デジカメ一眼レフ開眼への道

degiichi.exblog.jp

デジタルカメラ一眼レフの初心者と言いつつもう九年目に突入しました。多少の日々の成長と物欲ぶりに乞うご期待!

ブログトップ

タグ:映画批評 ( 223 ) タグの人気記事

ぼちぼち飽きたので止めようかと思っていた”ポケモンGO”だけど、近所の公園がピカチュー村(ピカチューの巣ともいう)になったので、最近買った電動アシスト自転車で参上つかまつった次第!
果たしてその成果は・・・
土曜日は40分ほどで5匹、今日は1時間ほどで8匹のピカチューゲットだぜ!
後、お隣の公園でルージュラ毎日1匹も。。。
なかなかの結果じゃないか・・ライチューに進化させてやるよ。
そんな風景がこちら。
SONY α6000
c0187503_17502061.jpg

変なおっさんがカメラ向けても全く気にしてない。。というかそれだけゲームに集中してるのね。。
c0187503_17503679.jpg

お台場みたいに人が溢れかえることもなく、お巡りさんも来ず、皆さん大人しくピカチューと戯れていました。
ただ、ある親子のお父さんがたまたまピカチューを見つけて、奥様に告げると、途端にテンションマックスとなったお母さん、今まで抱っこしていた小さい子供を下におろして「お母さんは今、忙しいから、立ってなさい!」。
思わず、笑ってしまいました。
平和な国だのぉ・・
<映画批評>
ちはやふる 上の句
期待が大きかっただけにつらいですが、日本映画としては、まずまずの出来では。。
上の句の主役はマツゲ君と机君。
それぞれの思いをにじませて、なかなかいい味出してましたよ。
主演の広瀬すずさんも原作のスレンダーで長身な女の子のイメージとはほど遠かったが、女子力“0”的な感じはそれなりの再現力です。というかもともと広瀬さんがそんな性格なんでしょうね。
映画の構成はそこそこ練りこまれていた気がします。
“仲間”を作りたい主人公の“かるたバカ”と仲間になった“かるたメンバー”たちの関係は清々しいもので、これぞ日本の青春映画の王道でしょう。
下の句はもうすぐ、レンタル開始。これもTSUTAYAさんから借りることになるでしょう。
楽しみ。
評点:73点


予告犯
切ない男の友情物語。
ある夜、五人の男たちが語り合ったそれぞれの“夢”が最後は叶うこととなる。
夢の実現は犯罪という糸でつながっているのだが、主犯のゲイツ君の夢はその前に実現していたのだろうから、残りのみんなの夢のために犯行を繰り返すことになる。
犯人を追いかける警察のサイバー隊長(女性)も途中(最初からかもしれない)から彼らの思いが解ることとなるが、最後は男たちの夢を叶える“手助け”をする。
正直、派遣社員の方は見ない方が良いかも、その時の心理状態によっては大きく落ち込むことになるかもしれないから。
映画の出来は・・・個人的には好きですよ。ただ、原作観てないから判らないけど、犯人たちの関係、犯行計画から実行までの過程がほぼ端折られて最後の“重さ”とつり合いが取れてない感じがするので、何とも中途半端は内容ともいえる。しかしなぜ、後半失速の映画が日本には多いのだろう。詰めの甘さ=日本人気質??
でも点数つけると・・・
評点:75点
とすごく良くなってしまう。だってこの手の映画が好きなんですよ。
ごめん!
[PR]
by naruto-hinata | 2016-10-02 17:53 | osampo写真 | Comments(2)
今日は連休初日だけど関東は雨という予報は埼玉の和光市付近ではハズレとなった。
昼間は晴れて洗濯物は乾いたし、布団も干した。
そして夕方近くにはカメラもって道満公園をブラブラだ。
そう言えば近々電動アシスト自転車が我が家に来るので、その時はここまで自転車で散歩だな。
Olympus OM-D E-M10 + ZUIOKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5
c0187503_1882317.jpg

