デジカメ一眼レフ開眼への道

degiichi.exblog.jp

デジタルカメラ一眼レフの初心者と言いつつもう九年目に突入しました。多少の日々の成長と物欲ぶりに乞うご期待!

ブログトップ

タグ:映画批評 ( 238 ) タグの人気記事

それほど「美味しそうだ!」とは感じないけど、ついつい気になる看板です。
c0187503_22381410.jpg

でも年取るとラーメンより蕎麦ですよ。
c0187503_22395134.jpg

と言いつつ、、、この日は「ファーストキッチン」のエビバーガー!

【映画批評】
<マネーボール>
ブラッド・ピットが弱小プロ野球チームのGM。エール大学卒の「オタクおにいちゃん」とチームを強くするお話。でもスポ根ものではない。もしろ、以前観た「ソーシャルネットワーク」的な雰囲気の映画。(私見ですよ)
ただ、「IT業界の風雲児」みたいな話よりはこちらの方が入り込めたかな。。。
破竹の20連勝をする試合でジンクスを破って球場に来たブラピ、そしてその試合が負けそうになった時、そそくさとトレーニング室に引きこもる姿。。数字に頼ったGMが見せる人間臭さ。
悪くない表現でしたよ。
でも私は子供の頃観た「蘇る熱球」や「フィールドオブドリームス」の方が好きですね。
評点:70点
[PR]
by naruto-hinata | 2012-05-15 22:50 | osampo写真 | Comments(2)
朝からホームセンターで畑の土や肥料を買って、その近所のお寺「寶憧寺」に寄ってみた。
ココにはカッパ伝説があるそうな・・・
c0187503_17393838.jpg

墓数はかなり多いから檀家も多そうだ。この辺りでは有名なお寺なのでしょう。
そう言えば、子供の頃の一番の遊び場はお寺だったな・・
我々が墓場をかくれんぼに使っていたけど、住職さんは怒らずに遊ばしてくれたよな・・・
さすが坊さんは心が広い。
c0187503_17491789.jpg

そうそう、このお寺をテーマにした写真展があるそうで、今月から作品を募集していた。
9月にお寺に展示するようだ。。。こんなのどうかな??(菩薩オンパレード)
c0187503_17502751.jpg


<映画批評>
監督失格
この映画は以前、結構人気があったらしいAV女優「林 由美香」死亡現場の第一発見者となってしまった映画監督が過去の映像を織りまぜながら林さんの思い出を綴ってゆくもの。
音声や映像がすこぶる悪く、その点では映画としての「質」は良くないだろう。
ただ、最後の監督のコメント、林さんのお母さんとの会話など、なかなか興味深いものだったし、究極のラブストーリーのような気がした。纏まりは全くないが、、
評点:68点
[PR]
by naruto-hinata | 2012-05-06 18:02 | osampo写真 | Comments(4)

