デジカメ一眼レフ開眼への道

degiichi.exblog.jp

デジタルカメラ一眼レフの初心者と言いつつもう九年目に突入しました。多少の日々の成長と物欲ぶりに乞うご期待!

ブログトップ

タグ:映画批評 ( 225 ) タグの人気記事

今日は昼前から”ザギン”の”ニーソ”でカメラのお勉強。
Sony α6000 + E30mm F3.5 MACRO
c0187503_17122042.jpg
2時間のお勉強が実践で生かせるか・・・
とにかく、そこそこためになったような気がする。。
ココは4階からソニー、3階まではニッサンなのだ。
だから、車も撮り放題。
c0187503_17162826.jpg
c0187503_17165695.jpg
なんかバットマンが出てきそう。

和光に戻って期日前投票しようとヨーカドーに行くと、長蛇の列。
係の人に聞けば、投票まで1時間待ちだと・・・や~めた!
これって行政ぐるみの選挙妨害じゃないの?
明日、台風が来るということで、たくさんの人が投票に来ることを想定したなかったということでしょう。
こんなことやってていいのかなぁ。

<映画批評>

・荒野はつらいよ~アリゾナより愛をこめて~

TEDでお馴染みのセス・マクファーレン監督主演のコメディ。

敵役にはリーアム・ニーソン、恋人(?)役はシャーリーズ・セロンその他大勢になんとバックトゥーザフューチャーの博士までそのままの姿で登場、、のハチャメチャなちょっとHで汚い映画。

休日の午後、暇なときに観るにはちょうどいいかも。リーアム・ニーソンの“お尻だし”が笑えます。

が、それだけの映画かな・・・

評点:69


・ムーンライト

う~む。。何という映画なんだ。

切ない、ゲイの黒人さんのお話なんだけど、そんなストーリーそのものより、映像、音楽など、映画全体が醸し出すとても奇異な映画かと。

まさに映画芸術と呼べる作品ではないかな、この映画は。

好き嫌いを論ずることなく、ただ、その映像を認めざるを得ない作品

ただ、第1幕のもう一人の主人公が第2幕では“死んだ”という会話の中で登場するだけとは。。これが人生なのかな。

評点:77


・名探偵コナン から紅の恋歌

今回はコナンより平次君の方が目立ってたな・・・

かるたがテーマなんて、どこかの映画(アニメ)を意識してませんか??

しかし、相変わらず安心して観ることのできる推理アクションアニメだ。

ぼちぼち飽きられてもいいんじゃないかと思うけどなぁ。

評点:61


・メッセージ

やっと観ることができた。本当は映画館で観たかったけど、DVDでの鑑賞となった。残念。。

噂に違わぬというか噂以上の映画だった。

形はSFなんだけど、物語はまさに主人公の人生そのもの。

宇宙人も出てくるが、それ以上に翻弄される人生が行ったり来たりの映画で、そこに変な説明も入らないところが良い!

下手な監督なら、とんでもない映画になったいたと思うから。

この監督さん、新しいブレードランナー撮ったんだって、、これも観るしかないね。

映画って、ズーと心の奥底に潜ませておく何かが在るか無いかで良し悪しが決まるような気がする。

そういう意味で、オーバーに言えば、一生何かが残る映画じゃないかな。この映画は。

将来必ず来る不幸な出来ことを甘んじて受け入れる主人公、幸せの次の不幸せをひたすら待つしかない虚しさに耐えるしかないとは。。。

一回/年の鑑賞をノルマにしよう。

評点:90点


[PR]
by naruto-hinata | 2017-10-21 17:35 | ダラダラ写真 | Comments(0)

フルサイズを味わう

数か月ぶりに自転車に乗って散歩です。
散歩のお供はSony α7。
エントリー系フルサイズ?
そんなカテゴリーあるの??
まぁ、どうでもいいけどね。
まずは古民家園へ・・
Sony α7+ FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS
c0187503_17034150.jpg
"FE"ですよ。。レンズキットだけどね。
明るいところはこんな感じで。

c0187503_17051246.jpg
暗いところはそれなりに。
c0187503_17123836.jpg
c0187503_17134755.jpg
いつも使っているOlympus OM-D E-M10と操作性がやや似ているので使い易い。と感じる。
気をよくして、さらに散歩は続く。
するとわが町には珍しいおしゃれなレストラン発見!
もう午後3時過ぎなので、カフェオレのみ注文。
c0187503_17174759.jpg
店の雰囲気はいい!。味はまあまあ・・
最後はいつも散歩のお供”Carl Zeiss T* Biogon 28mm f2.8”で店内撮影
c0187503_17220694.jpg
いいんじゃないの・・
手振れ補正の無いカメラは広角から標準のレンズをメインに使うのが定石。たぶん。
また、散歩が楽しくなるのぉぉ。