自転車なんて久しぶりだから、転ばないようにしなければ・・・

<映画批評>
神戸在住
同名コミックのドラマ化。サンテレビ20年の企画だったそうな。
レンタル屋さんでタイトルが気になって100円で借りて観た。
そもそもコミックの方も知らないから予備知識”0”だったけど、いわゆる「小品」としてそこそこの作りをしていたと思い、ちょっとだけサンテレビを見直したのです。。
お話は主人公のどんくさそうな女の子が東京から神戸の大学に入学するところから始まる。
専攻は美術でそれを決心させた画家が神戸に居ることがお話の軸となる。
面白い!や驚いた!や素晴らしい!はないけど、なんとなく退屈せずに見ることができた。
これは自分が神戸出身だからかも・・・
随所に震災テーマもチラチラ、身体障害、同性愛・・・テーマがバラバラとあるんだけどまずまずまとまっていたと思う。
主役の藤本泉とおっしゃる女優さんは初めて見たが、可愛いしどんくさいというイメージにハマっていたが、はまりすぎてほんとにちょっとイライラした。どうでもいいけど。
コミックの方が面白そうな気もする。少し気になったのでamazonで大人買い。
来週神戸に帰ったら三宮と元町を歩くかな。。。
評点:70点
[PR]
by naruto-hinata | 2016-09-17 18:21 | osampo写真 | Comments(0)
子供たちはそれぞれが忙しいそうで、もう父ちゃんの散歩に付き合ってくれることはないのだろう。。たぶん
そこで、捨て猫の里親探しのNPO主催イベントに参加するということで奥さんを連れだして樹林公園を散歩。あいにくの雨模様だったが、その分、涼しく、人もちょっと少なくてうれしい。

昔はこんな感じで、我々もココに来たんだなぁ・・
年取ってまたこんな感じで散歩できるかな。。?我が家は
Sony α6000 + Carl Zeiss SONNAR 90mm f2.8
c0187503_1729239.jpg


今は花の季節でもない、興味を持てる題材が無い。
その分、ポケモン探しで力が入るわけだが、これまた不作。
オムナイト1匹、タッツー数匹・・
まぁ、いいよ。いつまでも”ポケモン、ゲットだぜ!”でもないし・・
今度は秋の樹林公園に期待しよう。
Sony α6000 + E 50mm F1.8 OSS SEL50F18
c0187503_17361656.jpg


c0187503_17363086.jpg


夕方は、迷走台風の襲来に備えて、伸びきったヤーコンの剪定とオクラを防虫対策。
木となったナスを抜き、草むしり。
今年はちょっと不作だったカボチャもボチボチおしまいの様子なので、次は玉ねぎと大根でも植えるかな。

<映画批評>
BORUTO(NARUTO The Movie)
おなじみのナルトの最新版(DVDだけど)
前回、前々回より良かったかな。
しかし、個人的には面白かった忍者漫画というより、ほぼスターウォーズ真っ青の超人漫画となってしまったNARUTO。。これでいいのか・・
今回は息子のBORUTOが主役かと思いきや、やはり最後はNARUTOとサスケの映画。
次回は、もともとの人情+忍者映画に戻してみてはいかがでしょう?
評点:70点

ちなみに、ウチの子供たちは”君の名は”を観たいそうな。
[PR]
by naruto-hinata | 2016-08-28 17:48 | osampo写真 | Comments(0)
暑い、暑い、、
時々雨は降るものの夏の暑さは一向に、、、どころか、ますます不快指数を上げてくる。
コロなんか、父ちゃんと違って、全身毛だらけだからこんな感じで、耐えている。
”座椅子のコロ”
Sony α6000
c0187503_23444121.jpg

