デジカメ一眼レフ開眼への道

degiichi.exblog.jp

デジタルカメラ一眼レフの初心者と言いつつもう九年目に突入しました。多少の日々の成長と物欲ぶりに乞うご期待!

ブログトップ
先週金曜日から今日まで休みを取ってました。
といっても昨日までは神戸で爺ちゃんと遊んでました。??
今日は某金融機関に行って、そのあと洗車して午前中が潰れ、午後から珍しく昼寝を返上して散歩です。
我がα7君のご機嫌伺い。
乗蓮寺の山門。かなり光が入り込んでいる。。レンズ性能かフィルターのせいか・・全く判らんよ。
それなりの味わいということで、許容しておきましょう。
Sony α7 + Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS
c0187503_1724029.jpg

東京大仏も16mmで撮るとこんな感じ。
c0187503_1726145.jpg

年のせいかこのレンズでも重く感じる。。単焦点が恋しいのぉ・・
35mmのf4(開放)でもそんなにボケない。広角ズームとはこんなものなんだね。
c0187503_17281750.jpg

c0187503_17302685.jpg

気を取り直して(?)、植物園に移動。今日は暑かったけど、蚊が少なくて助かった。
ぼちぼち蚊の活動時期も終わりか?そうなるとおじさんカメラマンの本格活動開始。
上を向いて16mm(f8まで絞って)で撮ったけど、もっときれいな森を探して再度チャレンジだな。
c0187503_17331935.jpg


おっとコイツも持ってきたんだ、、1枚ぐらい撮ってやらないと・・
むむ。なんかこっちの方がきれい?
Sony α7 + FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS
c0187503_17375574.jpg


最後は農園のコスモス畑
Sony α7 + Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS
c0187503_1742194.jpg

やっぱり、16mmの超広角は被写体と空だよね。

今月、来月とSonyさん主催の講座に参加予定。ちょっとだけでも”技”を仕入れないと。

そういえば、いままで絞り優先でしか撮ってない。(いつもそうだけど、、)
次回は色々試さねば。
[PR]
# by naruto-hinata | 2017-10-10 17:44 | osampo写真 | Comments(0)

フルサイズを味わう

数か月ぶりに自転車に乗って散歩です。
散歩のお供はSony α7。
エントリー系フルサイズ?
そんなカテゴリーあるの??
まぁ、どうでもいいけどね。
まずは古民家園へ・・
Sony α7+ FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS
c0187503_17034150.jpg
"FE"ですよ。。レンズキットだけどね。
明るいところはこんな感じで。

c0187503_17051246.jpg
暗いところはそれなりに。
c0187503_17123836.jpg
c0187503_17134755.jpg
いつも使っているOlympus OM-D E-M10と操作性がやや似ているので使い易い。と感じる。
気をよくして、さらに散歩は続く。
するとわが町には珍しいおしゃれなレストラン発見!
もう午後3時過ぎなので、カフェオレのみ注文。
c0187503_17174759.jpg
店の雰囲気はいい!。味はまあまあ・・
最後はいつも散歩のお供”Carl Zeiss T* Biogon 28mm f2.8”で店内撮影
c0187503_17220694.jpg
いいんじゃないの・・
手振れ補正の無いカメラは広角から標準のレンズをメインに使うのが定石。たぶん。
また、散歩が楽しくなるのぉぉ。

<映画批評>
サンダーハウスルール
Amazonプライムで無料配信していた映画。
何といても原作がガープの世界のジョンアーヴィングで主演がシャーリーズ・セロンなら見ないわけにはゆかないでしょう。。
孤児院で育ち、医者で院長のおじさんを手伝いながら生活していたもう一人の主人公(スパイダーマンの人)がやがて孤児院を出て、農園で働くことになる。(ここがサンダーハウスなんだけど)
黒人たちと寝食を共にしながらも、農園主の息子の彼女と仲良くなる。。。いつもながらややこしい設定だ。
最後は事故(?)で亡くなった院長の代わりに孤児院に戻ってゆくスパイダーマン。戦争で半身不随になった農園主の息子とこれから生活するであろうセロンさん。なんとも切ない話だが、お互いが吹っ切りているのがこれまたジョンアーヴィング作品らしい。
いろいろアラもあって高評価はつけ難いが、、、原作とセロンさんだからやっぱりいい作品だ。
評点:75点

チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~
なんじゃ、このタイトルは??
最初から全国制覇は決まっているのね・・
この監督の作品は「映画 鈴木先生」で痛い目にあっているが、今回もそんな感じ。
主役の広瀬すずとハーゲンダッツのお姉さん(中条あやみ)その他、出演している俳優さんがすごく頑張っているのに、、
なんじゃこの演出は!!
前半のグダグダは忘れてもいいけど、最後のチアダンス演技はもっと真剣に撮影してほしかった。撮影に耐えるだけの練習を皆していたのではないかと想像するから。
監督を替えて、取り直しだ!!そしたら、80点あげます。
評点:63点




