デジカメ一眼レフ開眼への道

degiichi.exblog.jp

デジタルカメラ一眼レフの初心者と言いつつもう九年目に突入しました。多少の日々の成長と物欲ぶりに乞うご期待!

ブログトップ
梅雨に入って今のところ、まとまった雨は全く降っていないオカゲでやや遅れて植えたジャガイモも無事収穫できた。(まだ1/3残っているが、)
Olympus OM-D E-M10
c0187503_12513399.jpg

初めて作った「インカのめざめ」は小さくて収穫量は少なめ。(白っぽいヤツ)
試し掘りした「ベニアカリ」はまずまずの大きさ。(赤いヤツ)
「インカのめざめ」は栗のようにコリコリした食感で、かなりうまい!収穫量は問題だけど、来年もコレを作ろうと心に決めたのだった。「ベニアカリ」はまだ食べてないので未定。
かたや玉ねぎは、、、
c0187503_12583387.jpg

実は、昨年100円ショップで買った種を植えて、ひと冬越した”子玉ねぎ”だ。
普通の玉ねぎを作ったつもりだったが、大きいならないので”子玉ねぎ”と命名。
写真じゃわからないけど、普通の1/3ぐらいの大きさで煮物にでもするか。。食べられるものなら、、

この後は夏から秋にかけては「日向カボチャ」。
そして「サツマイモ」。(今年は苗が少なくて収穫が心配だけど)そして、「ヤーコン」。
合間に「トマト」、「インゲン」。。やる事、多いなぁ。家では。
仕事はボチボチで、昨日なんかは仕事中眠たくなって、途中で散歩に出かけたりして、、
そんな私をクビにしないでね。。

<映画批評>
ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち
ティム・バートン監督作ということで、ちょっと期待して観た。
舞台もお話も、こじんまりした映画という印象。
おじいちゃんが殺されて、その謎をさぐるために小さな島に行く。
そこで会う子供たちは皆、特殊な能力を持っている異質な人たち。
そして彼らを守るミス・ペレグリンは時間を操る人という設定なのだけど、、
深読みすれば、そこそこ楽しめる作品だ。
結局はファンタジー版の「小さな恋のメロディ」かな。。
ホントそこそこ面白いですよ。でもオススメ度はちょっと低いかな。。つまり、微妙。
評点:70点

リップヴァンウィンクルの花嫁
映画を見始めて、、「岩井俊二監督」という文字が画面に浮かぶ。。
しまった、観るの止めようか・・なんて思いながらも180分の長編映画を観てしまった。
この監督さんの作品は、いい感じの部分が必ずあるんだけど、時間の無駄とも言えるダラケた場面のオンパレード。(と思います。)
案の定、この映画もそうだった。。
ただ終盤登場のリリィさんだけは例外。(昨年末に亡くなったリリィさん、存在感抜群でした。)
いや~。上映時間を半分にしてくれたら、喜んで観ますよ、絶対。
評点:64点

聲の形
昨年の”アニメ当たり年”の一作。
耳の不自由な主人公と元いじめっ子のラブストーリー。
テンポはいいけど、そもそものお話の設定に乗り切れなかった私。
でも「君の名は」と同じぐらいの評価かな、、「君の名は」の自己評価は忘れたけど、、
主要登場人物の感情は割と細やかに表現できていて楽しめたかな。
うちの子供たちは、喜んで観るんだろうな・・・
評点:72点

マグニフィセント・セブン
荒野の7人のリメイクですな。。
開き直って言えば、「雑さの含めて楽しめる映画」でしょう。
ヒロインのヘイリー・ベネット(ジェニファー・ローレンスによく似てる)がやたら印象に残る映画でしたね。
主人公の私怨が入り混じった助っ人という設定はいかがなものか、、
それにしても、インデアンの参戦はちょっと違和感あったなぁ。。
評点:71点

湯を沸かすほどの熱い愛
末期がんがわかった母親が家族をまとめて去ってゆく。。
宮沢りえって、、女優としていいかも。それと娘役のお猿さんみたいな女の子も。
この監督さんの映画は、たぶん過去に未見だと思うけど、演出もよかったと思う。
ただ、最後のシーンは。。!!??
これが題名の意味なのか・・・
こんなのありでっか・・

恐ろしいもバカバカしい・・
評点:70点
[PR]
by naruto-hinata | 2017-06-17 13:49 | 農園写真 | Comments(0)