番外。娘の作品

今回は結局、カメラの出番は少なかったけど、それでもそこそこ撮りましたよ。
そんな訳で「娘の作品」を掲載しましょう。

アウトレットは晴れてましたよ。
娘は「斜め写真」が好きなんです。
c0187503_21562790.jpg

近所に買い物の帰り道、道端には「力強い竹」。粘り強く生きてゆこう。
c0187503_2235111.jpg

一気に最終日。
ロープウェイからの景気は絶景。
c0187503_21582172.jpg

そして山頂には少女が待っている。
c0187503_2261633.jpg

さてどっちに行きましょうか?
c0187503_2274130.jpg

頂上からブラブラ散歩しながら、中腹まで下る。
ツタもこうして見ると迫力あるかも。
c0187503_2254268.jpg

「誓いの鐘」も下から覗くとゲンコツみたい。
c0187503_2272313.jpg

娘になんでこんな写真ばかり撮るの?と尋ねると、、、
「普通じゃない写真」を意識して撮るのだそうな。なるほど。メモメモ・・

映画批評
<猿の惑星 ジェネシス>
リメイクなのか、リニューアルなのか・・・
猿が人類を支配するきっかけとなるエピソードを人間の作ったウイルスをキーポイントに練り直した作品。
昔の「猿の惑星」のようなインパクトは無いが、CGが発達して、それはそれはよく出来た映像になっていた。アルツハイマーの特効薬が人間にではなく猿に効いてしまうところは、なんだかちょっと悲しいものですなぁ。
終盤、リーダーのチンパンジーをかばって銃で撃たれるゴリラなんか、もっと悲しい。
いつしか猿側に立って物事を観ている自分がそこに居る。
評点:70点
[PR]
by naruto-hinata | 2012-03-21 22:22 | 神戸帰省旅行 | Comments(4)

先週末から神戸でした。

毎度毎度の神戸です。
ただ、今回は長女と一緒なのだ。
最近カメラの前では笑顔を見せてくれなかった娘が今回は大サービス。(?)
(本ブログには掲載無しだけど)
神戸行きの目的はじいさん、ばあさんのお世話なので、娘をなかなか観光地にも連れて行けない。
仕方ないね。。。
でも最終日の今日は新神戸駅近くのハーブ園に行ってみた。
<こんな感じで、絶景なんだ>
c0187503_22184689.jpg

<乗り物はロープウェイ>
昨年リニューアルされただけあってかっこイイ!
c0187503_22193456.jpg

<スレ違いざまに変なおじさんと遭遇>
別に危ない訳じゃないけど、座ってましょうよ。
c0187503_22215484.jpg

ロープウェイで上がってみると、季節のせいか「ハーブ園らしさ」はあまり無かった。
仕方ないから、瓶詰めを・・
c0187503_2227284.jpg

お気に入りのお人形をどうぞ
c0187503_2233026.jpg

最後は意味も無い「ミニチュア」を
c0187503_22333987.jpg

ここはどうも、パラが咲く時期と夜景がよろしいようで、春先の昼間はちょっとイマイチですな。
でも、ロープウェイはかなり楽しめたので、ヨシとしましょう。
今度は、今回「お留守番」のお母さんと次女も連れて夜景でも観ましょうか。

映画批評
<ラビット・ホラー>
これって、題名通りホラー。。??
でも怖くない。
でもちょっと楽しめた。
主人公の女性(満島ひかり)と弟、父、母・・・の関係が面白いかも。でも怖くないょ。
映像は結構良かった気がする。劇場では”3D”と言うところが、やり過ぎじゃないのと思わせるけど。
ある種日本版「シックスセンス」か?(ちょっと言い過ぎだ。)
心を病んだ主人公の今と子供時代を織り込んでいるストーリーを作っているところは、結構楽しめましたよ。
ただ、最後のFQハイランドとのベタベタのタイアップで一気に興ざめするのは私だけじゃないでしょう。
評点:65点(興ざめ分−5点)=60点
[PR]
by naruto-hinata | 2012-03-20 22:44 | 神戸帰省旅行 | Comments(4)
我が家には「収集家」がいる。
一人はモチロン私なんだけど、、、
見よ!このコレクションたちを。
c0187503_20425346.jpg

ヒマな人は何体あるか数えてよ!正解者には、一体だけプレゼントしましょう。

ココは渋谷のスクランブル交差点か?
c0187503_20435139.jpg


一体一体、思い出が詰まっている・・・なんてことは無い!ほとんど覚えていないし・・
c0187503_20443012.jpg

by 長女
<映画批評>
「冬の小鳥」
なんとも切ない韓国映画なんだ。
親に捨てられ、施設に入り、やっと出来た友達と助けた小鳥も死に、そしてその友達も別れてしまう。
なんともこの子の人生いいこと無し。。。
そして自ら命を絶とうとして何かを悟ったようだ。それは人生なのか運命なのか。
そしてそれまでの自分に別れを告げて、変わってゆく女の子。
そんなお話を静かに語る映画だ。
こんな映画を観ていると邦画の「三丁目の・・・」みたいな薄っぺらな演出が腹立たしく思えるぐらいだ。商業的には成功し辛い題材をよくぞここまで映画化できる韓国。アナドレナイ。
評点:75点
[PR]
by naruto-hinata | 2012-03-08 20:57 | 卒業式 | Comments(4)
三日間の沖縄の旅。もうおしまいです。
久々にメリハリがあり、なかなか有意義なものでした。
最後は美ら海水族館の風景をもう一度。

