

デジタルカメラ一眼レフの初心者と言いつつもう九年目に突入しました。多少の日々の成長と物欲ぶりに乞うご期待!

ブログトップ

<   2017年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

今年はいろいろありました。。
1月:定年退職
   ↓
2月:新しい職場
   ↓
7月:母他界
   ↓
12月:風邪(どうでもいいけど、、)

来年はよい年にしたいです。

c0187503_16040775.jpg

ということで、恒例の映画批評BEST5!!と行きたいところですが、
寝込んでいる間に3本追加で観ました。

<映画批評>
ダンケルク
今年一番期待して観た映画だったかも。
しかし、正直申し上げて趣味じゃないな。
イギリス人の”ダンケルク魂”を余すところなく表現したかったのかな。
ストーリー、構成ともにクリストファー・ノーラン監督らしくない切り味だったような気がする。
途中で事故で死ぬ若者の話は要るの?フランスのためにイギリスの将軍がひとり居残り?何それ?
映像は相変わらず文句ないけど、イギリス人としての思い入れが強すぎたな。たぶん。。
評点:72点

SING/シング(吹き替え版)
これもそこそこ期待して観た。
クライマックスの”とり”だったMISIAは別格として、長澤まさみの歌声がとても印象的。
映画としても、とてもいい出来だと思った。ただ、インサイドヘッドみたいに心突き刺さるお話ではなかった。
最後、恋人と逃避行するネズミの無事を祈るばかりだ。
評点:72点

キセキ
これは期待せず観た。
やっぱりね。。という感じ。でも中だるみと最後に工夫があれば70点越えも、、と思ったけど。
”GREEEEN”の実録ものでリーダーの実兄が仕掛け人という私としての新事実のみが収穫か。
評点:65点

映画鑑賞年間ベスト5!
1位:メッセージ
  →いうこと無し!BEST1!!でも生涯BESTとは言えないかな・・・
   SFというジャンルでここまで切ない人間ドラマを描いたことに拍手喝采です。
   何度でも観ることができる映画です。(実はまだ、一回しか観てないけど)
   ブレードランナー2049の出来がよかったら、なかったのにね。。
2位:ラ・ラ・ランド
  →冒頭の高速道路でのシーンで圧倒され、最後のむなしさに腹が立ちつつ、落胆する映画
   こいつはすでに3回観たが、これも飽きない映画。作ってくれてありがとう。監督さん。俳優さん。
3位:ハドソン川の奇跡
  →これもいい映画。トム・ハンクスってやっぱいいい俳優さんだね。良作でしょう。
4位:PK
  →インド映画、万歳!ほんとインドは駄作を作らないのか・・・そんなことはないだろうけど。
   宇宙人君のトリッキーな所作は日本人がやったらダメなパターンだろうね。
   ストーリーもよく練りこまれていてうれしい映画だった。これからもインド映画観ます。
5位:何者
  →朝井リョウ原作も読んだけど、最後のシーンをどう扱うのかだよね。
   後味はよくないが、心に刺さる部分はあった。全体の内容は粗い・・・
   「何様」も読んでみるか・・
次点:ブレードランナー2049、マイマイ新子と千年の魔法、ムーンライト

つづいて
ワースト3!
1位:進撃の巨人 2
   タイトルも忘れたいほど。
   こんな映画もあるんだな・・・
2位:進撃の巨人 1
   ワンツーパンチです。。
   ある意味で歴史的快挙でしょ。
3位:バイオハザード(ファイナル)
   このシリーズはすべて観たが、1作目以外は観る価値無い!終わって万歳!
次点:寄生獣 完結編、セル

今日までにちょうど60本(ダブりはノーカウント)。
来年は70本が目標かな。

良いお年をお迎えください。

[PR]
by naruto-hinata | 2017-12-31 16:52 | 映画批評 | Comments(1)

クロ兎

娘が買ってきた(もらってきた?)帽子
コロは暴れるけど、クロは大人しいから、こんなことになった。。
Olympus OM-D E-M10 + VARIO G 20mm f1.7
c0187503_21035770.jpg
この後、ちょっぴり暴れてましたが、、


[PR]
by naruto-hinata | 2017-12-27 21:04 | ダラダラ写真 | Comments(2)

メリー・クリスマス!

c0187503_19523534.png
今週末は大阪→神戸の予定だったけど、恒例(?)の風邪ひきであえなくダウン。
完全自宅待機でございます。。。じいちゃん、ごめん・・

でもおかげで家族とクリスマスを少しだけ味わった。
私はうどん。家族はチーズフォンデュ。
そのあとは、ショートケーキでお祝い。
Olympus OM-D E-M10 + VARIO G 20mm f1.7
c0187503_19560724.jpg
置物は従妹からのプレゼント。
長女はマカロン付きケーキに感激!
c0187503_19583129.jpg
神戸のじいちゃんには悪かったけど、、、
年明けまで待って頂戴ね。