ちょっと違った農園風景

我が家の農園は今のところ種イモや種で”お腹いっぱい状態”です。
ジャガイモ、ヤーコン、ほうれん草、小松菜、しそ、、、ここ一ヶ月はやること無くなったみたい。
ということで
今日は農園周りの風景を

ブロッコリーの立ち枯れが広がる。。壮大だ。
Sony α6000 + Carl Zeiss Biogon T*28mm F2.8(G)
c0187503_19441995.jpg

農園の水路には菜の花が満開。中途半端な図柄だ。
c0187503_19472315.jpg

最後は畑横の桜の道。(イラスト風)
やっぱりここも再来週が”本番”みたいだ。
c0187503_19531117.jpg

Carl Zeiss Biogon T*28mm F2.8・・・やっぱりボケが中途半端。イッソ絞り込んでゆくか。
[PR]
by naruto-hinata | 2016-03-27 19:59 | osampo写真 | Comments(0)
久しぶりに畑に行った。
サヤエンドウは全て枯果て、ほうれん草は巨大化し食べる気せず放置、今夜の鍋用の大根のみ収穫です。
春からの植付の計画を立てねば、、
c0187503_2183417.jpg
Sony α6000


<映画批評>
ブログ更新を久しくしなかったので、溜まった。

キングスマン(KINGSMAN)
いや~。私的にすでに今年のBEST5入り作品です。
スパイもの、サスペンスもの、、、どちらにも当たりますが、どちらでもない気もする。
つまり、娯楽作品です。そしてその精度の高さにバンザイ!(あれ?と思うところもありますが)
さすが、マシュー・ヴオーン監督です。
キックアス(一作目)の時も今回もこの人は監督、脚本を担当しないとね。
キックアス(二作目)のように製作だけじゃダメでしょう。
今作も人が沢山死ぬんだけど、つい笑ってします。なぜだ・・・
それは死ぬ奴が哀れじゃなく痛快さが勝っているから。(不謹慎な話ですが)
最高な技術と資金を持ったスパイ集団が悪から地球を救うお話なんだけど、ミッション・インポッシブルのように変な緊迫感はなく、一本突き抜けた作品になってます。
何と言っても痛快ですが、よくよく考えると仲間も死んでるしそんなにパッピーエンドじゃないよね?とも考えてしまうけど。。
でも次回作があれば、いいなぁ・・
超おすすめ!
評点:82点

龍三と七人の子分たち
北野たけし作品です。
たけしさんはどうも海外でも受けそうな作品と国内限定の作品を創り分けるようですな。。
本作は完全に後者。
正直、つまらないです。老人になったヤクザたちが地元もワルどもを懲らしめる。
時々、たけしさん本人がちょろちょろと刑事役で登場するが、何ともしまらない。。
時間と知力をかけた作品じゃないだろうが、「日本の娯楽作品なら、こんなものでしょ」と言いながら作った映画じゃないのかな。
なんか観客が馬鹿にされたような気がするのは私だけだろうか?
評点:56点

花とアリス 殺人事件
岩井俊二監督のアニメ作
キングスマンの後に観たので、ちょっとハードル上がったかもしれないが、なかなか面白かったですよ。
たしか、実際の俳優が演技する絵をそのままアニメにするという手法で作られたと聞いたような・・
それにどんな意味があったのかは、それほどの実感はないものの中学生の家族たち、友人(友情)、恋ごごろなどをうまく表現していたと思う。
少なくとも宮崎駿作品よりは数段良かった!
後半、アリス(有栖川)が花と知り合い冒険(探検、、)に出て、色々な人に会い、そして運命(?)の人に花が遭遇し、、、ちょっとすかしていて、ちょっと悲しくて、おかしい別れ。
自分をうまく表現できないのは子供も大人も同じなんだよ。花ちゃん。
今度、実写版をレンタルしよう。
評点:77点

アントマン
面白かったですよ。そこそこ。
久しぶりにマイケル・ダグラスも見れたし。
天才科学者で、隠れヒーローのマイケルさんが年とったため、アントマンの後継者として選んだのがムショ帰りで妻子に逃げられたさえないおっさん。
でも結構有能で、悪の科学者から地球と家族を救うお話。
ただ、ラストがいけません。。
なんだか間抜けで、商業ペースバリバリのいけてないエンディング。
続編への色気なんかも醸し出して、いやらしいにも程があるでしょ。
最後の最後で興覚めさせるなんて、ひどい映画ですよ。
評点:69点=74点-5点(ラスト分)