冬の沖縄は花盛り。そこに背広姿のおっさんたちは実に似合わないものです。
私なんかTシャツを買い込んで、ひとり”別行動”ですよ。
協調性「ゼロ」ですから・・
c0187503_19504159.jpg


大水槽内の風景は圧巻。時間制限が無かったら、ずっと居たいものです。
c0187503_19525949.jpg


夏日だから、こんな「ミスト」も有り難い。でもカメラを抱えた私には迷惑な代物。
c0187503_19544755.jpg

次、沖縄に来るのはいつになることやら・・・
でも、長生きしてたら本島と離島を回りたいね。
そういえば学生時代、沖永良部島出身の友達がいたな。。元気かな。

ついでに<映画批評>
<ムカデ人間>
巷でそれなりに話題なので観てみた。
オランダ・イギリス合作映画なんだけど、準主役はなぜか日本人なんだ。それでもって舞台はドイツ。
内容は・・・これって「ホラー」?「オカルト」?
全然怖くないし、笑えないし、只々キモイだけ。
ドイツの有名な外科医(シャム双生児の分離手術の権威なんだと)が今度は人間を結合したくなった。
それで人を捕まえて、三人の消化器系をくっ付けて一つの生き物にする。ちなみに日本人男性が先頭でその次にアメリカ女性、、、(ちょっと想像してみて。想像したくない・・)
なんとこの映画は三部作で、すでに二部まで出来ている。当然、上映禁止の嵐。
映画の製作意図なんかどうでもいいけど、二度と観ないでしょう。観たい方は声かけてください。
評価:不能(不要)
[PR]
by naruto-hinata | 2012-02-23 19:44 | 農園写真 | Comments(4)

沖縄出張<二日目>

今日はみっちり「お勉強」。
気がつけば、すっかり日も暮れた。。。
<ホテルの部屋からのワンショットのみ。>
c0187503_2074872.jpg


おっと!忘れてた。TAAさんリクエスト(?)の首里城内の看板です。仲間さんを思い出してください。
c0187503_2092010.jpg


ちょっと寂しすぎるので久々の「映画批評」
<アジョシ>
韓国NO1”かっこいい俳優さん”ウォンビン主演、お相手は「冬の小鳥」主演の子役キム・セロン。
アクション良し、ビジュアル良し、物語もそう悪くない。でもかっこ良過ぎるよ。。。
それと劇中でもっとも惹かれたキャラクターは悪の用心棒(元ベトコンと呼ばれてた。)かな。
コイツが重要な役割を果たす。
日本映画より洗練されていてハリウッドよりリアルっぽい。
娯楽作品としては一級品でしょう。
評点:75点

<ゴースト・ライター>
去年、結構話題になった映画。
英国元首相の自叙伝のゴーストライターが溺死。その後釜のゴーストライター(ユアン・マクレガー)が秘密を暴く。そして・・・
いわゆるサスベンスなんだけど、こういう映画、イマイチ乗れないな・・・
大体、英国の元首相の奥さんと・・・なんか、ちょっとねぇ。
そして最後はあっと驚く展開!でもあまり驚かなかったし・・・
でも悪い映画じゃないですよ。サスペンス好きな方は年間ベスト級なんでしょうね。
評点:65点
[PR]
by naruto-hinata | 2012-02-21 20:22 | 農園写真 | Comments(2)
来月あるんだけど、市民農園の抽選が。
当たるかな?と思って、下見に来た次第。
僕の区画はどこかな?
c0187503_23471198.jpg