[PR]
# by naruto-hinata | 2017-10-01 17:43 | osampo写真 | Comments(0)
c0187503_07343822.jpg
今どき60歳ごときでは年寄ではないけれど、ここでは違うらしい。。
10時まで、朝食プレゼントあります。アンケート付きだったけど。。(申し訳ないので、追加でポテトを注文)
善は急げ!!老人の皆さん。

<映画批評>
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス
シリーズ第2弾がなぜかリミックス??まぁいいけど。
やはり、前作は傑作だっただけに、それを越すことはできませんでした。。
今度も愛あり、涙あり、大雑把なアクションありのちょっと下品なスペースファンタジー。
そして、スタローンのちょい役出演。主人公の父ちゃんや妹出演。。話題性はあるのかもしれないが、、、
ちょっと残念なまったり感あり。
まぁ、第3弾に期待だね。
評点:77点(期待を込めて)

[PR]
# by naruto-hinata | 2017-09-18 07:53 | ダラダラ写真 | Comments(2)

定番。赤塚散歩

秋晴れというには、ちょっと暑すぎたけど、赤塚散歩に出かけてみた。
お決まりのルートだけど、赤塚美術館→赤塚植物園→乗蓮寺のコース
今日は美術館所蔵品の展示だからカメラ撮影OKなのだ。。
SONY α6000 + Carl Zeiss Biogon T*28mmF2.8
c0187503_18361734.jpg

昔から猫は可愛がられていたんだね~
c0187503_18384384.jpg

ウチの爺さんの手がまともに動いていたら模写してもらうんだけど。
今は字もうまく書けない。。
c0187503_18405166.jpg

気を取り直して植物園に。
毎度の写真展もやってたけど、いまいちピンとこなかった。
自分の写真もピンとは来ないけどね。
蚊に刺されるのが嫌なので首から蚊取り線香を吊るして散歩だ。
c0187503_18431736.jpg


最後は乗蓮寺。
今日は結構晴れてたので「光と影」でテーマなんだけど。。ダメだ。
紅葉の時期までに腕をあげたい。。無理か・・
それにしても、Olympus pen-fが欲しいぞ!!

<映画批評>
ロストバケーション
ずいぶん前のDVDを観た。
まあまあだよね~この映画。
金はかかってないようだけど。
サーフィンのお姉さんとサメの対決だ。
こんな強いお姉さんなら安心して観られるね~
こういう短くてテーマがはっきりしている映画は好きなんだ。
評点:71点

009ノ1 THE END OF THE BEGINNING
なんだかなぁ・・という映画だけど、日本の低予算映画としては及第点かも。
言わずと知れたサイボーグ009のヤングアダルト版(?)の実写。
ただ、すごく頭のいい医者が杉本彩とは・・しかもその最終兵器がアンデッドで、かんたんに頭を撃ち抜かれ、あえなく沈没・・・なんだそれ。
でもアクションはまあまあだし、CGの低予算なりに頑張っていたように思う。許します。
評点:65点

[PR]
# by naruto-hinata | 2017-09-10 18:46 | osampo写真 | Comments(0)

これまた久々の平林寺

今日は妻と二人でまったりと散歩です。
平林寺は時々来てるけど二人で来るのは”お初”
Sony α6000
仁王門の前で仁王立ちしていた奥様の後をついてゆく私。。
c0187503_22253635.jpg

紅葉があまりに有名なこの寺もこの時期は見るものもなく観る者も居ない。
寂しすぎるのでモノクロで。
c0187503_162561.jpg

世界平和を願って散歩はお終いとしますかね。。
c0187503_16262698.jpg

子供たちが巣立った後は、こんな感じでブラブラするのかなぁ。

<映画批評>
ラ・ラ・ランド
今年5月末に国際線の機内で観て、今度は自宅でDVDだ。
こんな話題作ぐらいは映画館で観た方がいいんだろうな。本当は。
機内で字幕なしで観た一回目と違い、今回は吹き替えで、字幕付き。
終盤の女性の心変わりを心穏やかではなく観た一回目と異なり、今回はなんか切なさがこみ上げてくる感じだった。
つくづく人生はタイミングなんだよね~。
ピアノを弾きながらライアン・ゴスリングが妄想し後悔し、そしてニコッと笑って別れるラストシーンはなかなかのものです。
私にも人生の岐路はいろいろあったんだよなぁ~。ほとんど忘れたけど。
そんなことを少し思い出しながら、切なく観る映画です。私にとってこの映画は。
評点:85点
[PR]
# by naruto-hinata | 2017-08-17 22:34 | osampo写真 | Comments(0)