<映画批評>
サンダーハウスルール
Amazonプライムで無料配信していた映画。
何といても原作がガープの世界のジョンアーヴィングで主演がシャーリーズ・セロンなら見ないわけにはゆかないでしょう。。
孤児院で育ち、医者で院長のおじさんを手伝いながら生活していたもう一人の主人公(スパイダーマンの人)がやがて孤児院を出て、農園で働くことになる。(ここがサンダーハウスなんだけど)
黒人たちと寝食を共にしながらも、農園主の息子の彼女と仲良くなる。。。いつもながらややこしい設定だ。
最後は事故(?)で亡くなった院長の代わりに孤児院に戻ってゆくスパイダーマン。戦争で半身不随になった農園主の息子とこれから生活するであろうセロンさん。なんとも切ない話だが、お互いが吹っ切りているのがこれまたジョンアーヴィング作品らしい。
いろいろアラもあって高評価はつけ難いが、、、原作とセロンさんだからやっぱりいい作品だ。
評点:75点

チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~
なんじゃ、このタイトルは??
最初から全国制覇は決まっているのね・・
この監督の作品は「映画 鈴木先生」で痛い目にあっているが、今回もそんな感じ。
主役の広瀬すずとハーゲンダッツのお姉さん(中条あやみ)その他、出演している俳優さんがすごく頑張っているのに、、
なんじゃこの演出は!!
前半のグダグダは忘れてもいいけど、最後のチアダンス演技はもっと真剣に撮影してほしかった。撮影に耐えるだけの練習を皆していたのではないかと想像するから。
監督を替えて、取り直しだ!!そしたら、80点あげます。
評点:63点




[PR]
by naruto-hinata | 2017-10-01 17:43 | osampo写真 | Comments(0)
c0187503_07343822.jpg
今どき60歳ごときでは年寄ではないけれど、ここでは違うらしい。。
10時まで、朝食プレゼントあります。アンケート付きだったけど。。(申し訳ないので、追加でポテトを注文)
善は急げ!!老人の皆さん。

<映画批評>
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス
シリーズ第2弾がなぜかリミックス??まぁいいけど。
やはり、前作は傑作だっただけに、それを越すことはできませんでした。。
今度も愛あり、涙あり、大雑把なアクションありのちょっと下品なスペースファンタジー。
そして、スタローンのちょい役出演。主人公の父ちゃんや妹出演。。話題性はあるのかもしれないが、、、
ちょっと残念なまったり感あり。
まぁ、第3弾に期待だね。
評点:77点(期待を込めて)

[PR]
by naruto-hinata | 2017-09-18 07:53 | ダラダラ写真 | Comments(2)

定番。赤塚散歩

秋晴れというには、ちょっと暑すぎたけど、赤塚散歩に出かけてみた。
お決まりのルートだけど、赤塚美術館→赤塚植物園→乗蓮寺のコース
今日は美術館所蔵品の展示だからカメラ撮影OKなのだ。。
SONY α6000 + Carl Zeiss Biogon T*28mmF2.8
c0187503_18361734.jpg

昔から猫は可愛がられていたんだね~
c0187503_18384384.jpg

ウチの爺さんの手がまともに動いていたら模写してもらうんだけど。
今は字もうまく書けない。。
c0187503_18405166.jpg

気を取り直して植物園に。
毎度の写真展もやってたけど、いまいちピンとこなかった。
自分の写真もピンとは来ないけどね。
蚊に刺されるのが嫌なので首から蚊取り線香を吊るして散歩だ。
c0187503_18431736.jpg


最後は乗蓮寺。
今日は結構晴れてたので「光と影」でテーマなんだけど。。ダメだ。
紅葉の時期までに腕をあげたい。。無理か・・
それにしても、Olympus pen-fが欲しいぞ!!