しかし、一体この態勢が暑さ対策になるのか・・・

怒涛の連休も後半に入り、一層ダラダラ感が増している。
唯一の収穫はカボチャ4個かな。

<映画批評>
ゾンビスクール!
ホラーコメディというジャンルらしいが、恐怖感、緊迫感が”0”なんだから、単にコメディでもいいんじゃないの?
学校給食でチキンナゲットを食った生徒が変なウイルスに感染し、次々と子供たちがゾンビ化し、ダメ先生たちと対決する映画。
主演はロードオブリングのイライジャ・ウッド君なんだけど。。。どうしてこんな映画に出たのかな??
以前観たゾンビランドならまだ許すけど、、
連休の暇つぶし映画第一弾でした。
評点:63点

イット・フォローズ
これは一応ホラー映画。
評判もそこそこ良いようなので観た。。
結果、なんじゃこりゃ!!
ぜんぜん怖くないし、効果的な映像もほぼ無いし、ストーリーはいい加減だし、、
”感染映画”といえば、リングが有名だけど、今回の映画はストーリーに練りが足りない感じ。
ホラーにありがちな余韻(恐怖は続くよ、どこまでも♪)的なものも力不足、
連休の暇つぶし映画第2弾でした。
評点:60点

ギャラクシー街道
ウチの奥様に指示で100円レンタルで借りたDVD鑑賞
こここ、、これは一体、、
想像をはるかに凌ぐ駄作に遭遇。
あまりのひどさに、途中で入浴して体を清めてしまった!(意味不明)
以前は三谷幸喜作品と言えばちょっとは笑えたものだ。
「12人の優しい日本人」は今でも好きだ。
けど、今回のは、、ひどすぎるゾ!!
宇宙にする意味ないし、セットはチープ(これはワザとなんだろうけど)、なによりお話がヒドイ。
これで有名脚本家と言えるのか。
もう2度と観ないどころか、もう一度風呂に入って身を清めたい気分だ。
評点:35点
連休の暇つぶし映画の極み。
[PR]
by naruto-hinata | 2016-08-18 00:08 | ダラダラ写真 | Comments(0)
POKEMON GO大ヒット!
でも、トラブル続出!!
ホントにそんなトラブル多いの・・・?
まぁ、こうしておけば、「ほら。言ったでしょう・・」は言えるということか。
SONY α6000 + Carl Zeiss T* SONNAR 90mm f2.8
c0187503_18274439.jpg


今日はこの前みたいに、呼び出しをくらわなかったので、、
じっくりと植物園、乗蓮寺、そしてホームセンターへ。
c0187503_18293352.jpg

ここんところ、神戸行きが多かったので、今週はじっくりと部屋の掃除と散歩を満喫する週にするか。
c0187503_183058100.jpg

それにしてもポケモンってそんなに大人にも人気だったのか・・
駅まで車で数分走っただけで、”歩きスマホ”のポケモンハンター達がウジャウジャだ。
c0187503_18331950.jpg

だからお寺ぐらいは、スマホをやめて。。。と思っていたら、外人さん(アジアン)が自撮り棒持って、大騒ぎ。
やれやれ、なにもここまで来ることはないでしょう。。
c0187503_18344661.jpg

なんも無いよ。板橋は。。。

畑にはじめてオクラを植えた。(レディ・フィンガーという種類)
ふふ。。楽しみだ。虫に食われなきゃね。
c0187503_18364844.jpg


<映画批評>
スターウォーズ/フォースの覚醒
”エピソード7”ですな。。
学生時代、梅田のOS劇場のパノラマで第一作を観てからもう何年経つ・・・
物語を行ったり来たりさせる独特の手法がどうも気にいらないが、ホント久しぶりに観たスターウォーズ。
特撮がものすごいとは言い辛いけどそこそこの出来。ストーリーはかなり先読みできる内容。この続き(ルークとレイの師弟物語)を観るかどうかはとても悩ましいことだ。
正直、猿の惑星の方が性にあっていることは確かだ。
評点:69点
[PR]
by naruto-hinata | 2016-07-23 18:37 | osampo写真 | Comments(0)