AKIRA
無料サイトで久しぶりに観た。
昔、漫画も映画も観た気がするが、断片的な印象しかなった。
やっぱりこの映画、つまらない!
昔は結構、人気あったような気もするが、お話も絵も好きになれなかった。
ただそれだけ。
評点:無し
[PR]
by naruto-hinata | 2016-02-06 21:07 | 農園写真 | Comments(0)
先週末から我が家の農園は15平方メートルから45平方メートルに拡大。
今までは植え付けして水まきぐらいでちょっと退屈だった”農園ライフ”も一気に忙しくなった。
昨日は30㎡の半分を耕し、5mのマルチを二枚はったところで体力の限界を感じて退散。。。
腰が痛い・・・!
ということで、今日は腰にコルセットを付けて作業再開。
30㎡の残り半分を耕し、もう一枚マルチをはった。
SONY α6000 + E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS
c0187503_19342044.jpg

手前の黒いマルチには”安納芋”。白いマルチには・・・これからカボチャかスイカを植えよう。
そして奥の黒いマルチには長なす、丸ナスそして安納芋の残り苗。
c0187503_1936197.jpg

それから、コンパニオン・プランツとして”ニラ”と”枝豆”の種をまいた。
ニラなんかは本来、苗床から作るんだろうが、面倒なことが苦手な”O型のおっさん”は直播きです。。
大丈夫かな??
ところで。
もとからある畑はこんな感じ。
c0187503_19403658.jpg

芽欠きをしたはずだけど、こんなにしげってしまったジャガイモたち。(キタアカリ、アンデスレッド、パープルなんとか・・・)
あと数週間で収穫だ。誰か掘ってくれませんか~!一割差し上げますよ。
連休中に発芽せずチョッピリ心配していたカボチャの芽もだいぶ出てきた。
c0187503_19424291.jpg

もう少し大きくなったら、広い方の畑に苗を移動させよう。

食べるのもいいが、作るほうがもっと楽しい!
この楽しみを我が家では私しか味わうことがないのが不思議だ。。
[PR]
by naruto-hinata | 2015-05-17 19:48 | 農園写真 | Comments(2)

満足の”秋”

この頃”朝霜”も降り出したのでサイマイモを収穫してみる。
5株ほどでこれだったらまぁまぁなのかなぁ。
暫し干してから美味しくいただこう!
Lumix GX1 + Carl Zeiss Planar 45mm f2.0
c0187503_17515377.jpg

明日は残りの株を掘ってみよう。一人で・・・

午後は久しぶりに樹林公園の”葉っぱ”を撮りに行く。
Lumix GX1 + Vraio G 20mm f1.7
c0187503_1754683.jpg

落ち葉が絵になる時期です。
c0187503_17545114.jpg

やっぱりオートフォーカスが楽だ。。
でもまだまたマニュアルにもこだわってゆこう。
[PR]
by naruto-hinata | 2013-11-16 17:57 | 農園写真 | Comments(2)

最初と最後・・・

朝夕が肌寒くなり、ついに我が家のカボチャも最後だ。
畑に置いておいてもいっこうに大きくならなくなったので獲ってきた。
ついでにサツマイモの試し掘りをしたが、これは・・・イモ?
今年の収穫がかなり不安・・・
あと二週間ほど様子を見ることにしょう。
Lumix GX1 + Vario G 20mm f1.7
c0187503_1653361.jpg


<映画批評>
SPEC 零
何これ??学芸会の余興か?たぶん、今劇場公開中の最終章のPR用なのか?
ぜんぜん笑えないギャグと伏線の”ふ”の字もないようなストーリー展開。
そして全然迫力のない画像・・・
特殊能力を持つ人々のお話は多く洋画でも「ウォッチメン」は代表的かもしれないが、どうしたらこんな映画ができてしまうのかが不思議だ。
とにかく、この堤さんという監督さんはTVではそこそこ視聴率が稼げる方のようで、ついでに次々と劇場版の駄作を連作することで有名なようだ。そんなことを知らない私がバカだった。。。
せっかくの加瀬亮という”使える俳優さん”を使えず終わってしまいました。。。残念。
それにしてもこの監督さんの作品を観るために劇場に足を運ぶ人たちの評価を是非聞いてみたい。
評点:48点
[PR]
by naruto-hinata | 2013-11-02 17:03 | 農園写真 | Comments(5)
名付けて「第一号カボチャ」は先週末に腐って落下!
直径15cmぐらいまで育っていたのに・・・
「第二号カボチャ」はなんとか生きているが、発育が悪いようだ。
よく見るとちょっと色が変わっている箇所がある。
ちょっとヤバいんじゃないの・・・
c0187503_21322799.jpg