もし当たったら、まず芋を植えよう。それから大根も・・・
期待は膨らむのです。
c0187503_23493555.jpg


映画批評
<トランスフォーマー ダークサイドムーン>
いりゃイカン!
そもそもiPADにうまく登録できず、キャプチャーがバラバラになって、、、話がわからん。
それでも無理矢理観たけれど、、一言「オモロない」。それだけ。
第一作はそれなりに面白く、だんだん色がアセる典型的なパターンとも言える。
評点:50点
[PR]
by naruto-hinata | 2012-01-28 23:49 | 風景写真 | Comments(7)

バンパイア祭り

この前の日曜日に見つけた看板。
巷で評判(?)バンパイア・・・
c0187503_21374620.jpg

ということで、今日の映画もバンパイアもの。怖くて中には入れないよ。。
<モールス>
去年観た「僕のエリ 200歳の少女」のハリウッドリメイクものです。
元の「僕のエリ・・」は、なかなかのデキだと感心。
この「モールス」は、なかなか忠実なリメイクと思う。(感心ではない・・)
観る前から主役は大好きな女優(子役)クロエ・モレッツということで期待もできた。
ストーリー自体は大筋、元ネタをかなり忠実にトレースしているし、怖さ(トイレに行けなくなるような怖さではない)もまずまず、でも素人かつヘタクソカメラマンの私が言うのもなんですが、、この監督さん、イマイチ構図作り(カメラワークともいうのかな)がヘタな気がする。もったいない。。。
ただひたすらに主人公の二人だけにフォーカスが当たっているあたりは「僕のエリ・・」よりも好感が持てるのになぁ。
よくポピュラー音楽をJAZZシンガーがカバーするとかなり雰囲気が変わりますよね。
せっかくハリウッドなんだからそんな「粋さ」がほしいかな。
評点:65点
[PR]
by naruto-hinata | 2012-01-19 21:53 | 映画批評 | Comments(5)
今夜の夕食は次女がつくった。
これ、学校の「宿題」です。
<もりつけ>
c0187503_23716100.jpg

5時頃から作り始めて、ボチボチ7時。やっと完成だ。
<完成品>
c0187503_2383939.jpg

(右上)
父ちゃんがニトリで買ってきた器にはクラムチャウダーをパイ生地でフタをしてオーブンで焼いたスープ
(左下)
・豚肉でおにぎりを包んでタレを付けて焼いたご飯。
・サラダにトースターでカラカラに焼いたベーコンをのせてみた。
・ポテトフライにたらこソースをからませた。
>>お味は、☆いくつ??<<
時間はかかったけど次女が夕飯を全部作ったのは初めてだった。これからの休日は父ちゃんに代わって作ってちょうだい!

・・今年最後(?)の映画批評・・
<ちょんまげプリン>
いわば、”JIN”の逆バージョン。
江戸の旗本が現代にタイムスリップして母子家庭で居候。
そこで彼が才能を発揮するのが料理。しかも洋菓子。
話の展開やテンポは悪くないし、それぞれの俳優もそれなりの演技だった。
そんなに盛り上がるシーンが沢山ある訳ではないので、ケーキ大会で優勝するというシーンをもっと盛り上げれば良かったのでは?
最後、親子と一緒に暮らそうと決意した途端に江戸に逆戻りはちょっと淡白な感じ。
でも、佳作でしょう。
評点:70点

<REDLINE>
アニメです。。
声は”キムタク”と”蒼井優”。
最初から最後までカーレースです。
ただそれだけ・・・
全宇宙(?)規模のレースだから人間以外のキャラクターも多いが、ものすごく際立ったキャラクターは無い。。
レースは爆音轟いてますが、ただそれだけ。
話にはスピード感はあったけど、内容が薄いね。もう少し考えた方がいいんじゃないの。せっかく客呼べそうな声優を揃えたのに・・・
評点:55点
[PR]
by naruto-hinata | 2011-12-30 23:30 | 映画批評 | Comments(2)