約15分の散歩でした。。

今日で畑のジャガイモをすべて収穫したので、午後は久しぶりのご近所散歩に出かけました。
が、着いたところで家から電話。
「娘が忘れ物。駅に届けて・・!」
ということで、散歩は15分で切り上げた訳です。
であるから、いきなり暗い写真ですよ。
Sony α6000 + E 50mm F1.8 OSS SEL50F18
c0187503_2011013.jpg

それにしても今日は暑かった!
畑仕事で塩分はほぼ出尽くしたので、昼食は畑で獲れたナスをメインにした野菜の塩コショウ炒めでした。
c0187503_20133816.jpg

ここのところ、2週間に一度は神戸に行っており、やや疲れが溜まったかも。。
ただ、爺さんも手術が成功し、ばあちゃんも落ち着いているので、あまりあれこれ考えず、
病院と施設の皆様に頼ってみようということにしてます。
c0187503_2015204.jpg

よろしくお願いします。
( `・∀・´)ノヨロシク

<映画批評>
ブリッジ・オブ・スパイ
実話に基づいた映画ですな。
ドイツとロシアに捕虜となったアメリカ人とロシアのスパイを2:1で交換することにアメリカの弁護士さんが大活躍するという映画。
なかなか評判も良く、ちょっと期待して観てみた。
う~ん。ちょっと苦手な映画かな・・・
何となくアメリカ人たちの”どや顔”を思い浮かべていしまう映画なのです、私には。
俳優さん達も素晴らしいとは思うけど、、やっぱりダメだ。。。
こういう映画がオスカー獲るのかな。。どでもいいけど。
評点:70点

残穢(ざんえ)
日本のホラー映画なんだけど、正直、あまり怖くない。
なぜ??
だって、主役の二人(竹内結子と橋本愛)がぜんぜん怖がってないし、、、
炭坑で死んだ沢山の怨念が時代を越えて、ず~とずっと祟るのです。
でも橋本愛は怖くない。。ただ、それだけ。
評点:66点

あん
ハンセン病患者の苦悩(?)をチョッピリみせながら、あんこ作りの天才おばあさん(樹木希林)とイマイチやる気のない店長さん(永瀬正敏)と近所の母子家庭の娘さん(内田伽羅)のほぼ3人芝居です。
だから、なぜか水野美紀が母子家庭の母親役で出てきても、なんか中途半端に消えてるし、、、
なぜこの映画を観たかというと内田伽羅の成長が観たかったのです。ただ、それだけ。
そしてその期待は裏切られませんでした。
英国留学中にこの映画を撮ったそうだが、彼女が今後女優を続けるのかは知らないが、もし、本格的に活動をすれば、ナンバー1の若手女優になると思う。間違いなく。
さすが、樹木希林のお孫さんです。
2011年の作品、「奇跡」でそれこそ奇跡の演技をみせてくれた彼女から目が離せない私です。
映画自体はまあまあ良いかな。。。
海外でも上映されてるみたいだけど「ハンセン病を扱ったお涙ちょうだいの映画」的に扱われてるし、映画も後半はそれをかなり意識している様子。
むしろ、前半のコミカルな内容の方が数段良かったのに、、、残念です。
評点:75点
[PR]
by naruto-hinata | 2016-07-02 20:41 | osampo写真 | Comments(0)