「第三号カボチャ」は順調みたい。
c0187503_21334234.jpg

一体何が違うのか??さっぱり解らんょ。
もともと農業は長年の感と土、水が命。ド素人が解らなくて当たり前なんだけど、ちょっと悔しい。
昨年は7,8個の収穫があった日向かぼちゃ。今年は10個オーバーに目標設しよう。
前年比3割増は当然でしょう。(仕事の実績はのぞく・・・)
[PR]
by naruto-hinata | 2013-07-14 21:37 | 農園写真 | Comments(4)
かぼちゃはまずまず順調でしょう。
Pentax Q
コイツは昨日の姿。今朝はすっかり開花したので、すかさず受粉しておきました。
c0187503_2131979.jpg

これから”朝のオツトメ”が大変なんだけど・・・

通販で買ったサイマイモ。どうも安納芋がちょっと元気ないねぇ~
c0187503_2135333.jpg

天からの恵みに期待しましょう。

今日は(も)、植物園と東京大仏をのぞいてみる。
Olympus E-620 + ZUIKO DIGITAL 70-300mm
いきなりですが、コイツは何だろう?
植物園の小さな池に浮かぶ石の上に「たまご」二つ・・・
c0187503_2138637.jpg

この卵の親を写真に収めようとアマチャアカメラマンたち(自分もそうだけど)が10人ほど池を囲んでいる。
「何事ですか?」とも聞きそびれ、皆さんと一緒に暫したたずむ・・・
でも忍耐力ゼロのおっさんは5分であきらめたよ。

しかたなく乗連寺へ。
Olympus E-620 + Carl Zeiss Planar 50mm f1.4
蓮は蕾のみ。
c0187503_21432227.jpg

大仏も撮り飽きたので、全長20cmの仏様をば、、、
c0187503_21434223.jpg

しかし不作よのぉ~。

中古車見に行って、帰りにまたも畑へ。
川越イモはたぶん大丈夫そう。安納芋は??解らんが半分ぐらいがアウトかも・・
ココでつまづくのか、、イモ作り。
やや落胆しつつ、帰りにひまわりをいただく。
c0187503_21505880.jpg

ちょっと元気をいただく。
[PR]
by naruto-hinata | 2013-06-30 21:51 | osampo写真 | Comments(4)

ほとんど病気?

夕方、一人でドライブして、CD(中古)を5枚買って、、、畑に辿りついた。
休日は一度は顔を出さないと落ち着かない状態。こりゃ、病気かも・・・
じゃがいもは順調。スナップエンドウも2日連続で美味しくいただいたし、インゲンマメも枝豆も育っている様子。
しかし、カボチャが目が出ない!まずいぞ、これは。最悪、苗を買うしかないかも。

管理センターには(たぶん)菖蒲が西日に照らされていた。いい感じだ。
Lumix GX1 + CarlZeiss G 45mm f2.0
c0187503_21155534.jpg

先日TAAさんには、このレンズの写り具合の妙な癖を指摘されたが、どうにも手触り感と見た目に惚れているレンズ。長い付き合いをしょう。
c0187503_2119685.jpg

[PR]
by naruto-hinata | 2013-05-03 21:19 | 農園写真 | Comments(6)
恒例の水やりのために畑に行こうと家を出ると、明け方に珍しく水たまりが出来るほどの雨が降ったらしい。
それでもせっかく起きたのだからと思い畑へ。。
結果、作物の収穫は無かったけど、カボチャの実が3つほど付いていた。ボチボチ我が家の在庫も切れつつあるので補充できるならうれしい限りだ。
農園の花畑には雨露を付けた花たちが待っていた。
今日はLumix G2+Planar 45mm F2.0の出番。
相変わらずマニュアルフォーカスには慣れないが、開放で撮った時のボケ味に惚れている。
c0187503_813038.jpg

母艦(カメラ本体)に依って露出の検出が違う事に戸惑いもある。だからシャッター速度を変えて同じショットを3枚撮る事にしている。デジタルならではの"贅沢"。
c0187503_802451.jpg

こういうシーンはもっと絞った方がいいかも。ちょっと反省。
c0187503_811762.jpg

T*レンズを触っていると、GX1やEPL2にファインダーが欲しくなる。
c0187503_80922.jpg

娘は映画に行くらしい。さて父ちゃんは何をしようか。天気が不安定なのが気になる。。。
[PR]
by naruto-hinata | 2012-09-17 08:08 | 農園写真 | Comments(2)