<映画批評>
ロストバケーション
ずいぶん前のDVDを観た。
まあまあだよね~この映画。
金はかかってないようだけど。
サーフィンのお姉さんとサメの対決だ。
こんな強いお姉さんなら安心して観られるね~
こういう短くてテーマがはっきりしている映画は好きなんだ。
評点:71点

009ノ1 THE END OF THE BEGINNING
なんだかなぁ・・という映画だけど、日本の低予算映画としては及第点かも。
言わずと知れたサイボーグ009のヤングアダルト版(?)の実写。
ただ、すごく頭のいい医者が杉本彩とは・・しかもその最終兵器がアンデッドで、かんたんに頭を撃ち抜かれ、あえなく沈没・・・なんだそれ。
でもアクションはまあまあだし、CGの低予算なりに頑張っていたように思う。許します。
評点:65点

[PR]
by naruto-hinata | 2017-09-10 18:46 | osampo写真 | Comments(0)

これまた久々の平林寺

今日は妻と二人でまったりと散歩です。
平林寺は時々来てるけど二人で来るのは”お初”
Sony α6000
仁王門の前で仁王立ちしていた奥様の後をついてゆく私。。
c0187503_22253635.jpg

紅葉があまりに有名なこの寺もこの時期は見るものもなく観る者も居ない。
寂しすぎるのでモノクロで。
c0187503_162561.jpg

世界平和を願って散歩はお終いとしますかね。。
c0187503_16262698.jpg

子供たちが巣立った後は、こんな感じでブラブラするのかなぁ。

<映画批評>
ラ・ラ・ランド
今年5月末に国際線の機内で観て、今度は自宅でDVDだ。
こんな話題作ぐらいは映画館で観た方がいいんだろうな。本当は。
機内で字幕なしで観た一回目と違い、今回は吹き替えで、字幕付き。
終盤の女性の心変わりを心穏やかではなく観た一回目と異なり、今回はなんか切なさがこみ上げてくる感じだった。
つくづく人生はタイミングなんだよね~。
ピアノを弾きながらライアン・ゴスリングが妄想し後悔し、そしてニコッと笑って別れるラストシーンはなかなかのものです。
私にも人生の岐路はいろいろあったんだよなぁ~。ほとんど忘れたけど。
そんなことを少し思い出しながら、切なく観る映画です。私にとってこの映画は。
評点:85点
[PR]
by naruto-hinata | 2017-08-17 22:34 | osampo写真 | Comments(0)

久々の投稿<神戸編>

先月、母が他界してから何かと忙しくしている。
今回は初盆と満中陰志そして納骨と銀行回りです。
最終日の今日は最後の銀行での”お仕事”が思いのほか早く終わったので、新幹線に乗るまでの時間を利用して下界に降りた次第です。
何といっても神戸は高架下商店街!
朝10時を過ぎても、皆さん眠っているのかな?それともシャッター商店街なの?
それにしても見事だ。。
c0187503_20341761.jpg

仕方なく三宮から元町まで、普通の商店街を抜け、中華街へ。
ココにも居た。うちの長女が。。
c0187503_2036122.jpg

家では「スパイダー娘」と呼ばれいてる長女なのだ。
ひょっとしてこっちも似てるかも。なぜかお願いをしてる。。
c0187503_20373785.jpg

そして、元町に来たら必ず立ち寄る”老祥紀”。
ここの豚まんは最高!!お値段、お味ともに100点!!!6個食べて500円でおつりが来る。
c0187503_20384468.jpg

たぶん来月も来るな。。。

<映画批評>
ドクターストレンジ
なんかこの手の映画は観やすいんだけど、観た後でちょっぴり後悔するんですな。。
時間が無駄だったかな・・なんて。
腕利きの外科医が交通事故(完全に自身の不注意なんだけど)で手が動かない。。
困った挙句にインドの修行だと!
そして生まれ変わった体と能力で悪者退治。めでたしめでたし。
ホント、観てる人もめでたいよ。。
評点:65点