[PR]
by naruto-hinata | 2017-12-24 20:03 | ダラダラ写真 | Comments(0)
今年のサツマイモは不作だ。
理由は、植え付けがいつもより二か月近く遅れたこと。
狭い畑を有効利用するためにはジャガイモの収穫を終えてからサイマイモの栽培に入る我が家の事情。
つまりジャガイモの植え付け、収穫が遅れたので、すべてのスケジュールがずれ込んだということ。
仕方ない・・来年やり直し。植物は正直者だ。。これが農業というものです。。
でも、少ない収穫もデザートにすれば、少しはいい気持ちになるものだ。
ヘンなモードで撮影したから、変な色!
Olympus OM-D E-M10 + VARIO G 20mm f1.7
c0187503_18121355.jpg
不思議な色でしょ。
おいどん芋の”ムラサキ”と”白”のツートンなのです。
上に卵黄を塗ってオーブンで焼いたので、マダラ模様です。。。
味には関係ないし・・皆で食べましょう!

近所散歩は健在なんだけど、カワセミ君にはフラれっぱなし。
せっかく、望遠ズームを持ち歩いているのに・・
コサギと寒椿で補っておきます。
Olympus OM-D E-M10 + Lumix GVARIO 100-300mm f4.0-5.6
c0187503_18191065.jpg
c0187503_18214246.jpg
だんだん寒くなって朝の散歩を敬遠しそうになるけど、週に1,2度の事だからシッカリこなしてゆきますよ。。

<映画批評>
ちょっと今から仕事やめてくる
今年は日本映画はそこそこ観たかな。
字幕を追っかけるのが、辛いのも理由です。
しかし、この映画も「やっぱりお前もか・・」てな感じで、やたら補足説明が多い!
映画って観るものに判断を委ねる部分が必要でしょ。一から十まで説明を聞いて納得するのはTVだけで十分。
日本映画だけの特性なのか、、、
内容はブラック企業の社員が最後は南国で”自由”になる!というお話。
しかし、ブラックなのは営業部長だけなんですけど、、、こんな会社いっぱいあるよね。
誰からも”余裕こいたおっさん”にしか見られない私ですから、ピンとこないだけなのかなぁぁ
評点:62点

LIFE
毎度おなじみの宇宙もの。
そしてエイリアンの登場。
でもこのエイリアンはどう見てもクリオネそっくりで、可愛いのです。
最後はちよっと怖い顔になっていたが、、
お話は火星探査で採取したものからリクオネ君発見。
いろいろなモノをエサに大きくなってゆく。
そして知能(本能みたい)のあって厄介な奴。
真田広之さんもやられてしまいました。
今度は、地上で大暴れかな・・??
はい、お終い。
暇つぶしに観る映画かと思います。
評点:66点

[PR]
by naruto-hinata | 2017-12-17 19:17 | ダラダラ写真 | Comments(0)

久々の上野、美術館散歩

家で昼飯食べて、上野の東京都美術館に行ってきました。
今日はSEL1635Z一本で勝負!(何の勝負・・?)
SONY α7 + SEL1635Z
c0187503_22351989.jpg
ココではゴッホ展を開催しているので、かなりの人出だったが、へそ曲がりのわたしはこっちですよ。
==「REALISM」(現代の写実)==
こんな作品の連続です。写実が超大好きな私にはストライクなイベントです。ホキ美術館所蔵の作もあり。
個人的には写実は人物画がおすすめ
c0187503_22395197.jpg
でも静物も悪くない
c0187503_22404741.jpg
日本の七人の画家の作品を集めたイベントなんだけど、”カメラ撮影OK!”も写実ならではモノかも。
写実絵画をカメラで撮るのは愚行と作家は思っているのかな。それともカメラに収めてもホンモノでしょ。と言いたいのかな
c0187503_22443517.jpg
会場内は人も多くないのがうれしい限りだ。
c0187503_22454182.jpg
今日は特別に学芸員さんの一時間半に及ぶ解説も付いていたので、一度作品を観て、講演を聴いて、また観るというスタイルで
結局夕方までとても楽しめたのです。
c0187503_22480851.jpg
”写実”と一言でいっても写真を越えるほどの作品、記憶の中の写実etc.分類できるらしいけど、、
どうでもいいよ。面白いと思えれば、、
c0187503_22494617.jpg
c0187503_22550687.jpg
c0187503_22555591.jpg
来年の1月8日までやっているので、また来るかも。。

<映画批評>
ブレードランナー (最終版)
言わずと知れた、先日映画館で観た「ブレードランナー2049」の第一弾の最終編集版
大昔に原版は観た覚えがあるが、正直ほとんど覚えていない。
たぶん、SFアクションをイメージしてこの映画を観たほとんどの人が感じたものは共通しているだろう。
絵は凄いし雰囲気はあるが、話がモタモタ、ジメジメしてなんだかなぁ。。。
それに最後、なぜこうなるの??
そんな疑問が一回観ただけでは払しょくできず、なんとなく否定的な感情が芽生えた。
今回改めて観てみてもすべてを肯定できる作品とは言えない。
ただ、あの時代の作品としては、あまりにもすごいと思わせる部分が多い。
評点を付けるのはおこがましいが、、主役のハリソン・フォードの表情(演技)がなんかイマイチ。
2049のライアン・ゴズリングの無表情さと悲しい演技の方が正解な作品ではないかと思ってしまった。
評点:75点