長〜い一週間

今週何度目のサイゼリヤだったっけ・・・??
(Macbook Airのカメラ撮影)
c0187503_1483497.jpg

思い起こせば、先週土曜日に神戸に帰って来て今日で6日。
介護施設と病院への行ったり来たり。ほんと長い日々だ。
今日は明日の手術立会いに備えて(?)家の掃除洗濯そしてなぜか散髪をした。
それからアナログレコードを聴きたくなってプレーヤーを引っ張り出したが、1台目は死亡状態。全く動かない・・・2台目、、動いた!でもイマイチ回転が安定していない感じ。。でもPanasonicのレコードプレーヤーは偉い!
ジミヘンやジャクソンブラウンを聞いた。今夜はジョニミッチェルにするか・・・いやいやベンチャーズもあるぞ。
明日は朝、6時半には家を出て、1日病院で待機の予定。もっとも長い日になるだろう。
今日も早く寝よう。

<映画批評>
サニー
だいぶ以前の韓国映画だが、神戸に帰るということで我が家のライブラリーからチョイスして持って来たDVDの一枚。
高校時代の悪友たちが末期癌のリーダーのために集まる話。
ストーリーは現在と高校時代のシーンが入り混じって展開されるが、大変わかりやすい編集だし、何より
女の子(おばさんだが)たちの高校時代との変わり具合が何ともいい。
大金持ちになっているモノ、場末の飲み屋でくすぶっているモノ・・そして高校時代からクールでビューティな女の子はどうなった・・・それは最後の最後で。
さすが韓国映画だから何度も美容整形ネタが出てくるのも面白かった。
日本でも軽く作ることにできるジャンルの映画だが、この手の映画で観客は呼べないのが日本映画界の悲しい実情でしょう。その点では韓国は観客の映画に対する理解度(楽しみ方)が数段上手ということかな。
評点:77点

オデッセイ
マットデーモンさん主演の話題作。監督はリドリースコット。
なんか面白そうじゃないですか・・・
事故で火星に一人取り残された植物学者の宇宙飛行士が自分たちの排泄物を肥料にして火星でジャガイモを育てたり、廃材を利用して地球と交信したり、、地味だがサバイバル映画なのだ。後半、アメリカと超仲のよい(そんなわけないか・・)中国の協力を得て救出に向かう。映像的にはゼログラビティみたいにすごーい部分はほぼ無いと言っていいでしょう。ただ、アメリカ式人間賛歌的なパターンにはまった映画と言えるのでは。。嫌いじゃないけど、大好きではない、私。
評点:73点
[PR]
by naruto-hinata | 2016-06-09 14:43 | ダラダラ写真 | Comments(2)

ハタチのケーキ

長女は先週二十歳になった。
お友達に祝ってもらい、うれしそうだ。
いつもなら、家族で誕生日のお食事会になるのだが、今回は学校やバイトが忙しいそうでなかなか実施できない。
そこで、まずはケーキのみのお祝いということ。
Olympus OM-D E-M10 + G VARIO 20mm f1.7
c0187503_22102889.jpg

ちなみに本人が大好きなケーキ屋さんで選んだモンブラン。
前面のケーキは父ちゃんのイチゴのモンブラン・・・
なぜかテントウムシが乗っていた。
これからはお祝いどころか、家にも寄ってこなくなるのかなぁ。まぁそれも良しでしょ。

<映画批評>
クリード
= チャンプを継ぐ男 =
ご存知、ロッキーシリーズの最新作。
期待通りのワンパターンで、だいたいの筋書きが見えるという”ルーティーン・シネマ”
ただ、なぜか最後はちょっと感動する。
スタローンおじいちゃんは、かってのライバルであり友人のアポロ・クリードの隠し子のトレーナーになる。
そして、事実上の公式戦二戦目にして世界チャンプに挑戦だ!
そんなの有りか・・・
でもまぁ、いい。大方の予想を裏切って大健闘。そして最後・・・
おぉぉぉ!最後のワンパターンだ!!!
ここまで確実にストーリーが読めてしまう映画は他にはないだろう。ある意味、すばらしいことだ。
評点:72点(ちょっと甘いか?)
[PR]
by naruto-hinata | 2016-05-30 22:20 | 家族写真 | Comments(2)