パッセンジャー
この映画、主人公の俳優たちが結構好きなので観た。
5,000名で宇宙のかなたに移住する巨大な船が隕石にブチ当たって故障。
そのせいで”冬眠”から目が覚めてしまった男の悲劇(?)。最後はなんだかホンワリと終わるのだが、なんだか甘々な映画ですな。
全然ダメとは言わないけど、、、
たぶん主演のジェニファーローレンスがギャラ取りすぎて、脚本家にお金が回らず、雑くなったのかも。。とにかく残念な作品
評点:65点

ドントブリーズ
評判がバリバリ良かったので、楽しみに観た。
結果、私にはちょっと合わなかったな。。。
悪ガキの強盗団が戦争で目をやられ、おまけに愛娘まで殺された退役軍人と対決(?)
ハラハラ、ドキドキ・・・?
なんかボケてる感じ。
最後はハッピーなんかな・・
大金を得た強盗をどこまでも元軍人さんが追っかけてくるならもっと面白かったかも。
まさか続編はないだろうけど、ジェイソンみたいに不死身のおっさん。ガンバレ!
評点:66点
[PR]
by naruto-hinata | 2017-08-15 21:00 | 神戸帰省旅行 | Comments(0)
今年もカボチャの季節がやってきた。
今や高級品と化した”日向カボチャ”です。
Lumix G6+G Vario 20mm f1.7
c0187503_2345717.jpg

今年は20個のカボチャ収穫が目標だったのに・・・
今日第一号を収穫し、今のところまともな実がなっているのが、4個ぐらいかな・・
早朝、受粉させた実もいつの間にか腐っている・・Why?

明日も受粉のチャンスだ。「果報は寝て待て」ではなく「努力が実を結ぶ」のだょ。
ちなみに食べごろは収穫後2,3週間経ってです。

<映画批評>
ロング・トレイル
爺さん二人が3,400KMの歩く旅に挑戦(?)する映画。
その二人がロバート・レッドフォードとニック・ノルティとは、、
特にレッドフォードの爺さんぶりは観てても怖い・・
そんな事より、この映画を見ていると無性に歩きたくなったり、キャンプに行きたくなる自分が怖い。
最後は限界がきてリタイアする二人だけど、ホントの最後は「また、歩きたい!」という映画。
心地いいんだけど、自分もできるかなぁと素朴に旅することを望んでしまう怖い映画です。
評点:71点
[PR]
by naruto-hinata | 2017-07-21 23:18 | 農園写真 | Comments(0)

かなり癒されています。

コロたちにかなり癒されてます。
Olympus OM-D E-M10 + SIGMA 60mm f2.8 DN
c0187503_914886.jpg


先々週の金曜日に母が急逝し、通夜、本葬、役所、銀行回りと目まぐるしかった先週。
母は耳が遠かったので、なかなか長話もできず、最近はかなり無口になっていたけど、
数週間前には一緒に近所の公園に散歩も行ったし、死んだ日の午前中もリハビリをしてたらしいし、、
そんなに急いで逝くこともないでしょうよ。。

残された父が心配だな。
自分なりにケアするしかない。

<映画批評>
マイマイ新子と千年の魔法
”あの”片渕須直監督の作品。
7,8年前の作品だけど、やっぱりいいね!
なにより、清々しさが残るのがいい。
”マイマイ”とは山口弁で頭のつむじの事だけど、主人公の新子のマイマイは頭のてっぺんとおでこにある。実は私も過去には同じようにてっぺんとおでこにつむじがあって、小学校時代はそこだけ髪の毛がピンと跳ねていたのだ。(今は、ハゲて跳ねる毛が無くなってしまったが)
奇遇だのぉ。。
「この世界の片隅に」から繋がる時代を生きた新子たちと私。
懐かしく、悲しく、優しい映画です。
評点:78点

ぼくは明日、昨日のきみとデートする
う~ん。
京都が舞台で、関西弁”0”とは、、
まぁ、それは良しとして、結局、女の子側の”一目ぼれ”から始まって、何も真実を知らない男の子を振り回す、めんどくさいお話??
そこにSFが絡んで、無限ループの世界に。。。
この二人、ここから抜けられなくなったら、どうするの?
しんどい関係やね~。
こういう映画が好きそうな娘に観せましょう。。
評点:60点