銀魂
これは以前アニメで劇場公開した紅桜編の実写版ですな。。
こんなふざけた映画に出た俳優さん達が結構良かった。
特に白目むいて鼻くそほじる橋本環奈は良かったね。
あの太り方も演技、演出の一環なのか・・ホントに太ってしまったのか・・疑問だ。
ただ、できれば紅桜編以外の題材で実写してほしいなぁぁ
評点:72点

22年目の告白 -私が殺人犯です-
この映画、悪いとは思わないけど、なぜこの俳優陣なの?が最大の疑問であり、失敗のような気がする。
野村周平が整形して藤原竜也になるか??まぁどうでもいいけど。
仲村トオルの起用はTVドラマの「眠れる森」を連想してしまい、演技以前の問題でシラケた部分。
終盤に入る前に何となくこの先が見えてしまったのとおめでたい日本の警察に乾杯!ですよ。
評点:69点



[PR]
by naruto-hinata | 2017-12-09 23:22 | osampo写真 | Comments(0)
今日はソニーさんのユーザ向けサービスの一環”αアカデミー”に参加です。
今まで参加したものはすべて基本講座(座学)だったけど、今日は体験コースと銘打った清澄庭園の風景スナップ。
おまけに以前から使いたがった”SEL70300G”までお貸しいただいて参戦なので、腕が鳴るのぉぉ。
というか鳴る腕なんか持ってないし・・

まずは銀座のソニーに集まって、レンズをお借りし、地下鉄に乗って清澄白川駅→清澄庭園へ。
SONY α7 + SEL1635Z
c0187503_18064836.jpg
参加者を待ってる間も撮ってまっせ・・・
SONY α7 + SEL70300G
c0187503_18081596.jpg
ここも押さえろ!と講師さんから聞いていたスポットも
SONY α7 + SEL70300G
c0187503_18093910.jpg
ぬぉぉぉ。。!なんかいい感じだこのレンズ。高いだけのことはある。
画面が水平じゃないのは許してくれ!
皆さん集まったところで、入園して、ここからは自由行動なのです。そして三人の講師さんがサポートする体制は、なかなか親切だ。
SONY α7 + SEL70300G
c0187503_18130106.jpg
空も良く晴れて、湖面も青々・・・
確かに晴れてはいたが、ここはデジタルカメラの威力というべきか、前もって色調を青色に補正してます。(これも講師の指導です。)
今までは、ナチュラル設定がほぼ定番だったが、確かにデジカメの能力はこの辺にも生かすべきなんだよね。。。
20年以上デジカメ使っていて、今更な感じ。。
SONY α7 + SEL70300G
c0187503_18191166.jpg
そもそもソニーカメラは派手さが売りだったような気がする。カメラ特性はフル活用だ。
SONY α7 + SEL70300G
c0187503_18205079.jpg
途中で講師のお姉さんからHDRやエフェクターの効果的な使い方を教えていただいたが、、
すぐに忘れた!!要は思いっきりカメラを使い倒すしかないのでしょ。
SONY α7 + SEL70300G
c0187503_18234530.jpg
参加者は私のようなおっさんとおばさんそして若いお姉さんとバラバラで、機器もα7系とα6000系とマチマチなんだけど、
ソニーの場合、基本操作はほぼ同じだし、電池も共通なのが有り難い。
これで電池の持ちが良ければ言うことないが、、、
入園してちょうど一時間で終了!
SEL70300Gをお返しし、私の機材でも撮ってみることに。
SONY α7 + SEL1635Z
c0187503_18281755.jpg
集合写真のつもり。(20名以上の参加で盛況です。)
バッグにはCarl Zeiss planar t* 1.4/50とSonnar G T*90mm f2.8しのばせているのだから、コイツらにも外の空気を吸わせてやるか・・
SONY α7 + Carl Zeiss planar t* 1.4/50
c0187503_18295992.jpg
レンズが明かる過ぎるので、ISOは50に抑えて撮った
SONY α7 + Carl Zeiss planar t* 1.4/50
c0187503_18362312.jpg
*90mmf2.8作品はカット。
それにしてもこういう散歩はいつものそれとは異なり、新鮮そのもの。
腕は兎も角、意欲は湧いてくるのだ。
SONY α7 + SEL1635Z
c0187503_18390416.jpg
今度は夜の銀座を散歩するコースでも申し込むかな・・
最後は紅葉で〆!!
SONY α7 + SEL1635Z
c0187503_18402216.jpg





[PR]
by naruto-hinata | 2017-12-02 18:40 | osampo写真 | Comments(0)