仲良き事は美しき哉

ちょっと個人的に休暇をとって、実家で一仕事してきました。
年とると色々あるもんですなぁ~(意味不明)

我が家の猫は姉妹らしいが、なかなか仲が良い。
Olympus OM-D E-M10 + G VARIO 20mm f1.7
c0187503_20171020.jpg

甘えん坊のコロちゃん(右)とのんびりしたクロちゃん(左)は性格の違いがかえっていいんでしょうね。
人間も仲良くしてほしいものです。
c0187503_20184926.jpg

クロはなかなか父ちゃんには懐かないけど、まぁそれも猫らしくていいでしょう。

来月も”実家詣”では続くのです。

<映画批評>
野火
あの大岡昇平の小説をあの「鉄男」の塚本晋也が監督主演した映画だ。
この手の映画は苦手だけど、やっはり観ることも必要と考え直して鑑賞。
小説でも有名な人肉を食らうシーンや腐ってゆく兵士たちの描写はなかなかの迫力で、これを映画館で観たらその日の夕食はさぞ不味かったことだろう。
フィリピン戦線で日米の国民(兵士)そして現地の住民がえらい目にあったお話だけど。それを安全な場所で指示だけしていたヤツらにも見せたいものだ。
そして、どこかの大統領が広島に行くそうな。。。

俳優陣は主演の塚本晋也以外では、リリーフランキーが相変わらずの演技で盛り上げ、中村 達也(知らなかったが、この人ミュージシャン(ドラマー)だそうな)が怪演だった。
身近に戦争体験者(兵士だから当事者というか)がいるが、その時の話をなかなか聞く気にはならないものだ。こういう映画は、折に触れ観るべきかと。
評点:正直、”保留”ですな。。。
[PR]
by naruto-hinata | 2016-05-25 20:37 | クロコロ | Comments(2)
長かった五月の連休も今日でおしまい。
巷では”五月病”が蔓延するころだろうが、おじさんには関係ない!
できればずっと五月のままでもいいよ。
丸一日、家族全員が家に居たのは今日が初めて。
だから(?)朝からイオンモールでお買い物して、、、えっと、それで終わりだった。
後はいつも通り、父ちゃんは畑、その他のメンバーは昼寝だ。

昨日と同じ写真??
いやいや違いますょ。
Sony α6000 + CarlZeiss Sonnar T* 90mm f2.8
c0187503_2132577.jpg

後は50mmに接写リングを装着して、アップアップ・・
結構お気に入りのコンビだ。
Sony α6000 + E 50mm F1.8 OSS SEL50F18
c0187503_214896.jpg


c0187503_2142017.jpg


c0187503_2143146.jpg

来週一週間は長いだろうな・・・

<映画批評>
007 スペクター
007シリーズを観るのも久しぶりだ。大昔、神戸の映画館で”二度死ぬ”を観たが、丹波哲郎しか印象にない。
ピーナッツを食べ過ぎて頭が痛くなったことを一番覚えている。
だいたいこのシリーズほど、”ルーティーン”的な映画も無いだろう。まぁMIシリーズも似たようなものだけど。
ただ今回は、ボンドの過去をググッと掘り下げた内容で、義兄弟との対決が見ものなんだけど、でもやっぱりいつもの”余裕しゃくしゃくボンドさん”でしたね。
スピード感はあるけど、無敵のボンドさんには誰もかなわない。(無敵だから当たり前か・・・)
そして最後は、足の長~いお姉さんとスポーツカーで去ってゆく。(その車は英国民の税金だよ!)
ある意味、連休の暇な時に観る映画としては最高かも。
最後のクレジットに「ボンドはまだ続くよ」だと、、でも次回のボンドはダニエル・クレイグじゃないだろう。
それにしても強い”プロレスラー”の殺し屋さんはどこに行ったのか・・・
評点:62点
[PR]
by naruto-hinata | 2016-05-08 21:21 | 農園写真 | Comments(0)