セル
スティーブン・キング原作作品。
いや~。
これまた、辛い映画だわ。。
携帯電話をかけてた人が急に狂いだすお話。
これって、携帯電話はほどほどに使いましょうというキャンペーンなのかな。。
テーマがちょっと無理を感じるし、最後の群衆シーン・・・そしてエンドロール後の??
もう少し作り方を工夫できなかったのかな。。
観終わって、”時間を損した!”感ありますよ。
評点:52点
[PR]
by naruto-hinata | 2017-07-17 09:31 | クロコロ | Comments(0)
梅雨に入って今のところ、まとまった雨は全く降っていないオカゲでやや遅れて植えたジャガイモも無事収穫できた。(まだ1/3残っているが、)
Olympus OM-D E-M10
c0187503_12513399.jpg

初めて作った「インカのめざめ」は小さくて収穫量は少なめ。(白っぽいヤツ)
試し掘りした「ベニアカリ」はまずまずの大きさ。(赤いヤツ)
「インカのめざめ」は栗のようにコリコリした食感で、かなりうまい!収穫量は問題だけど、来年もコレを作ろうと心に決めたのだった。「ベニアカリ」はまだ食べてないので未定。
かたや玉ねぎは、、、
c0187503_12583387.jpg

実は、昨年100円ショップで買った種を植えて、ひと冬越した”子玉ねぎ”だ。
普通の玉ねぎを作ったつもりだったが、大きいならないので”子玉ねぎ”と命名。
写真じゃわからないけど、普通の1/3ぐらいの大きさで煮物にでもするか。。食べられるものなら、、

この後は夏から秋にかけては「日向カボチャ」。
そして「サツマイモ」。(今年は苗が少なくて収穫が心配だけど)そして、「ヤーコン」。
合間に「トマト」、「インゲン」。。やる事、多いなぁ。家では。
仕事はボチボチで、昨日なんかは仕事中眠たくなって、途中で散歩に出かけたりして、、
そんな私をクビにしないでね。。

<映画批評>
ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち
ティム・バートン監督作ということで、ちょっと期待して観た。
舞台もお話も、こじんまりした映画という印象。
おじいちゃんが殺されて、その謎をさぐるために小さな島に行く。
そこで会う子供たちは皆、特殊な能力を持っている異質な人たち。
そして彼らを守るミス・ペレグリンは時間を操る人という設定なのだけど、、
深読みすれば、そこそこ楽しめる作品だ。
結局はファンタジー版の「小さな恋のメロディ」かな。。
ホントそこそこ面白いですよ。でもオススメ度はちょっと低いかな。。つまり、微妙。
評点:70点

リップヴァンウィンクルの花嫁
映画を見始めて、、「岩井俊二監督」という文字が画面に浮かぶ。。
しまった、観るの止めようか・・なんて思いながらも180分の長編映画を観てしまった。
この監督さんの作品は、いい感じの部分が必ずあるんだけど、時間の無駄とも言えるダラケた場面のオンパレード。(と思います。)
案の定、この映画もそうだった。。
ただ終盤登場のリリィさんだけは例外。(昨年末に亡くなったリリィさん、存在感抜群でした。)
いや~。上映時間を半分にしてくれたら、喜んで観ますよ、絶対。
評点:64点

聲の形
昨年の”アニメ当たり年”の一作。
耳の不自由な主人公と元いじめっ子のラブストーリー。
テンポはいいけど、そもそものお話の設定に乗り切れなかった私。
でも「君の名は」と同じぐらいの評価かな、、「君の名は」の自己評価は忘れたけど、、
主要登場人物の感情は割と細やかに表現できていて楽しめたかな。
うちの子供たちは、喜んで観るんだろうな・・・
評点:72点

マグニフィセント・セブン
荒野の7人のリメイクですな。。
開き直って言えば、「雑さの含めて楽しめる映画」でしょう。
ヒロインのヘイリー・ベネット(ジェニファー・ローレンスによく似てる)がやたら印象に残る映画でしたね。
主人公の私怨が入り混じった助っ人という設定はいかがなものか、、
それにしても、インデアンの参戦はちょっと違和感あったなぁ。。
評点:71点

湯を沸かすほどの熱い愛
末期がんがわかった母親が家族をまとめて去ってゆく。。
宮沢りえって、、女優としていいかも。それと娘役のお猿さんみたいな女の子も。
この監督さんの映画は、たぶん過去に未見だと思うけど、演出もよかったと思う。
ただ、最後のシーンは。。!!??
これが題名の意味なのか・・・
こんなのありでっか・・

恐ろしいもバカバカしい・・
評点:70点
[PR]
by naruto-hinata | 2017-06-17 13:49 | 農園写真 | Comments(0)
今週は5月30日から6月2日まで、タイのバンコクに居ました。
行く前は雨季だろうし、ムシムシしてやだなぁぁ。なんて思っていたけど、着いた日の夜のウェルカムパーティ中、ずっと雨だったけどそれ以外は基本晴れてました。☀
でも毎度おなじみの半日ツアーなんぞはなく、2日目、3日目とギッシリ会議で最終日は朝食後空港という強行軍で、ホテル以外は近所を小一時間散歩したのと、徒歩15分圏にあるショッピングセンターに行っただけですわ・・・
でもそこそこ楽しかったし、まぁいいか!

「ようこそバンコク!」
Olympus OM-D E-M10
c0187503_21183314.jpg

この”TERMINAL21”というショッピングセンターや近くの地下鉄などの入り口には金属(爆弾)探知機が用意させて物々しい状態でした。
というのも滞在中に地下鉄に爆発物が見つかるという事態も発生してましたので、、
微笑みの国”タイ”もヤバいな・・

このショッピングセンターは各フロアに東京、パリなどの名前がついており、そこそこ異国情緒の雰囲気ありましたぞ。。
最上階は映画館。なぜか邦画。
c0187503_21224487.jpg

地下は雑貨。なぜかダイソー。
c0187503_21234382.jpg

途中の階には、こんなものも。当然、ミニカー。
c0187503_21242488.jpg

お相撲さんが柱と相撲をとって、おっさんはそれを含めた自分撮り。その後ろでもう一人のおっさんが写真を撮ったわけです。
c0187503_21263194.jpg

そして最終の夜は「テロなんか怖くないぞ!」という人たちだけで、ホテルの外でどんちゃん騒ぎ(?)したらしい。その会場まではタクタクを飛ばして参上するという演出。
c0187503_21283922.jpg

ホテルの前はまるで暴走族の集会だ!近くにいた人たちも呆然・・・
c0187503_21293711.jpg

私は可愛い家族の顔が脳裏に浮かんで、、、ホテルに待機

そして昨日の午前中に空港へ行き、バンコクよさようなら・・・
c0187503_2131539.jpg


いったい、何しにバンコクまで行ったのか???

<映画批評>
>>全て、機内で鑑賞。
海賊と呼ばれた男
機内だから字幕見たくないので、邦画です。
しかし、この映画、”雑さ”が目立ちますなぁ・・
原作は日本国が大好きな百田さん。監督も「永遠の0」と同じ。(名前忘れた・・)
それにしても原作を詰め込み過ぎでしょう。そして自分なりの解釈もなく、だらだらと撮る芸の無さは何だ!
まぁむいいよ。おかげでレンタルする手間が省けたと思う事にしょう。
評点:54点

本能寺ホテル
これも、チッと辛いね。。
人生をあいまいに過ごしている綾瀬さんがホテルのエレベータでタイムトリップし、織田信長に会って惚れる。。そして人生のあり方を知るというお話。
小市民の悩み事と、一国を治めようとしている信長がシンクロするところは悪くないと思うけど、如何せん締まりがない演出だ。
いい演出家が作れば。。。とナイモノねだりしても手遅れですな。
評点:56点

ラ・ラ・ランド
これは邦画じゃないけど、タイ航空だから字幕もなかった。。かなり辛い。
でも会話中心の”ムーンライト”観るよりはいいだろうと思った次第です。
結果、大体の話は解るし、音楽はいいし、評価はさておき、いい作品だとは思った。
一番良かったのは、ミュージカル風の作品の割にお話が深かったこと。
悪かったことは、、、エマ・ストーンの目と口がデカくて怖かったこと。。かな
評価はレンタルでしっかり観てからにします。


デッドプール
また観た。三度目かな、、やっぱりこの映画が一番良かった。。口直し。
[PR]
by naruto-hinata | 2017-06-03 21:31 | お仕事写真 | Comments(0)